« 藤 | トップページ | MYスプーン① »

2009/06/13

札幌交響楽団 第520回 定期演奏会

ひゃーッhappy02sign01初オルフ「カルミナ・ブラーナ」ッsign01めっちゃくちゃカッコイイですーッsign03「DEATH NOTE」アニメ版のサウンドトラックがえらいかっちょいい~heart04って思ってたら、ネタ元はここにあったかーッimpactsign01いや~、参りました。


まず「いったい何人板に乗ってんだーッcoldsweats02sign02」(ココロの叫び)から始まって、迫力の合唱と大活躍の“打楽器チーム”に終始圧倒されっ放しの60分wobbly。普段あんまり歌ものは聴かないんだけど、合唱が入るとっつーか、これはカンタータだけど、ものすごい奥行きが出るもんなんですねぇ~。開眼eye。ソリストも美声揃いdiamondだったし、特にソプラノの針生さんはわたくしの真っ正面だったもんだから、天にも昇らんばかりのピアニシモshineで、近頃すっかりドロドロのわたくしの魂cryingがジャブジャブsweat01洗われマシターfuji


だけど詩歌の訳を見ると、内容はすんごい世俗的なのねーcatface。児童合唱団にこんな詩を歌わせていーのか?的ご意見が出るような気がしないでもないけど、この歌詞をこの荘厳な旋律とあの美声で歌われると、却って下世話感(エロエロ感kissmark?)が増す、っていう不思議な効果が醸し出されるのよね~smile。こんな内容の詩歌が、バイエルン州にあるベネディクト会修道院で発見されたっていうのもなかなかに興味深いものがありますル(ミシェル・フーコーの「薔薇の名前」を思わず連想しちゃったりなんかして…think)。


ってなわけで、あまりにも「カルミナ」にヤラレたので、1曲目何だっけ?状態になっちゃったけど、メンデルスゾーン「交響曲第4番“イタリア”」、札響では初演の「改訂版」。改定バージョンは、より内面的深化と緊密化、緻密化を遂げてるようなカンジがしてわたくし的には初版より好きかもnote


さて、高関さん、なんか久しぶり?わたくし、高関さんの指揮スタイル、すっごい好きですheart02。正指揮者として常に札響をインプルーヴメントupしようという強い意志を感じるの。って、ほんとはそれだけじゃなくて、あのオタクっぽいカンジ(もちろんイイ意味ですhappy01)とアニメちっくな動きがたまらなくカワイイのよね~cutesun


さて今月のわたくしのツボchick。「カルミナ」の2人のピアニストのうち、向かって右のピアニストさん。高関さんに負けないウルトラオーバーアクションッgoodsign01おまけに合唱団と一緒に合唱ッnotessign03

|

« 藤 | トップページ | MYスプーン① »

音楽」カテゴリの記事

コメント

すばらしかった!本当にすばらしい演奏でした!
名曲が名演奏で聴ける喜びを、久々に味わいました。
私はテノールの高橋淳氏を特に賞賛します。
あと、もちろん、パーカスの人たちに!

投稿: MUUSAN | 2009/06/14 09時02分

MUUSANさま、こんにちは~happy01
さすが、MUUSANさんがおススメするだけのことがありました。すっごい面白かったですsign01
高橋さんは、もう舞台登場の時から“入って”ましたねー。コンサート形式でもああいうのはアリなのかと、これまた開眼eyeですhappy02

投稿: かまど姫 | 2009/06/14 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/45329580

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第520回 定期演奏会:

» 札響第520回定期演奏会(B日程)を聴いて。 [読後充実度 84ppm のお話]
 13日15:00~、Kitara。 あらためて書くと、指揮は高関健、独唱は針生 [続きを読む]

受信: 2009/06/14 09時03分

« 藤 | トップページ | MYスプーン① »