« MYスプーン③ | トップページ | 「修復士とミケランジェロとシスティーナの闇」 »

2009/07/01

「霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造」

北海道大学大学院教授 櫻井義秀氏の著作book。宗教社会学専攻の先生eyeglassなので、昨今のスピリチュアルブームの社会学的背景や、認知心理学や行動経済学からの考察は、説得力があってとっても興味深いワflair。でも、全然難しくないのgood


全編にちょっとしたユーモアやシニカルな表現がちりばめられてて、それが結構笑えるのよね~smile。でも、社会的な存在として発展途上にあり、そういうことを学ぶために大学に来ている学生たちを騙すように洗脳し、経済的に貢がせる宗教もどきから学生たちを守ろうとする、大学の先生としての危機感poutはひじょーによく伝わってくるのよね。そーいえば、わたくしが大学生だったとき、そーゆー団体がキャンパスをうろうろしてた。自己啓発セミナーなんていう背景が知れないものもたくさんあったしthink。わたくしは、自分でよく理解できないものには全然キョーミがないのでgawk、そっち方面はスルーしてたけど、この著作を読むと、「ははぁ、そうであったか…」って、このトシになってその実態がよっくわかったワwobbly


それにしても、第1章で有限会社「神世界」(千手観音教会という宗教団体の事業部門)の“経典”「神書」について書かれてるんだけど、この“経典”自体ものすっごく面白いッmoneybagsign01それを記述する櫻井さんの文章も大爆笑ッcatfacesign03(被害に遭われた方は笑いゴトじゃないケドねweep。)

|

« MYスプーン③ | トップページ | 「修復士とミケランジェロとシスティーナの闇」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/45510813

この記事へのトラックバック一覧です: 「霊と金 スピリチュアル・ビジネスの構造」:

« MYスプーン③ | トップページ | 「修復士とミケランジェロとシスティーナの闇」 »