« ゆきだるま | トップページ | 札幌フルート協会20周年記念ガラコンサート »

2009/02/15

ウィンドアンサンブル・ポロゴ演奏会

Dvc00005_2 作家、渡辺淳一文学館10周年記念演奏会として実施された「室内楽で彩るバレンタイン~恋人たちに捧げる音楽会」、聴いてきました~。


札幌を拠点に演奏活動をされている木管五重奏団、ウィンドアンサンブル・ポロゴ、ぴったし息が合ってて、すっごく良かったですよぉ~happy01。やっぱり女性のグループは、ドレスの色もちゃーんと考えられてて、「キラキラshineしててカワイイ~cute」って最初は思ったんだけど、見た目だけじゃなくて、音楽に対するその意欲的な姿勢upに、プログラムの最後は「カッコイ ーッ!happy02」に変わっちゃいましたーッsign01

Img0401

実はわたくし、木管の室内楽は初めてだったんだけど、こんなにキラビやかでゴージャスshinenoteになるなんて思ってませんでした。それでいてひとつひとつの楽器の音が、その特色とともにはっきりわかっちゃう。今回はファゴットの音の多彩さnotesにびっくり~。コミカルな曲にはちょっとオドケた音、ロマンチックな曲ではスウィートな音、懐の深い楽器だったのね~confident


聴きどころの第2部、2曲とも初めて聴く曲だったけど、フランセ「恋人たちの黄昏時」は面白かったわーwink。タイトルと曲調が思いっきりズレてるのも面白いし、なんだかフランスのコメディ映画movieでも観てる感じ。しかもッ!一番面白いのは、ラブリィーキラキラshineお衣装で“色男ぶった老人たち”とかコミカルに演奏している様子ッcoldsweats01!この選曲はH先生ですかーッsign02もしかして、ウケ狙いですかsmile?でも、ほんとに、ビアホールでじぃさんたちが互いに丁々発止やりあってる様子bombや、客の間を腰をくねくねさせながら愛想を振りまくピンナップ・ガールboutique、調子コイてナンパしてる若モンdashの姿が目に浮かぶイキイキした演奏でしたーッsign03最後のトゥイレ「六重奏曲 変ロ長調」もガッシリ腰を据えて曲に向き合ってる感じがとっても感動的confident


いやー、ホント、ウィンドアンサンブル・ポロゴ、すっごくカワイくて、でもきっちり音楽に取り組んでて、わたくしが大金持ちのヒヒジジィ(あ、“ヒヒ”は余計か…bleah)だったら、思いっきりドバーッimpactとスポンサードdollarするのにぃーッhappy02sign01ってくらいな気持ちで応援してまーすッgoodsun

|

« ゆきだるま | トップページ | 札幌フルート協会20周年記念ガラコンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44074553

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンドアンサンブル・ポロゴ演奏会:

« ゆきだるま | トップページ | 札幌フルート協会20周年記念ガラコンサート »