« 「夜はきて愛を語り」 | トップページ | 「グラスホッパー」 »

2009/04/18

札幌交響楽団 第518回 定期演奏会

ヤバーいッimpactsign03ドヴォルジャークの「交響曲第7番ニ短調」、ひょっとしてッ、ものすんごい名演ッshineshineだったんじゃないのッupsign02もぉ、わたくしハラの底から感動してheart02、ずーっと腹式呼吸してましたーッsign01マエストロ・エリシュカの指揮で、ピュアな札響の音の向こうから、激動の歴史を生きてきたチェコの“たましひ(魂heart)”が立ち上がってくるような気がしたわッ(勝手に)sign03そして、ものすごい入魂の、ダイナミックbombな演奏なのに、決して下品にならないのは、やはりマエストロ・エリシュカの人柄sunのせいかしら?なんかぁ~、今日の演奏を聴いちゃったら、もうほかの「ドヴォ7」は聴けないかも~。気の抜けた炭酸bearingみたいに感じちゃう気がするわ。


そして、マエストロの師の師、ヤナーチェクの「利口な女狐の物語」組曲。ヤナーチェクさんは初めて聴きました。思い込みかも知れないけど、東欧の音楽ってなーんか、こー、雰囲気があっていいのよね~confident。もともとはオペラだそうだけど、東欧の幻想的なmist森の情景が目に浮かぶようでした(って、行ったコトないケドcoldsweats01)。キツネの話なのになんでこんなにドラマティックで壮大でカッコいいのか?それは、命の物語だからなんですね~note


ほんで、モーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調」。わたくし、映画「アマデウス」を高校生の時観て以来、モーツァルトの人間性にまず惹かれて、それにつられて音楽も好きになったのlovely。で、モーツァルトの場合シンフォニーももちろんいいけど、どっちかっつーとコンチェルトとか室内楽の方が好きかなhappy01。今日のソリスト木嶋真優さんは、オペラで言うとソプラノリリコcuteって感じで、なんかちょっとウェットな音。湿ってるsweat02。もしかして海外では「和」っぽくてウケるのかしら?この曲はモーツァルト19歳の時に作曲されたものだから、もっと軽やかでウキウキした若々しいものbudを期待してたのに、なんかイメージが違ったgawk。それと木嶋さん、どこかお具合でも悪かったんでしょうか?演奏していない時の様子が「だりぃぃ~…down」って感じで、佇まいが美しくないdespair。いつもあんな感じなのかしら?なんか、すっごい興ザメpout


今月のわたくしのツボchick。①コンミスの大平さんの燕尾服後ろ姿が、“黒髪のオスカル”だったことlovely②コントラバス後列の4人がちょーノリノリッnotesだったことhappy02

|

« 「夜はきて愛を語り」 | トップページ | 「グラスホッパー」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは!今回の定期演奏会も私は行けなかったのですが、姫様の記事を読んでいるとなんだが感動が伝わってきます。残念だったなぁ。私は今日(4/19)Kitaraに行ってきます。坂本龍一さんのコンサートです。

投稿: MUUSAN | 2009/04/19 06時32分

MUUSANさまー、コメントありがとうございますーhappy02
MUUSANさん、ほっんとに、残念ですcryingsign01今回はゼッタイ必聴だったのではないでしょうかッsign03

でも坂本龍一さんもイイですよね~heart04。北海道限定CDも出たことですし。楽しんで来てくださいね~happy01

投稿: かまど姫 | 2009/04/19 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44712634

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第518回 定期演奏会:

« 「夜はきて愛を語り」 | トップページ | 「グラスホッパー」 »