« 「心のふる里人形展」 | トップページ | 「天使のナイフ」 »

2009/03/21

札幌交響楽団 第517回 定期演奏会

神尾真由子さん、スゴい~ッimpact!ブラームスの「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」、すっごくいい曲なんだけど、特に演奏家の超絶技巧をご披露するものではないのに、なんか、もう、とにかく「ワタシのパフォーマンスを聴きなさいーッ!thunder」っていうオーラ出まくり~ッって感じなのね。これが、“世界のソリスト”ってもんだなとconfident。マエストロ・シュナイトの、ソリストに存分に歌わせる指揮で、その圧倒的な集中力と表現力、ビシーッと1本筋が通った強靭な音noteがよりくっきり現れて、オーディエンスをがしっと捕らえて離さないの。これから年齢を重ねていったら、いったいどんな音楽家になるのか、興味が尽きないところですhappy02


神尾さん、スティールを見ると、なんかガン飛ばしてるコェ~ねぇーちゃんcoldsweats01って感じなのに、ナマはもっとずっと落ち着いた、すでに大音楽家の風情を漂わしたメヂカラ美人shine。カッコよかったデスlovely。今日も背中と脇腹をどわーッと出した濃紺のオトナドレスboutiqueで、わたくし、脇ニクがハミでてやしないかとイジワル視線smileを投げてみたけど、カンペキ引き締まったおカラダでした。あたりまえか…coldsweats01。でも、演奏にググッと力が入ると、般若ガオになるのがちょっとコワかったワsweat02


そしてマエストロ・シュナイト。わたくし初めてお目にかかりましたが、ニコニコ笑顔のかわいいおじぃちゃんtulip。各主席と笑顔のアイコンタクトで、音楽をほんっとに楽しんでる感じが伝わってきて、こっちもニコニコhappy01。刻んでる音符のところではタクトをヒラヒラヒラヒラ~ッって振るところがまた、めっちゃメンコイcute。でも、ベートーヴェンの「交響曲第6番ヘ長調「田園」」では、緩急自在な幅の広い音作りでマエストロのブ厚い歴史を感じました。特に第5楽章の最後、一瞬タクトを譜面台に置き、その間作り出した音は、まるで自然の神に祈りを捧げてるかの如きピアニシモshineshine。も~、なんかわたくし感動してウルウルしちゃったweep。それだけに、最後のフライング拍手は残念crying!余韻ブチ壊し。頼むゼ、マジでannoy


それにしても、神尾さんに一番アンコールさせたかったのは、マエストロかも。あの、嬉しそうなカオッwink!ほんと、ラブリィーheart04

|

« 「心のふる里人形展」 | トップページ | 「天使のナイフ」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。2度ほどトラックバックさせていただいたMUUSANです。札響の517回定期演奏会、私は行けなかったのですが、なんとも感動的だったことが伝わってきます。今回は別な用事があって行けなかったのですが、そうでないとしても、「ベートーヴェンならあえて足を運ばなくてもいいかな」って思いがちな自分に反省!脇腹も見てみたかったし……
私は特に6月の「カルミナ・ブラーナ」を楽しみにしています♪

投稿: MUUSAN | 2009/03/24 15時52分

MUUSANさま、はじめまして!sun
コメントありがとうございますhappy02

MUUSANさまのブログを拝見させていただいていますが、いつも本格的な音楽のお話で、すごいなぁ~と思っていましたconfident。私の場合、どちらかというと邪道な聴き方なもので、お恥ずかしいです…(脇腹とか、見てるぐらいですから)coldsweats01

6月の「カルミナ・ブラーナ」は、現代音楽なんですねnote。ついていけるか心配ですが、高関さんの指揮はいつも新しい発見をさせていただいているので、私も先入観を持たず挑み(?)たいと思いますhappy01

投稿: かまど姫 | 2009/03/24 19時44分

カルミナ・ブラーナはものすごく生き生きとした音楽で、現代音楽という感じはまったくありません。と、偉そうに書いていますが、私は専門的でもなんでもなく、有用な楽器ひとつ弾けない(無用な楽器ってあるのかしらん?)、単に長く音楽を聴いているだけの人間です。

投稿: MUUSAN | 2009/03/25 05時16分

「カルミナ・ブラーナ」、MUUSANさまのコメントを拝見して少しほっとしましたclover。いわゆる「現代音楽」は、難しくて、若輩者の私は敬遠しまくっています…weep。でもお話を伺って、ちょっと楽しみになりました。ありがとうございます~happy01

音楽は、やっぱり楽しむのが一番ですよねsign01(ちなみに、無用な楽器というものはないのでは~wink?)

投稿: かまど姫 | 2009/03/25 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44420684

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第517回 定期演奏会:

« 「心のふる里人形展」 | トップページ | 「天使のナイフ」 »