« 札幌交響楽団 第518回 定期演奏会 | トップページ | 「少年をいかに罰するか」 »

2009/04/20

「グラスホッパー」

伊坂幸太郎の小説bookです。わたくし、アマノジャクなものでbleah、ベストセラーというものはだいたい敬遠いたしますsmile。伊坂幸太郎もOセンパイから「面白いnote」と聞かされなければ、きっと一生読まなかったと思うけど、「重力ピエロ」は号泣しましたcrying。スバラしいデスshine。傑作impactです。


この作品もOセンパイからお借りしたもの。相変わらずキャラクター作りがウマいぃ~good。今作のわたくしのお気に入りは、「押し屋」の槿(あさがお)さんlovelyと、「ナイフ使い」の蝉くんheart04。槿さんは伊坂作品ではよく出てくる“カッコイイup”系のキャラね。蝉くんはトッポイけどプロ的技術(コロシのテクだけど…coldsweats01)があって、実は仕事(sign01)に関しては結構信頼できるヤツなのではないかと思う。何も考えてないようで、妙なところで律儀っぽかったりdiamond、わたくし的には愛すべきキャラだワ~happy01


そして、いつものように気の利きまくってるok会話シーン。槿さんちでの鈴木さんとコドモたちのやりとりsun、蝉くんと岩西さんとの会話。たまりません~happy02。この雰囲気を作り出す伊坂さんはもう天賦の才能をお持ちだわね~。乾いた筆致の中に見え隠れするリリシズムcute


だけどこの作品は、リリカル感よりも、どっちかっつーと「あゝ無情」感typhoonがいつも以上に強い感じがするのよね。ラストで鈴木さんが、「生きてるみたいに生きる」決意punchをするところが、救いかな?人々が凶暴化する都会の中で、コドモたちと新たな関係が出来るのかどうか、っていう最後の含みも一筋の光shineよね。

|

« 札幌交響楽団 第518回 定期演奏会 | トップページ | 「少年をいかに罰するか」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44735231

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラスホッパー」:

« 札幌交響楽団 第518回 定期演奏会 | トップページ | 「少年をいかに罰するか」 »