« 「西洋骨董洋菓子店」 | トップページ | 「The World of GOLDEN EGGS」 »

2009/03/07

神々の遊ぶ庭の音楽会

アイヌの人たちは大雪山のことを“カムイミンタラ”と呼んできました。アイヌ語で「神々の遊ぶ庭」という意味だそうですclover。今日、写真家深山治氏の写真cameraを見ていて、「まさしくその通りッflair、ゼッタイここで神様遊んでる~ッsun!」って思っちゃった~happy01


この演奏会は、『大雪山を撮り続けているプロの写真家の映像と地元出身で内外で活躍する音楽家の演奏musicとのコラボレーションを楽し』めるもの(プログラムより)。舞台の背景に大型スクリーンが下ろされて、そこに投影(なのかしら?ものすごく鮮明な映像で、なんか技術的にもスゴい?)される写真を鑑賞できるの。ものすごく簡単にいうと、写真鑑賞のBGMにプロの生演奏がついてるってカンジcoldsweats01?これがさぁ~、すっごくイイのよね~happy02。だけどすっごく忙しいのーwobbly。演奏家も見なきゃいけないし(だってライヴの良さは、演奏家のパフォーマンスがナマで見られるってことだかんね)、写真も見なきゃなんないしぃーbearing


もぉー、写真もスバラしくてねーshinegood。なんとなく大雪山って、遠くから眺めてカンドーheart01するのが正しい在り方のようにわたくし、勝手に思ってたの。だって、あぁた、旭川から東川へ行く道路から見えてくる大雪山のウツクしいことッsign01蒼い山影に白い冠雪なんてスガタ、あまりに神々しくて、もーナミダが出るぅーッcryingsign03…それがね、今日の深山さんの写真は大雪山の懐にずぼッと入っていってshoe、かわゆい高山植物のアップとか、渓の流れとか、新雪に降りる影模様とか、そりゃ~もぉ~自分ひとりじゃ絶対に見られないシーンを見せてくれたのよ~happy02。雪snowなんてもうウンザリsadするほど見てるのに、今日シミジミ、「雪って、みーんなまるーくしちゃうんだなー。わたくしも少しまるーくなんなきゃー。」なんてことを考えながら外に出たら、猛吹雪…weep。さぶッ!


音楽会なんだから音楽のハナシもしなきゃね。思ったよりレベル高しup。全然期待してなかった…っていうか、よく知らなかったカウンターテナーがとっても良かったわconfident。女性にはない力強さがポイント。それとピアニシモの美しさが絶品ねnote。わたくし古楽は結構好きなんだけど、リュートソングには、なんだかヨーロッパ中世かルネサンス期にタイムスリップしたみたいだったわ。きっと、その時代の遥か昔から、そしてその時代も大雪山の姿は変わらずあったのよね…なんて想いを馳せつつ…。「アメージング・グレイス」が中盤のクライマックス。盛り上がりましたbell。でもなんだか杉江さんって、ナルシー君っぽくって、わたくし直視できなかったのよね~タハハcoldsweats01。ハープの松浦さんもステキheart04でした。そしてピアノの武田美和子さん。リストの超絶技巧impactを見せつけてくれちゃった。わたくし、“魔法の指”(超絶技巧を駆使する演奏家を指して、その昔わたくしの友人が連発してた)が見える席にいたもんだから、もータイヘン。目がクギヅケになっちゃってeye、写真が見られないッ!あまりにスバラしい演奏をするのもこのイベントに限ってはどうかと思っちゃったりなんかしてcoldsweats01


最後に、旭川が生んだ超ベストセラー作家、三浦綾子さんshineの随筆の朗読やコーラスもあって、ウルトラ盛りだくさんの音楽会、とっても楽しめましたぁ~goodhappy02

|

« 「西洋骨董洋菓子店」 | トップページ | 「The World of GOLDEN EGGS」 »

アート」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44274617

この記事へのトラックバック一覧です: 神々の遊ぶ庭の音楽会:

« 「西洋骨董洋菓子店」 | トップページ | 「The World of GOLDEN EGGS」 »