« 「町長選挙」 | トップページ | 「古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか」 »

2009/04/08

「なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか」

歴史作家関裕二氏の著作bookです。持統天皇つながり。たまたま書店の平台に積んであったのを発見して、おぉーッ、と思って手paperに取ってみました~。


いやー、いわゆるトンデモ本の類なんだろうけどcoldsweats01、わたくし、結構こーゆーの好きなのよねーhappy01。「疑問があるッ!」って「日本書紀」にコブシpunchを突きつけてみても、結局その根拠とするのが「日本書紀」そのものだったりして、なんかグルグルtyphoon「日本書紀」の周りを回ってるだけっぽいのが、古代史研究pencilってイメージなのよね。ま、そこにどんな空想や推理を働かせてもいいわけで、それがまた面白かったりするwink。この著作では、「日本書紀」とは持統天皇+藤原不比等連合軍を正当化するための歴史で、なんとッsign01そのために「天孫降臨」神話まで創っちゃったsign03っていう説を唱えてます。


で、わたくしが疑問に思ってた「天武の妻である持統が、敵であるはずの藤原氏となぜ結託したのか」という部分がどう説明されてるかってーと、なんか曖昧なのsweat02。実はほんとは天武と持統は“仮面夫婦”で不仲だったbombとか、持統と藤原不比等は愛人関係heart01だったとか、なんかイマイチあいまい。なんだかな~gawk。それなら、以前井沢元彦氏が「逆説の日本史」で主張してたように、天武は実は本来なら天皇の地位になんかつけないような出自だったngから、自分以外の妻から生まれた天武系男子にはゼッタイに継がせないッimpactって決意してた、っていう方がまだ納得できるんだけどな~。で、寄生虫・藤原氏がそれをバックアップしてのし上がっていく、と。


それにしても、歴史作家が書く“日本古代史説”って、なんでこー読みにくいのかなぁ~typhoon。たぶん、主張部分が「はずである」とか「に違いない」とか「としか考えられない」とかっていう、なんか断定してるような遠まわしなようなsign04、な表現になってて、ものすごくムズガユイ感じがするから、だわねgawk。次はいわゆる研究者の著作を読んでみるわね~sweat01

|

« 「町長選挙」 | トップページ | 「古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44611018

この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか」:

« 「町長選挙」 | トップページ | 「古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか」 »