« 宝塚花組公演「愛と死のアラビア」(’08) | トップページ | 「勇気凛凛ルリの色~満天の星」 »

2009/01/31

「老松」

これまた、今年お正月のNHKでの放映tvもの。今年は、歌舞伎座建替えのための「さよなら公演」のスタートという節目の年、ということで1月2日の「古式顔寄せ手打式」なる儀式(と言っても普段は、主催者と出演者と裏方さんなどだけでやる顔合わせのようですが、今回は特別に、歌舞伎座に上がるほぼ全員の出座)に続いて上演された、常磐津での舞踊でございます。言葉遣いも今回は丁寧でございますchick


流刑に処せられた菅原道真を慕って九州まで飛んで行っちゃったairplaneという「飛び梅」と「追い松」伝説を題材とした能の流れを汲む舞踊を、3人の人間国宝shineが舞ったのでございます。もう、とにかくそれはそれは素晴らしいものでございましたhappy02


何と言っても、わたくし一番のお気に入りheart04、成駒屋の中村芝翫さんの、もう、すんばらしいことッdiamondshine!中村流家元というのは、このように踊るのでございます。全く揺るぎのない所作と、当代一の女形らしいなめらかな腕や手先の動き、品のよい格調高いたたずまいが一緒になって、もう目が離せませんeye。実はわたくし、この芝翫さんと2ショット写真cameraを撮ったことがあるんですのよーッ!ジマンッsign03デヘsmile。かなり前の「俳優祭」で幕間の余興(このときは、各俳優さんたちの出店が出ていました)の間、めちゃ混みの通路で芝翫さん発見ッflairsign01「あのぉ~…」とすりすり近寄ってcoldsweats01写真をお願いしましたら、気さくに応じてくださったのでした。なんてイイ人ッgoodsign01でもほんとは、一番好きなのはご子息の福助さんlovelyなんでございますが、あまりに好きすぎてheart02遠くからジットリcatface見つめていたヘタレなわたくしでございます…coldsweats01


そして上方歌舞伎の第一人者、坂田藤十郎さん。わたくし大阪時代、そりゃーもう文字通り飽きるほど中村鴈治郎(当時)さんを拝見し倒したものでございます。と、申しますか、南座でも松竹座でも、上方では鴈治郎さんが出ずっぱりだったのですねぇ。お蔭様でわたくし、上方歌舞伎の何たるかを鴈治郎さんに教わったのでございますよpencil。そしてその藤十郎さんの舞踊は、まさにその最初の一振りから「これぞ上方ッ!」でございましたsun。素晴らしいでございます。もう言葉では説明できません。実物を観るべしpunch


最後は、中村富十郎さん。いつまでも若々しくお茶目なお方でございますwink。たぶん御歳80歳くらいにおなりだと思いますが、全く歳を感じさせない名手の芸でございますtulip


この大顔合わせの舞踊、初春cherryblossomのおめでたい場を格調高く引き締めた素晴らしい舞台でございましたshine。幕が下りてくる時の、大向こうの掛け声の雨あられrain。“こいつは春から縁起がいいわえ”でございますhappy01


あぁーッ、ナマ舞台が観たいーッimpact

|

« 宝塚花組公演「愛と死のアラビア」(’08) | トップページ | 「勇気凛凛ルリの色~満天の星」 »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/43916164

この記事へのトラックバック一覧です: 「老松」:

« 宝塚花組公演「愛と死のアラビア」(’08) | トップページ | 「勇気凛凛ルリの色~満天の星」 »