« まもなく北海道音楽大行進 | トップページ | 佐伯祐三展 »

2009/05/30

札幌交響楽団 第519回 定期演奏会

わたくしいつも思うんだけど、マエストロチュー指揮の演奏会は、とっても崇高なる精神性diamondshineを感じるのよねー。今回もそう。特に後半のリヒャルト・シュトラウス交響詩「ドン・キホーテ」は、セルバンテスの物語精神をまるごと映し込んだような深みを感じましたconfident。なんか、カラヤンのCDのものと比べると全然違う曲みたいだったワ…(あ、“世界のカラヤン”に向かって不敬発言coldsweats02?)。


札響チェロ主席の石川さんとビオラ主席の廣狩さんをソリストとする構成だったけど、普通のコンチェルトほどの出っ張り具合はないのね。わたくし、石川さんに対してはいつも「うぉーッ、ナルシー君だーッcloversign01」って思ってたんだけど、本日の登場も、テカテカ光るshine黒いお衣装で、「おおぉぉーッsign01やっぱナルシー君はこうでなくっちゃーッsign03」ってカンジで、満足マンゾクgood。そしてこれまたいつものように汗ダラダラ…coldsweats01。でも演奏はまさに、マエストロの深い精神性を体現したかの如き入魂のパフォーマンスで、スバラしかったわーnote


一方廣狩さんのビオラ、普通サンチョ・パンサは多少アタマの回転が鈍いと思われる人物だけどsnail、廣狩さんの人間性のなせる業なのか(って、全然知らないケドcoldsweats01)、ビオラの持つ音質と相まって、サンチョさんは本当は思慮深いヒトなのではないか、と思わせる演奏だったと思うわ。でもほんと、ビオラって深くていい音だわね~sun


プログラム1曲目は、わたくしの愛するモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。ナマジュピターは久しぶりだったけど、マエストロチューの流麗な優しさに満ち満ちた曲作りで、十分酔わせていただきましたーhappy01。やっぱ特に第4楽章のコーダはサイコーッすheart04sign03


さて今月のわたくしのツボchick。休憩時間もめっちゃおさらいしてたコントラバス軍団sweat01。わたくしいつも、特にマジメそ~な主席の助川さんについつい注目eyeしてしまうんだけど、あの、楽譜のページをめくった後、弓でちょいっと押さえるしぐさがステキなのよね~lovely。あれはデカイ楽器を弾くヒトじゃなきゃなぜかカッコ良く見えないのwink。しかしあのおさらいは、熱心さのなせるワザか、はたまた…sign02

|

« まもなく北海道音楽大行進 | トップページ | 佐伯祐三展 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは!
 私も久しぶりに札響の定期に行きました。
 「ドン・キホーテ」、良かったですね!ホント、カラヤンがなんやん、っていう演奏でした。
 ただ……「ジュピター」は整いすぎてって感じに私には思えました。
 席が良くなかったせいもあるのかも。

投稿: MUUSAN | 2009/05/31 12時50分

MUUSANさま、こんにちは~happy01
いつもありがとうございます。

確かに、聞き込んでいる人ですと、今回の「ジュピター」はさらさらっと流れる感じだったのかも知れませんね。私的には、それが逆に楽曲のよさを実感させたような気がしています。
あとは、もう少し金管がピシッとしてくれると良かったんですが…coldsweats01

投稿: かまど姫 | 2009/05/31 20時07分

 こんばんは。初めましてで、失礼致します。深川在住の者です。昨日の札響深川公演関係で探索していたらこちらにたどりつきました。
 札響、初めてでした。昨日は「運命」と「新世界」でした。意外や意外で、「運命」が、さらっと聞こえた気がしたのですが、感想を言い合える方がおりません(汗
 
 それと。
 かまど姫さまのツボである、コントラバス集団が、私もものすごく気になりました。(席が最前列コントラバスの目の前)
 お名前が分からないのですが、メガネをかけた若者コントラバスのお二人は、休憩時間も終演後もおさらい、おさらい。
 ちょっと仲良さげだったのが、ほほえましくうつりました。
 譜面の右側の方(名前が分からない)がめくり、弓でちょっと押さえるしぐさが、正直格好よくて、嬉しくなってカキコミしてしまった
 次第です。
 「新世界」第二楽章は体に心地いい調べでした…。
 長々と。。失礼致しました。
 映画ブログも拝見させていただきます!

投稿: ぴーこ | 2009/07/02 21時14分

ぴーこさま、初めまして!
コメントありがとうございますーッ!
コントラバスのニッチなカッコよさ、ご理解いただける方がいらっしゃって、うれしいですーッhappy02
たぶん、“メガネをかけた若者コントラバス”のうち一番手前にいらしたのが主席の助川さんじゃないでしょうか。マジメそうな人じゃなかったですか?2番目の方が副主席だとすると斎藤さんでしょうか。
ぴーこさんの新しい“ツボ”を発見したら、私にも教えてください~wink


深川公演、昨日だったんですね。残念ながら私は聴きに行けなかったのですが、「新世界」、良かったみたいですねhappy01。尾高さんは最近評判があんまり良くないみたいですが…weep。手のうちに入り過ぎてる曲はさらっとしちゃうんでしょうか??

映画ブログも、ほんとにありがとうございますッ!ななかまどの方も月1回更新していますので、意見交換などしていただけると嬉しいですーsun
(プロフィールページにメール貼り付けておきますね~。)

投稿: かまど姫 | 2009/07/02 22時39分

 再びお邪魔しますo(*^▽^*)o
 真面目そうな方が助川さん…、斎藤さんは私が拝見すると「葛山信吾」さんをちょっとワイルドにしてメガネをかけたように見えました。(ちょっと違うかしら?)
 私のツボは、助川さん、「きっと最後にはノッてくるんじゃないか?」と思ったら、曲のクライマックスでリズムにのって来た所ですbleah
 斎藤さんは、自分のパートの演奏が無いとき、弦を押さえる左手をそっと楽器に乗せながら、真剣に曲を追ってるところがステキでしたheart04
 なんだかミーハーみたいなカキコミですが、初交響曲、シンフォニーって違う音と音が、違う旋律が重なり合って、演奏者も作曲した人もスゴイ!!!と体で感じる事が出来ました。
 実家が札幌方面なので、今度はkitaraで体験したいですhappy01

投稿: ぴーこ | 2009/07/05 20時52分

いえいえ、私もちょーミーハーですからー。肝心の音楽を真剣に聴く、というより、オケメンバーをナメるように見る、って方にチカラが入ってるカンジですcoldsweats01。ご一緒に札響ミーハーいたしましょうnotewink

私は定期会員なんですが、昨年度まではぴーこさんが、今回座られていたような席だったので、団員さんの表情もよく見られたのですが、今期は2階席にしましたので、オペラグラスが必要になっちゃってるんですweep

斎藤さんのお顔はあまりよく見ていなかったので、次回の定演(って、9月だった…gawk)の時、じっくり見てみますね。助川さんがクライマックスでノッて来た…っていうの、わかります、わかりますcatface

コントラバス軍団は、定演で大きな編成になるとき、エキストラさんが入ると、よりノリノリになって面白いんですよーhappy02。ぴーこさんにもぜひご覧いただきたいですッsign03

投稿: かまど姫 | 2009/07/06 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/45179971

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第519回 定期演奏会:

» 札響第519回定期演奏会(B日程)を聴いて。 [読後充実度 84ppm のお話]
 札幌交響楽団の第519回定期(5月30日15:00~。Kitara)。 曲目は [続きを読む]

受信: 2009/05/31 12時52分

« まもなく北海道音楽大行進 | トップページ | 佐伯祐三展 »