« 「ヨーロッパ絵画の輝き~ロココの華・バルビゾンの田園~」 | トップページ | 宝塚月組公演「エリザベート」(’09) »

2009/07/14

七月大歌舞伎

現在“さよなら公演”中の歌舞伎座、夜の部の公演を観劇eyeいたしました。演目は「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」と「天守物語」。人気の市川海老蔵さんと坂東玉三郎さんの出演ということで大人気のようですねnote


1本目は海老蔵さんの「夏祭浪花鑑」。サスガ、水もしたたるイイオトコwaveの海老さま、ムショ帰りのムサい団七が髪結床でキレイサッパリした姿で色男に変身する最初の見せ場では、場内にキャ~heart04ってカンジの歓声が上がるのですわsweat02。で、その後、いろんな場面で「見得」を決めてくんだけど、そのたんびに、わたくしのナナメ前に座っていらっしゃったアラフォーと思しき女性rougeが、アタマを左右に振りながら感極まって拍手してるお姿には、もーオカシくて、オカシくてimpacthappy02、わたくし、海老さまよりついついそっちを見ちゃったわよー。もー、どーしてくれんのーッpoutsign01


っつーわけで海老さまの美しさdiamondは、筆舌に尽くしがたいものがある(お父様の団十郎さんは、俳優としては超一流というわけじゃないけど、この海老さまを誕生させたbellというだけでも歌舞伎の歴史に貢献されてるわ~good)んだけど、今回、この演目の芝居では、わたくし、残念ながら納得し難いものがあったわねdown


初めてわたくしが、この演目を観たのはだいぶん昔のことだけど、勘三郎さん(当時は勘九郎さん)が団七だったもの。この演目の肝keyは、当時も重罪だった(今もそのはずだけど)「尊属殺人」なわけです。どんなことがあっても親を殺すことはまかりならんわけng。それをもーどーにも堪忍ならなくなって、舅を殺してしまうpunchimpactってとこのものすごい葛藤typhoonが見所なわけですよ。そこんとこの勘九郎さんは、ほんとにスゴかったup。肌にまとわりつくような熱帯夜mist、ヒトのココロをハイupwardrightにせずにはいられない夏祭りのお囃子がずーっと鳴り響く中、狂気の殺人劇が繰り広げられる様子は、わたくし、もうほんとに口から心臓heart01が飛び出るかと思うくらいキンチョーしながら観てた緊迫したシーンだったのsweat01。それが、海老団七は、なーんか、やっぱ現代ッコだなーってのが滲み出てるカンジなのよねーgawk。下卑た舅にネチネチイヤミを言われたり、雪駄でアタマを叩かれたりしてもひたすら謝る海老団七の姿は、なぜか本心から謝ってるように見えない。ココロん中ではオメー、この舅バカにしてんだろーってカンジにどーしても見えちゃう。尊属殺人なんか全然珍しくなくなった現代の酷薄さが海老団七には重なって見えちゃうのよ~weep。ひょっとするとこれは、現代ッコ海老蔵にとっては宿命的なものなのかも。勘九郎さんと海老さまの世代間的なモンダイなのだとすると、これからの歌舞伎というもの、ちょっとタイヘンかもよ~bearingsign02


さてさて2本目は、わたくしが「あぁぁ~、同じ時代に生きてて幸せ~heart02」と心から思う玉三郎さまの「天守物語」。もー、たまさぶろーさま、かんぺきーfuji。しあわせーclover。泉鏡花原作の脚本を読むと、どんな風にしゃべったらいいのやらサッパリわかんないようなセリフも、玉さまにかかると麗しい詩のように、夢見ゴコチに聴こえちゃうcatface。たぶん、鍛えまくってる腹筋を自由自在に使っての発声がそうさせるのよね~ok。そして、カンペキな所作lovely。着物の裾の広がりようも全て計算され尽した佇まいshine。衣裳もめっちゃくっちゃキレーshine。亀姫ちゃんをお迎えする時の打掛の流麗な美しさったらなかったわーッsign03玉さまの美意識ココに極まれりshineshine。そして役づくりの点では、前半でのかわゆいおちゃめぶりcuteと後半の、図書之助と出会ってからの毅然として高潔な、それでいて恋に落ちた女のたおやかさぶりcherryblossomの対比のスバラシさは、もはやわたくしの感想なんかゴミの如しcoldsweats01。…ああそれなのに、すんごく気になったのは、「そこ、笑うとこじゃないんだけどannoy?」なシーンでシバシバ笑うオバハン集団angry。もはや恋するオトメの年代から100万光年遠ざかった集団とは言え、もちっと想像力を働かしたらぁ~?ってカンジだったわねぇgawk


で、若い頃から達者な芝居をしてちょっと気になってた勘太郎くん、今回もなかなか良かったわ~happy01。順調に成長なさっているようで。その点では、昼の部も観たかったな~weep

|

« 「ヨーロッパ絵画の輝き~ロココの華・バルビゾンの田園~」 | トップページ | 宝塚月組公演「エリザベート」(’09) »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/45635450

この記事へのトラックバック一覧です: 七月大歌舞伎:

» 七月大歌舞伎「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」(歌舞伎座) [飾釦]
■日時:2009年7月20日、16:30〜 ■劇場:歌舞伎座 ■出演:市川海老蔵、中村獅童、中村勘太郎、市川猿弥、他 歌舞伎座で7月大歌舞伎「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」を見ました。この作品は、今年の5月にNHK教育テレビの「知る楽」で放送されていた教養番組、松井今朝子の「極付歌舞伎謎解(きわめつきかぶきのなぞとき)」で“任侠ものの原点”であると紹介されていました。それによると、我慢に我慢を重ね最後はキレて攻撃に出るそのスタイルは、60〜70年代の安保闘争の時代に学生から支持を得た高倉健... [続きを読む]

受信: 2009/07/25 22時44分

« 「ヨーロッパ絵画の輝き~ロココの華・バルビゾンの田園~」 | トップページ | 宝塚月組公演「エリザベート」(’09) »