« 「悲しき女帝 許されざる恋 ~道鏡事件の真相~」 | トップページ | 「ゲット スマート」 »

2009/04/02

「LOOK」

アダム・リフキン監督のドキュメンタリー風映画movie。着眼点は面白いけど、内容自体はそれほどでもないってカンジdespair


「9・11」以降、アメリカ全土に3,000万台以上が配されているという監視カメラ。そのカメラの映像やそれ風の映像を編集し、今アメリカでは何が起こっているかを描きだしたもの。ノゾキ見eye的興味から喜ばれそうなシーンkissmarkもモリだくさんで、たくさん登場する人物たちが、ひょんなところで1つの輪につながってるっていう構成はなかなか面白かったワ。


ありとあらゆる日常を監視されてるってのは気味が悪いし、不快極まりないけどbearing、犯罪の抑制、あるいは事件解決にある程度効果はあるんでしょう。現にアメリカ人は71%が監視社会に賛成だとか。個人のプライバシーより公共の利益を優先するってことだから、公共心の成熟度のモンダイなのかしら、これは。それとも、“人種のるつぼ”アメリカっていうお土地柄のせいなのかしらthink?確かに、他人のプライバシーを覗いてみたところで、「で?」ってカンジなのは確かだもんねー、一般人的にはgawk


だけど実際、「カメラに見られてっかも…」って、犯罪行為を思いとどまるってどれくらいあるもんなのかしら~?参考までに検挙率とか事件件数とか、どう変わったのか教えてもらいたいわよね。でも、映画の中でも描かれてるけど(誘拐された女性の運命はいかにsign02)、結局、何台カメラがあろうが、人間の関心が払われなければ何の意味もない、ってことも一つの真実なのよねsad

|

« 「悲しき女帝 許されざる恋 ~道鏡事件の真相~」 | トップページ | 「ゲット スマート」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44545372

この記事へのトラックバック一覧です: 「LOOK」:

« 「悲しき女帝 許されざる恋 ~道鏡事件の真相~」 | トップページ | 「ゲット スマート」 »