« 「女警察署長」(09年5月23日放映) | トップページ | ブレスレット① »

2009/07/29

「背の眼」

道尾秀介氏の第5回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞作book。道尾氏の作品は初読。今はすごいベストセラー作家さんみたいだけど、デビュー作はそれほどでも…ってカンジgawk


“背中に2つの目eyeが現れた人間は、数日内に自殺する”っていうホラーテイストから始まるこの作品、京極夏彦氏の「京極堂シリーズ」のカジュアルバージョンか~?って思いながら読んでたんだけど(「京極堂」にハマったわたくし的には、そういう点ではかなり物足りなかったけどぉ~down)、綾辻行人氏の講評『これをエピゴーネンであるとして否定するよりも、若い作者による熱烈なオマージュとして受けとめるべきだろうと考える。』という考えには賛成するものですgood。ま、この作者のインタビューなんかを読むと、それほど殊勝なヒトにも思えないケド…coldsweats01


オカルティックな提示部分をラストに向けて、本格推理の常道で明快に謎解きをしてくんだけど、わたくし、好感を持ったのは、超自然的な要素をそのまま「わからないtyphoon」として保留する姿勢。なんでもかんでも説明しつくすッsign01っていう、ある意味“不自然”なことはあえてしないっていうゆるーいスタンスもあっていいわよね~、ってこの作品を読んで気づいたワflair


実は初めの方のホラーっぽいところを、お昼ご飯restaurantを食べながら読んでたんだけど、登場人物のひとりが自殺を図って薄れてく意識の中で、鏡に映る自分の背中に2つの眼があるのに気づいて驚愕するっていう、もうめっちゃドキドキsweat01のシーン、わたくし咀嚼するのも忘れて「ぎゃーッsign01こわいーッ、こわいーッshocksign03」とココロの中で叫んでた時、いきなりだしぬけにthunderthunder「いらっしゃいませーッimpactsign03」とすぐそばで、ノドも張り裂けんばかりの店員の大声bombsign03わたくし、もーチョービックリして座ったまま飛び上っちゃったッsign03わたくしの方が死ぬかと思ったわよーッsign01はぁぁぁーッdashsign01ここの店員さん、元気いいしアイソもいいしとってもカンジいいんだけどsun、もうちょっと声、ちっちゃくしてねnote

|

« 「女警察署長」(09年5月23日放映) | トップページ | ブレスレット① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/45778693

この記事へのトラックバック一覧です: 「背の眼」:

« 「女警察署長」(09年5月23日放映) | トップページ | ブレスレット① »