« 「なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか」 | トップページ | 「おもひつ記」 »

2009/04/10

「古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか」

古代史シリーズ(わたくし内の)第4弾!吉川弘文館の歴史文化ライブラリーの1冊、遠山美都男氏の著作bookです。専門研究者の手によるもの。


まぁ、要するに、古代の皇位継承crownにあたって当時の関係者に、通説言われているような「天智系」とか「天武系」とかの意識はなかったと。っていうよりは「文武皇統」とか「草壁皇統」とか、そっちの方が意識されてたんじゃないの?って言いたいのよね。ま、どうでもイイ問題のような気もするケドgawk。だけど当時の天皇たちが、どう皇位継承させようと決意しようが、実際にはグジャグジャtyphoonになっちゃってんのよね。チャンスが訪れた時にはあっちこっちで謀反waveが起きてるし、結局、とりあえず皇位継承できそうな地位にある人間はみんな皇位を狙って目をギラギラthunderさせてたらしい。特に、遠山氏、女に恨みがあるのか、持統天皇以下、皇后の座にある内親王も含めて、皇位継承の可能性のある(またはすでに天皇の地位にある)女はみんな、腹黒く権力に執着する悪女rougeみたいに描いてんのよねー。な~んか、偏見~pout


あーじゃこーじゃといろいろ書いてあったけど、本文最後の一文pen「振り返って見れば、皇統護持のためにさまざまな手段が編み出された。そのなかでも皇統に藤原氏の血を取り入れるという一項だけは(中略)結局のところ最後まで残ったといえるであろう。」を読んだ瞬間、わたくし、腰がくだけましたdown。それって、やっぱ黒幕は藤原氏ってことじゃんgawk


どっちにしろ古代史研究は、持論を展開するために、どこまで真実なんだかわかんない「史料」をいじくりまわして、どう都合よく解釈するか、なのよね~think。後は、遺跡発掘と研究が進んで、その「史料」とつき合わせてどこまで実証できるかが面白いところ。「日本書紀」でちょー悪者shadowになってた蘇我氏が、遺跡の研究で復権してきたようにねup

|

« 「なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか」 | トップページ | 「おもひつ記」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/44630503

この記事へのトラックバック一覧です: 「古代の皇位継承 天武系皇統は実在したか」:

« 「なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか」 | トップページ | 「おもひつ記」 »