« 「鏡花夢幻」 | トップページ | 「続 DIVA ~ラ・ボエーム~」 »

2009/04/26

「黒の奔流」

実はわたくし、何を隠そう「2時間ドラマ」フリークsunなのです。ほとんど全部のシリーズ観てるんじゃないかしら?(あの「相棒」だってもともとは2時間ドラマから始まってるってのも、それ、ちゃんと観てるから知ってるもんねーッ!ジマンッcatfacesign01)家事する時のBGV(バック・グラウンド・ヴィデオ)に最適なのよ~。でも原作ものはちゃんと居住まいを正して観てますwink


3月4日放映tvの水曜ミステリー9、松本清張生誕birthday100年特別企画。星野真里ちゃんって、やっぱこーゆー悪女役はほんとウマいッgoodsign03昔別バージョンで見たさとう珠緒も、あれはあれでよかったけど、今回の星野真里は裏表の触れ幅onが極端に大きくて、いっそスッキリするsmileっつーか、あっぱれdiamondって感じだったわ。ラスト、得体の知れなかったリエ(星野)も、ほんとは“哀しい女sad”だったと悟らせる表情で、ここの演出は良かったかもねok


主演は船越栄一郎。いかにも、船越栄一郎らしい役柄になってたわね~。ツマンナイと言えばツマンナイdown。松本清張の毒気が殺がれちゃってる。松本作品の面白さの一端は、権力を持つ人間がひとつのボタンの掛け違えによってガラガラと奈落の底に落っこちていく時、彼らの傲慢さや小賢しさや卑怯さが、これでもかってくらい皮肉に描かれるのが、わたくしたち小市民的読者にはカタルシスimpactになるってとこにあるのに。やっぱり、船越はイメージを壊しちゃいけなかったってところなんだろうけど、最後はただの夫婦愛の話になっちゃって平凡極まりなかったpout。確か昔同じ役を風間杜夫がやってたと思うけど、あの時の風間杜夫は、ほんとに情けない、どーしよーもないオトコとして演じていて、かなり面白かった記憶があるわgood


それにしても、賀来千香子さん、最近2ドラ(2時間ドラマ)の主演を張ることが少なくなったけど、相変わらずお美しいshineのにびっくり。目じりのコジワもかえって人間くささが加わって好感度up。ちょっとコミカルな2ドラの主演、わたくし、待ってるわ~note

|

« 「鏡花夢幻」 | トップページ | 「続 DIVA ~ラ・ボエーム~」 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44804213

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒の奔流」:

« 「鏡花夢幻」 | トップページ | 「続 DIVA ~ラ・ボエーム~」 »