トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/31

「老松」

これまた、今年お正月のNHKでの放映tvもの。今年は、歌舞伎座建替えのための「さよなら公演」のスタートという節目の年、ということで1月2日の「古式顔寄せ手打式」なる儀式(と言っても普段は、主催者と出演者と裏方さんなどだけでやる顔合わせのようですが、今回は特別に、歌舞伎座に上がるほぼ全員の出座)に続いて上演された、常磐津での舞踊でございます。言葉遣いも今回は丁寧でございますchick


流刑に処せられた菅原道真を慕って九州まで飛んで行っちゃったairplaneという「飛び梅」と「追い松」伝説を題材とした能の流れを汲む舞踊を、3人の人間国宝shineが舞ったのでございます。もう、とにかくそれはそれは素晴らしいものでございましたhappy02


何と言っても、わたくし一番のお気に入りheart04、成駒屋の中村芝翫さんの、もう、すんばらしいことッdiamondshine!中村流家元というのは、このように踊るのでございます。全く揺るぎのない所作と、当代一の女形らしいなめらかな腕や手先の動き、品のよい格調高いたたずまいが一緒になって、もう目が離せませんeye。実はわたくし、この芝翫さんと2ショット写真cameraを撮ったことがあるんですのよーッ!ジマンッsign03デヘsmile。かなり前の「俳優祭」で幕間の余興(このときは、各俳優さんたちの出店が出ていました)の間、めちゃ混みの通路で芝翫さん発見ッflairsign01「あのぉ~…」とすりすり近寄ってcoldsweats01写真をお願いしましたら、気さくに応じてくださったのでした。なんてイイ人ッgoodsign01でもほんとは、一番好きなのはご子息の福助さんlovelyなんでございますが、あまりに好きすぎてheart02遠くからジットリcatface見つめていたヘタレなわたくしでございます…coldsweats01


そして上方歌舞伎の第一人者、坂田藤十郎さん。わたくし大阪時代、そりゃーもう文字通り飽きるほど中村鴈治郎(当時)さんを拝見し倒したものでございます。と、申しますか、南座でも松竹座でも、上方では鴈治郎さんが出ずっぱりだったのですねぇ。お蔭様でわたくし、上方歌舞伎の何たるかを鴈治郎さんに教わったのでございますよpencil。そしてその藤十郎さんの舞踊は、まさにその最初の一振りから「これぞ上方ッ!」でございましたsun。素晴らしいでございます。もう言葉では説明できません。実物を観るべしpunch


最後は、中村富十郎さん。いつまでも若々しくお茶目なお方でございますwink。たぶん御歳80歳くらいにおなりだと思いますが、全く歳を感じさせない名手の芸でございますtulip


この大顔合わせの舞踊、初春cherryblossomのおめでたい場を格調高く引き締めた素晴らしい舞台でございましたshine。幕が下りてくる時の、大向こうの掛け声の雨あられrain。“こいつは春から縁起がいいわえ”でございますhappy01


あぁーッ、ナマ舞台が観たいーッimpact

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/29

宝塚花組公演「愛と死のアラビア」(’08)

今年のお正月NHKBStvで放映されたものを、やっと観ました~cherry。前は1月1日の舞台ライブで、華やかな雰囲気cherryblossom満載だったのに、今は録画になっちゃったのね。何かマズいことでも起こったのかしら~catface


は、ともかく、新生花組のお披露目、思ったより良かったわ、真飛聖はhappy01。5年くらい前まで(ムラと東京で)10年近い年月、ヅカを熱心に観てたんだけど、星組「ベルばら2001」の時の“まとぶん”(わたくしたちの仲間内では勝手にこう呼んでたのよね~coldsweats01。)のアランがとっても印象的だったの。目を引く美貌はもちろん、若いコにはめずらしくドスの利いた声に奔放な芝居が、今の地位を予感させたものだったわ。(急に懐かしくなってDVDで復習しちゃった~happy02。8年前の星組って歌ウマ~notessign01


その、まとぶんのお披露目は、かなり肩に力が入っちゃってちょっと入れ込み過ぎな感があったけど、大きな包容力を感じさせる出来だわねhappy01。歌noteや動きにも、はやトップの貫禄が漂っておりましたpass。立場が人を作るってコトね。星組出身らしく男役エキスdramaをこれからドバドバ出して行ってもらいたいわねぇ~heart02。だけど、ちょっと目張りがスゴすぎ。コワい~bearing


しかしッ!なんつっても、“ホン”がよくないーッpoutpunchimpact!いくらイスラム世界が舞台でその戒律をベースにしなければならないったって、女子のアホさ加減にはあきれちゃうわよーッangryannoy!谷センセ、女子の描き方がペラペラ~なせいで、トマスとアノウドの「愛(?なのか何なのか全然わからじgawk)」も全く描けてないの。桜乃彩音(セリフ声もよくて見目もキレイだけど、ショーを観る限り、ウタ、ヘタすぎcrying。)が哀しげな笑顔で「お兄様を愛します。」って…、近親相姦の芝居か、これはdown。谷センセ、精神病んでそうbearing。いっそ女子は全部退場させた方がなんぼかマシってもんだわよッsign03トゥスンの妹のナイリも、いったい何者ッ??って感じ。思わせぶりすぎて全く意味不明gawk。ラストも「は?これでおしまいぃsign02」。あー、久しぶりに観たけど谷センセ、全然進歩してなかった。ってか、後退?まとぶんのトップぶりのほかに評価できることがあるとすれば、2番手ユウヒの眉間のものすごい本数のシワか。眉間のシワフェチのわたくしでも、ちょっとヒいたけど…coldsweats02


すっごい久々にヅカを観た素朴な感想としては、変わらず“古き良き”ノスタルジーspaな雰囲気。昔のムード歌謡っぽい歌、びみょ~にダサいダンス。ま、それがいいんだけどねsmile。たまに外部委嘱の振付師なんかがつくと、野球の退屈なゲーム展開の中突如ホームランが出たimpactかの如き興奮が味わえたりなんかするところもオツだったりするしぃ~coldsweats01。ヅカが急に現代化されちゃったりしたら、今ほどの人気は得られないだろうから、これはこれでいいのよね~sunwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/24

札幌交響楽団 第515回 定期演奏会

いやー、オーケストラのナマって、ほんとに面白いーッhappy02!今回は特にマエストロ飯守の選曲(だと思うケド)が、ドラマティックで、ドキドキ・ワクワクheart01しちゃったッ!しかもッ!!ソリストの横山幸雄さんと目が合っちゃったのよぉーッheart04!2回もッ!!ハァハァ…。


北海道が生んだ作曲家伊福部昭さんの「ピアノと管弦楽のための『リトミカ・オスティナータ』」、ウルトラすごかったわーッimpact!横山幸雄さんは、わたくしの大阪在住時代、10年くらい前だったと思うけど(最近、ものすごい勢いでもの忘れがハゲしくなっちゃってcoldsweats01)、まさに札響大阪公演の時のソリストで、初めて演奏を聴いたの。曲目は忘れちゃったけど…coldsweats01。でもその端整でソリッドな演奏に、速攻ファンになっちゃってlovely、CDcdも何枚も持ってるのよ~。そのラブラブ幸雄ちゃんと2回も目が合っちゃうなんて、シ・ア・ワ・セッhappy02heart02。今の席、前から3列目であんまり良くなかったんだけど、来期もこのままでいいかしら。テヘsmile


伊福部さんの曲はあんまり聴いたことがなかったんだけど、実にカッコイイですshine。粋な和のエッセンスが隠し味になってて、アタマの良さを感じちゃう。“オスティナータ”って「執拗な」っていう意味らしいんだけど、そのとおり、ひとつの音型をバリエーションでこれでもかっつーくらい執拗に繰り返すの。演奏家にとってはストレスの溜まるsweat01過酷な曲だと思うけど、聴いてるとだんだん“ハイ”になってくるってゆーか、酔ってくるってゆーか、とにかくアドレナリンが脳内にドバドバ出てくる感じtyphoon。マエストロ飯守、この曲を幸雄ちゃんで演ってくれて、ほんッとにありがとーッsign03happy02


今日は、指と腕、腹筋と唇kissmarkをめちゃくちゃ使いまくりで、楽団員のみなさま、お疲れさまでしたtulip。しかしながら、ハゲしいアクションでタクトを振るマエストロの、没入しすぎてときどきモレる、「うぅぅぅぅー」とか「いぃぃぃぃ~」とかいうウメキ声が、わたくし、正直コワかったデス…shock

| | コメント (0) | トラックバック (3)

「大江山花伝」

はぅ~lovely、やっぱ木原センセーの“鬼モノ”は切なくてたまんないーッcrying


木原敏江先生の「夢の碑」シリーズの番外編。実はわたくしも全部読んだわけじゃないんだけど(っつーか、今入手困難なものもあってbearing)、この「夢の碑」シリーズは、ちょー傑作と自信を持って断言しちゃうッpunch!もともとわたくし、異形ものには弱くってweep、しかもッ!木原センセーの鬼は、美しく、はかなく、純粋で、でも自分でもどうしようもない暗い衝動を抱えた、もうどこまでもどこまでも哀しい存在なのぉぉぉ。なんか、こう書いてるだけでまた泣けてきちゃうぅぅぅ~crying


「大江山花伝」は、大江山の鬼伝説、上田秋成の「雨月物語」を翻案した短編が含まれているんだけど、どれもほんと、美しくて切なくて、もう言葉では表現できないわ。30年程前の作品で、少し絵柄的には古いけれど、鬼の姿の表現penはシャープなのにたおやかで華麗で繊細shine(しつこい?)。そして、セリフが全て古い昔の言葉だから、品があって情があってタメがあるの。地の文の韻文がまた切ない余韻を生んで…。もう、木原センセー、天才ッsign03


シリーズの残り、頑張って入手しなきゃーッpunchsign01だわッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/21

「脳内汚染」

医学博士 岡田尊司氏の著作デス。


今までなんとな~く、「そうかも~think」って疑ってたことを、これだけ具体的な論拠を以って書かれちゃうと、「なるほど、やっぱそうなのね~。」って考えざるを得ないところはあるわねぇdespair。シューティング・ゲームgameが、毎日ヒトゴロシの訓練をしているdangerに等しい、なんて、マジコワいわ~shock


確かにわたくしも日頃から、「なんたって諸悪の根源はマスコミtv」って思ってる方だから、メディアに対するリテラシー教育はゼッタイに必要だと思うし、映像メディアについての先生のご意見には全く同意するものデスgood


しかーし、ちょっと脅かし過ぎimpact?な気もしたりなんかして?同じ論旨の繰り返しが執拗で、これまたちょっと「げふ…。gawk」な感じもあって、先生の焦燥感annoyはすんごくよくわかるんだけど、あまりな正面ガップリヨツ論に、そりゃバックラッシュbombもハゲしくなろうというもんだわね。特に相手にしてるのが、子どもを平気で食いモンにしてるアタマの悪い連中だから余計よねbearing


ゲーム業界gameや映像業界tvに限らず、日本は特に「子どもを食いものにしている」って、わたくしも常々思っているのよ。まぁ、ちょうどアメリカ発自由主義的資本主義dollarも行き詰ってきたことだし、“企業は社会的責任を全うすべしshine”だわね。とは言っても、結局選ぶのは消費者なんだけどぉ~gawk


それにしても、ゲーム中毒になって脳の前頭前野が未発達のままだと、どういう症状となって現れてくるかってくだりを読んでると、「これって、わたくしのことsign02」って感じで、背筋に寒いものが走ったわ~shocksnow。でもわたくし、ゲームは不得意なの。ってことは生まれつきcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

「鼓笛隊の来襲」

これまたbook初読みの三崎亜記、不思議な読後感だったわ~。


何て言ったらいいかしら~think、全編静謐nightな佇まいなんだけど、不安なようで、でもなんだか懐かしいような…。わたくし、なんとなくキリコの絵artを思い出しちゃったわ。ちょっと違うのは、キリコの絵はもっとずっと孤独だけど、この短編集のいくつかは温かい人間関係も描かれてるってところかしらconfident。ほんのり温かい希望の光が見えてるのshine


わたくしが一番気に入ったのは「彼女の痕跡展」。もう、靴shoeの上から足を掻くような(って、全然違う?coldsweats01)もどかしい感じ、モワっとした感じ、ボウっとした感じ…despair、う~ん、難しいぃ~…gawk。なんだか、昔好きでよく観てたアンドレイ・タルコフスキー監督の映画movieみたいな。


一応三崎さんの出世作bud「となり町戦争」は文庫で入手してるから、長編はどんな感じなのか楽しみだわ~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/17

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・東京」

いや~、くだらない小説だったわ~angry。楡周平って初めて読んだけど、どーでもいー作家のひとりだったのね~down


書店bookの平台に積んであった帯の文字が気になって買ってみたんだけど、下巻300ページ目ッ!なんじゃこりゃーッsign02だわよッ!まぁ、それまでは昼メロちっくで、それなりかしら~、な感じだったけど、300ページ目ッbomb!ありえないーッangry


これって、全共闘世代を揶揄する話なのよね。実際そうなんだろうけど。三奈の夫eyeglassは学生運動で前科者にまでなった(それほどまでの覚悟で学生運動に参加していた)のに、唯々諾々と大病院hospitalの院長に納まってるし、特に女性闘士に対する見下し感には相当なものがあるわねぇ。三奈は女性闘士とすら言えないけど、自分の息子の出生にまつわって、あれほどあらゆる策を弄したのに、たった1枚のDNA鑑定書(しかも偽物sign01)で眞一郎の言うことを鵜呑みにするなんて、あまりにバカすぎ。同時に何人もの男と関係してたんだから、先に自分で確認しとけっつーの、だわよッbombpunch!作者が描く「女の虚栄心と浅知恵」は、一世代前のプロトタイプそのものね。あ、全共闘世代だから、それでいいのか…gawk


学生運動と政界を背景にしてるから、一見深遠な世界を描いている気になってるんだろうけど、底の浅いしょーもない話でした。チャンチャンsign03真剣に読後感想文を書くほどのもんでもなかったわ…gawk


ところで「東大安田講堂攻防戦school」から今年で40年birthday。テレビでいくつか特別番組も組まれてるわね。今では学生運動も「血気盛んな若者の騒乱foot」って評価のようで、立てこもった学生のその後は、そのほとんどはそ知らぬ顔secretで「体制」に組して普通の生活を送っているんだろうけど、中には別の形で闘争の精神を持ち続け、現実に沿いながら闘って来た人たちもいたのねdiamond。そんな彼らはみんな、穏やかな落ち着いた顔をしてるの。学生運動から「本当の人間の生き方を学んだ顔shine」に、わたくし強い印象を受けましたsunconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/16

「勇気凛凛 ルリの色 福音について」

わたくしの大好きな浅田次郎さんですheart。あざとくてもいいんですッ!好きなもんは好きなのッsign03


もうおかしくてhappy02、喫茶店あたりで読んでると、急に「ぶはッ!」。ヤバッ!恥ずかしいッ!catfaceでも笑いはとめられないッ!ってなわけで、人目eyeがあるところでの読書はお気をつけくださいねーsun


浅田さんの文章は、なんだかわからないけど、わたくしの泣きのツボにがしッとハマるのよ。だからこんなおかしいエッセーのはずなのに、ところどころ挟まれてる「泣き編」ではついウルッてなっちゃうweep。この「福音について」編では、「優駿についてhorse」。まるでひとつの短編みたいで、これまた喫茶店で読んでいて思わず目がシバシバシバシバ…sweat02。ほんとに、浅田さんってば元極道のくせにお上手なんだからぁ…。お馬さん好きな人はきっと号泣ねcrying


次はいよいよ「蒼穹の昴」に挑戦だわーッ!scissors(おめー、まだ読んでねーのかッ!angryfootの声が聞こえるぅぅ~bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/12

「テンペスト」

2009年taurus、一番最初に読み終えた本はほんとは「ゴールデン・スランバー」runだったんだけど、あまりに衝撃を受けたので、ブログ一発目はコレ~ッimpact


書評で大盛り上がりだったので初めて読んでみた池上永一。いや~、面白かったわーhappy02。あのさぁ、いろいろ言う人がいるけど、これって、ファンタジーだから!そこんとこ、読み間違えちゃダメよねgawk。内容は荒唐無稽だし、文体はジュニア小説だけど、なんたって、沖縄出身作家による「crown琉球王国」イメージの再定義。これは、絶対に尊重するべきだわよッshineshine


この本で描かれる時代の後の沖縄の歴史を思えば、ほんとにわたくし、涙なくしてラストは読めなかったワcrying。沖縄の人たちにとってはもしかするとあたりまえのことなのかも知れないけど、わたくしたちは、その昔独立国だった「琉球王国」をもっと知って、現在の沖縄の人たちをもっと敬うべきなのよねー。


わたくしこれを読みつつ、遅ればせながら、割と簡単にまとめられた(って本を選ぶところが、わたくしのヘタレなところなんだけど許してcoldsweats01)歴史の本を買いました。勉強するわよpunch。これまで沖縄は2回行ったけどリゾート感覚。しかしッ!次は琉球王国の遺物、遺跡巡りだもんねッ!shoe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年2月 »