« 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 | トップページ | 「西洋骨董洋菓子店」 »

2009/03/04

「天使に見捨てられた夜」

ずーっと本棚の片隅にあって、「う~む…。どうしようかしら~…think。」って思ってた本。桐野夏生は「OUT」以降何冊か読んだけど、どぉ~にも、そのドライさがわたくしの肌に合わずニガテなのdespair。でも、これは初期の方の作品で、そのドライさは現在のに比べると、まだそれほどキビしくなくて、楽しく(っていう内容じゃ全然ないけど)読めましたhappy01


ミステリーshadowというには単純な構図なんだけど、最初、いわゆる“被害者”と思われるひとりの女の子boutiqueについて、調査して、探して、追って、を繰り返していくうちに、もしかして“加害者”なのかも…sign02な疑惑が浮かんで…っていう流れは、重ねられた緻密な描写penでサスペンスフルsweat01。主人公のミロと同じ時間watchの流れsandclockで、追ってcar追われてrun、みたいな感覚が味わえるのよ。


主人公村野ミロは、人気キャラクターみたいで、この前後シリーズで刊行されてるようだけど、物事の本質を本当の深いところでしっかり理解できる、かなりカッコイイ女性rougeなのね。表には弱いところもダラシないところも出てくるけど、でもそんなところも、イタいメimpactに遭いながらweep、ちゃんと消化して自分の血肉winebreadにできるヒト。イケてますconfident


う~ん、もうちょっと桐野夏生、読んでみようかなぁ…wink

|

« 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 | トップページ | 「西洋骨董洋菓子店」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44244474

この記事へのトラックバック一覧です: 「天使に見捨てられた夜」:

« 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 | トップページ | 「西洋骨董洋菓子店」 »