« 「少年メリケンサック」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

2009/03/02

「螺鈿迷宮」

なーんか、わたくし、勘違いしてたかも。海堂尊って「このミス」出身だからばりばりミステリーshadow作家だと思ってたけど、ぜ~んぜん違ってた。赤川次郎かと思うほど、ゆる~~~~~いsnailハナシだったわ~gawk


やっぱりわたくし、この文体penムリ…。読みづらくてたまんないwobbly。前作(「ナイチンゲールの沈黙」)同様、無意味で余計なフレーズ多すぎで、ケレン味がイヤミdespair。しかもこれまでの3作、全部エーアイ(死亡時画像病理診断)の必要性がテーマ。もうわかったっつーのannoy、ってカンジ。


終末期医療の問題点をエンターテインメントとして提示しようという意図はわかるけど、こんなゆる~い仕立でいいの?日本の行政は、実際は官僚が動かしてるけど、そもそも政治がオソマツngだっつーことが一番の原因なんだから、そこまで繋げないとダメなんじゃないの?今回はロジカルモンスター白鳥も負けっぱなしdownで、全然イイとこナシだしangry


とにかくわたくし、この主人公“天馬大吉”、めっちゃムカつくッimpactpunchsign01。まぁ、最後は少しマトモになったけど、コイツの成長譚につきあわされたのかと思うと「読んだ時間、かえせーッannoyangry」って叫びたいッsign03


でもこのたび映画になった「ジェネラル・ルージュrougeの凱旋」まで文庫book買ってあるから、仕方ない、一挙にカタづけるワbearing

|

« 「少年メリケンサック」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44217844

この記事へのトラックバック一覧です: 「螺鈿迷宮」:

« 「少年メリケンサック」 | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」 »