« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/30

「芸者小春姐さん奮闘記 6」(09年7月8日放映)

十朱幸代さん主演の2ドラtv。今回は、お決まりの小春姐さん(十朱さん)の威勢のイイ啖呵(タンカ)impactがなくって、ちょっと拍子抜けdown。あれがいつもカッコよくてタノシミなのにぃ~despair


このシリーズは、小春姐さんが営む料亭「花乃屋」がある向島のイキな風景や文化diamondをチラリと垣間見させてくれるところも楽しみだったりするのよね。小春姐さんと幼なじみの虎ちゃん(石倉三郎さん、わたくしの好きな俳優さん)とのやりとりがまた下町のコドモみたいでカワイくってcute可笑しいのhappy01


ミステリーとしては、実は「水戸黄門」に匹敵するワンパターンで、「花乃屋」にいろんな事情でやってくるゲスト芸者が犯人って決まってんのsmile。今回はさらに交換殺人ってワザが加わってるために犯人がもうひとりいたんだけど、これまた配役を見た瞬間「おおッsign01王道ッcrownsign01」ってカンジ。秋本奈緒美さんは、一時犯人役からご卒業したかーっと思ってたらまた返り咲いてた…bearing


今作はゲスト芸者さんが復讐する相手をみんな殺しちゃったもんだから、小春姐さんがタンカ切る相手がいなかったっつー展開だったのよね。ミナゴロシしちゃったらダメだわよねぇ、やっぱgawk。う~ん、それにしても中山忍ちゃん、いつ見てもイマイチ冴えてないなぁ~weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/29

旭川市花咲陸上競技場横

Photo おととい27日(日)に、第1回旭川ハーフマラソンが開催されましたnew。ヘタレなわたくしはモチロン走れないけどcoldsweats01、お仕事で現地に行きました。すんごいいい天気sunで、絶好のマラソンrun日和でした。で、これは陸上競技場横の様子。もうすっかり秋景色maple。朝晩なんて、もう冬の匂いがするもんねーcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/25

「サブウェイ123 激突」

本日、「かまど姫のシネマカンタービレ」ウェブ更新されました。

こちらから入れます~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/24

「上条麗子の事件推理 6」(09年7月6日放映)

ガンガンpunch行きます、2ドラtv。眞野あずささん扮する公認会計士・上条麗子が事件を解決するシリーズ。サブタイトル「~死を呼ぶ佐渡情話~」。レトロすぎて逆に新鮮?


わたくし的には、眞野さん主演の2ドラのなかでは一番印象がうすーいシリーズwobbly。クールビューティで知的なイメージshineの眞野さんには珍しい“ぽわ~ん”としたキャラでspa、それだけにな~んかかなりムリがあって違和感があるのよね~down。ストーリーの導入部以外、公認会計士って設定もあんまり生かされてるカンジがしないし。


しかしッsign01今回は強力な助っ人登場ッsign01最近2ドラ当番回数がやたら増えている中村梅雀さんここにも現わるッsign01公認会計士の新人として、上条会計事務所に加入します。元営業マン特有のずーずーしさをうまく出してる梅雀さんと、麗子のセンパイ会計士役・木村元さんとのイガミ合いimpactがショッパナから面白いのhappy02。今後の展開がタノシミ~(1回きりじゃないわよね?)note


そして今回は、2ドラ久々登場の三原じゅん子さんが注目株eye。ドスの効いた低音におお~ッsign01ってカンジ。登場シーンから、ただならぬヤバイ存在感をカモシ出してましたdanger。おまけに年齢を重ねても相変わらずチープ感漂う加納竜さんcoldsweats01とセット(社長と秘書sign01)で出てきたもんだからなおさらbomb。それにしても“あの”三原じゅん子さんがハタチ過ぎの子供を持つ母親の役を演じるようになっちゃったのね~。隔世の感coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/23

神居古潭「こたんまつり」

毎年この時期に開催されている旭川の神居古潭の「こたんまつり」、これも一度見てみたいな~と思っていたので、行ってきましたーcar。北海道先住民のアイヌの人々のおまつりですevent



Photo_16 10時30分くらいに国道12号線沿いの駐車場に到着parking。そこから会場(今年は吊り橋を渡ったサイクリングロード側の旧駅舎前)までとりあえずマイクロバスに乗ってみました(神居古潭自体初めて来たもんで、どこでやってんのか全然わかんなくて…)bus。あっと言う間に着いちゃったsoon


バスを降りたところから会場までは、神居古潭の美しい景色を眺めながらチンタラ歩いて旧駅舎にshoe。知人が何人かいたので、おしゃべりしているうちにお目当てひとつめのムックリ(アイヌ民族楽器)の演奏が始まりました~note

Photo_17 ムックリの演奏は、これまでも断片的には耳にしたことはあったけど、ひとつのまとまりとして聴いたのはこれが初めてでしたclover。最初は「びよよ~ん」って、なんかオモシロい効果音?ってカンジだったんだけどcoldsweats01、音自体に奥行きがあって表情があって、集中してずーっと聴いてるとだんだん酔ってくるtyphoon。脳内麻薬が出る感じ。ムックリの音って実は呪術性があるっていうか、トランス状態に陥らせるっていうか、そういう効果があるんじゃないかなぁ。水の音や風の音、クマの鳴き声などを現す音らしいんだけど、自然の中に神々を感じてたアイヌの人たちの精神性を現してるんじゃないかと感じたワconfident

Photo_3などとツラツラ考えつつ売店コーナーへshoe。神居古潭でりんごappleが採れるとは知らなかったワ~。わたくし、りんごも好きなのでサッソク購入。しかしッsign01個数が多かったので、OセンパイとMコウハイに分けることにいたしますhappy01。りんごは水澤果樹園さんのものを買いましたが、ほかにもいろんなお店が出てましたsun


そしてお目当ての2つ目、「カムイノミ・イナウ式」。神々への祈祷を行う伝統儀式ですdiamond。続いて伝統の踊りへ。川村兼一さん(川村カ子トアイヌ記念館館長)って、普段はフツーのオジサンってカンジなのにアツシ(伝統衣裳)をまとうと急にカッコよくなっちゃうshine。アツシが板についてる(衣裳だけど)。この儀式、リハはしないのかッsign02ってカンジだったけど、そばでアイヌのちっちゃいコドモたちcuteが見よう見真似で踊ったりしてるのを見ると、こういうところでも伝統が受け継がれていくのね~ってカンジconfident

Photo_4 Photo_5 Photo_6 Photo_7 Photo_8 Photo_18 


最後に、「カムイノミ・イナウ式」で使用した御幣を石狩川へ流します。エメラルドグリーンってほどキレイじゃないけど、深い緑色の石狩川へ向かう姿にはちょっとカンドーweepいたしました(流す瞬間は見逃したケド…coldsweats01)。目撃スポットはつり橋の上なんだけど、安全面から120人くらいが一度に乗っかれる限界だとかcoldsweats02

Photo_10 Photo_11 Photo_12


午後1時頃、りんごapple片手にまたプラプラ駐車場まで歩いて戻りましたshoe。途中の神居古潭の様子camera。もう少ししたら紅葉かな~maple。駐車場から12号線に戻る際は、警備員のオジサンが絶妙のタイミングで信号の押しボタンを押してgoodくれるのでスムーズに出られました。オジサン、ありがとーッhappy02sign01来年はサイクリングロードbicycleに挑戦かッsign02

Photo_13 Photo_14 Photo_15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/22

「密会の宿 7」(09年7月1日放映)

ハードディスクがパンパンになったDVDcdの空き容量を増やすため、この連休録画した2ドラをガンガン見てるので、ガンガン感想書くわよーッpunchsign01


ってことで、わたくしの特に好きなシリーズがこれ。旅館の女将役岡江久美子さんがめっちゃくちゃいいのよねーup。亡くなった旦那サンの後輩で、番頭の久保隆(東幹久さん)とのカラミ(女将の息子のショウタくんも、これまたコマッシャクレててカワイイッcute)がすんごいオカシしいのよhappy02。今回も笑わしてくれてマスgood


前のシリーズで女将役が松尾嘉代さん、番頭役が森本レオさんだった時は、時代のせいもあるのかもしれないけど、もっと「密会の宿」のタイトルにふさわしい、なにやらコドモは見てはいけない淫靡なフンイキbanが漂うオトナのドラマだったのよね~。松尾さんのイロっぽいkissmarkことったらなかったワ。正視できないカンジcoldsweats01


そんな湿った色気がない岡江さんが主演になって、サワヤカなホンワカ感が新シリーズの持ち味になったわけ。でも、和服姿の「くわの」の岡江女将は、優しくてしっとりした美しさがあって、それでいてすっごくオチャメなとこもあって、ほっんとイイ女なのよね~shine


今回は最後のシーンでお客様を、女将と隆とショウタの3人が並んでお迎えするシーンが未来をちょっとだけ予感させるカンジで、よかったワ~sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/21

「世直し公務員 ザ・公証人 8」(09年6月29日放映)

渡瀬恒彦さん主演の人気シリーズの2ドラtv。公証人・真山壱成が事件を解決していくもの。公証人のお仕事紹介も随所に散りばめられて、ちょっとモノ知りにもなれちゃうpencil


なんか今回のストーリー、どっかで見たことあるよーなthink。これも配役を見た瞬間、犯人が誰かわかっちゃったワbearing。渡辺梓さんはだいたいいつも薄幸な、DVされる妻っぽいフンイキがまとわり着いてんのよねーweep。たまにはスカッとした役もあげて欲しいもんだわ。


このシリーズでわたくし好きなのは、沖直未さんsun。2ドラの沖さんといえば、日本伝統芸能の家元または大資産家の長女または長男の嫁、で、跡目争いまたは相続争いにおいて強欲で攻撃的な姿勢を見せまくるbomb、って役回りのイメージ。あのガラガラ声がその迫力impactに拍車をかけんのよねー。それが、このシリーズでは確かスナックのママだったと思うけど、天然ですんごくカワイイ役cuteになってるの。ガラガラ声を甘ぁ~くして、カマトトっぽいといえばそうなんだけど、わたくしかなり気に入ってマスgood。真山(渡瀬さん)を気に入っててスリスリすんだけど、全ッ然相手にされてないところが笑いどころsmile


今回の渡瀬さん、髪が短くなって無精ひげがセクシ~lovely。相変わらす蟹江敬三さんとのカラミもナイスですnotes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/19

札幌交響楽団 第521回 定期演奏会

3ヶ月ぶりの札響定演、今回は午前中に急に仕事が入っちゃったせいで開演時刻ギリギリの会場着になっちゃって、イマイチ鑑賞モードに入り切れなかったかも~weep


それでもモーツァルトの「ピアノ協奏曲第24番ハ短調」ってことで楽しみにしてました~note。で、今回のソリスト、アンドレア・ルケシーニさん、とっても明るくてきらびやかなshine音色でイタリア人らしいなぁ~ってカンジsun。様々な表情の音を自由自在に操って、意外と短調の曲調にあってたかもflair。でも古典のモーツァルトにしては、ちょっとアヤつけすぎな感じで、わたくし的にはあまり好きじゃなかったなぁ~down。カデンツァの流麗な軽やかさは良かったケドconfident


小編成のオケではひとつひとつの楽器の音が目立つから、よりアンサンブルには注意深くなるわけで、いつも以上にフルートの森さんとオーボエの岩崎さんの、おカラダがくっつかんばかりの“寄り添うふたりの愛のワールドheart04”全開coldsweats02。でも、「息を合わせる」ってことのよいお手本ですよねcatface


さて、観客にも異様な緊張感thunderが漂うマエストロチューのブルックナー。今回は「交響曲第5番変ロ長調」。マエストロのおかげで、わたくしもブルックナーにだいぶ慣れてきましたbud。まだまだ“理解する”ってとこまでは行かないけどcoldsweats01、オーケストレーションのスゴさはなんとなくわかってきたかも。第2楽章の弦はありえないくらい美しいしshine、トゥッティでの壮大さっつーか豪快さは、決して下品に堕したりしない崇高さがあってdiamond、それってブルックナー独特のものがあるのね~って感じられるようになってきましたsweat01


さて、わたくしの札響マニアック・ビュー・ポイント、略してSMVPsmile、“闘うコントラバス軍団”にカワイらしい女性virgoが入団されたんですね。今回もチョーノリノリnotesのお兄様たちに囲まれてソソcuteと演奏していらっしゃいました。ゼヒッimpactsign01一緒にノリノリnotesできるよう頑張ってくださいねーッsign03


そして今月のわたくしのツボchick。ティンパニの武藤さん。左の耳の上の髪が“くりんっ”ってハネててウランちゃんみたいだったのーpenguin。実はすごいクセッ毛とお見受けしました。わたくし、武藤さんのソリッドでタイトなマレットさばき、大好きなんですーhappy02。白いヘッドの動きがカワイくてカッコイイのよね~note。今期は真正面なのでいつも双眼鏡でナメるように見てますーeyecoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/09/18

「離婚妻探偵 2」(09年6月15日放映)

杉田かおるさん主演の2時間ドラマtv。離婚妻3人(杉田さん、雛形あきこさん、沢田亜矢子さん)が夫婦にまつわる事件を解決しつつ夫婦の間も解決する探偵ものnotes


わたくし、2時間ドラマでも泣ける人間なんだけど、今回もちょっとウルウルしちゃったweep。離婚したいとやってきた主婦(烏丸せつこさん、トシとったけどカワイーcutesign01)とモラハラ夫(前田吟さん、ほんとは違うんだけどね)にまつわる殺人事件を解決しながら、この夫婦の絆を強くさせるのが、3人の離婚妻探偵。ラスト、妻を思いやる夫の心情を吐露するシーンでわたくし、じぃ~んとしちゃいましたpenguin


このシリーズの杉田かおるさんが、すんごくイイのよねーhappy01。ちょっと前の杉田さんと言えば、犯人か途中まで犯人と疑われるものすっごくヤなオンナの役が定番でbearing、せっかくの美貌がもったいないなぁ~と思ってましたsad。この藤崎花役は、離婚したことによってヒトの心の痛みを理解できるやさしくて深みのあるキャラなのsun。セリフ回しも発声も表情もすっごくイイshine。今回はモラハラを疑われる恩師を最後まで信じ、その奥さんを信じ、事件を解決search。こーゆーヒトとお友達だったら、わたくしもココロ優しくなれるのにナ~ってカンジcherryblossom


雛形さんは、2ドラでは何をやってもだいたいおんなじキャラwobbly。今回も、自分の体験からゼッタイにモラハラ夫を許さないっpunchてカタクナにキャンキャンつっぱっちゃう役。それでも花さんに説得されて、最後は問題の夫婦を応援するようになるんだけどねcat。振られる役が固定されちゃってるのか、本人の芝居が固まってるのかgawk


沢田さんは、カメの甲より年の功up。言うことに説得力があります。コミカルな芝居も実にうまくまとめててpass。離婚してもハツラツと“勘違いの恋”に生きるキレイなオバ様ってカンジですねtulip


あと、下っ端刑事役のつぶやきシローさんがいい味だしてたなぁ~catface。それと久しぶりに2ドラで見た若林志穂さんがちょっと肥えてたpig。昔はおにんぎょさんみたいにすんごくカワイかったcuteのにぃー。ショックぅ~weep

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/13

愛別町「きのこの里」フェスティバル

きのこ大好きheart02なわたくし。旭川に来てからすんごい気になってたこのイベントevent、今年つひにOセンパイとMコーハイと3人で行って参りましたーッdashsign01もぅ、これ以上は食えねぇーッwobblyてくらいマンプクーッsunsign01


前売りで2,000円かかるんだけど、とりあえず初めての参戦impactなので「きのこと牛肉の食べ放題」にはチャレンジせねばなるまいっangrypunchてことで、事前にチケットticketを購入しときました。


朝9時に出発してcar、途中いろいろ寄ったので会場についたのは10時40分ごろwatch。異様な人数のおまわりさんが駐車場へ誘導してくれました。やっぱ町内あげての大イベント、チカラ入ってマスーッrocksign01そこから会場までの小道にはフリマのテントなんかもあって、もーなんでもアリの様相coldsweats01


Dvc00001 会場はチケット持ちゾーンと、チケットなしゾーンがウマく仕切られてたり、「食べ放題コーナー」の仕切りもヒジョーにわかりやすく、さすが23回目の歴史を持つイベント、ノウハウが蓄積されてるカンジですgood


Dvc00002 朝ごはんを野菜ジュースだけにして臨戦態勢を敷いたわたくし、早速「ジャンボきのこ鍋」へrun。味噌味の加減もちょうどよく、熱々の鍋、おいしかった~happy01。食べ放題コーナーも、炭火焼きの鉄板に係のヒトがきのこと牛肉をガンガン投入してくれるところへ、一般客のオジさんがすかさず塩コショーを振りいれてくれ、これがまたゼツミョーの味付けnote。鉄板がめっちゃ熱くなる前の焼き加減がちょうど良くて、これまたおいしかった~happy01。その後、きのこテンプラそばまで食べちゃって(あとでフツーのきのこそばのテントを発見してかなり後悔…)、もうレジャーシートの上で動けません状態shock


腹ごなしに農産物の即売コーナーを見て回ったり、消化促進のためにコーヒーcafeなんぞも飲んだりしてみたけど、最後に再チャレンジしたかった鍋も断念…weep。わたくしたちくらいだったら「食べ放題」はいらないかも~think


で、巨大なしめじとプリップリのシイタケを購入してmoneybag、晩ごはんでまたまた食べちゃいましたーッrestaurantsign01これまたおいしかったーッhappy02sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/12

旭川ものづくり博覧会

Dvc00007 昨日9月11日(金)から明日13日(日)まで、旭川大雪アリーナで開催中の「旭川ものづくり博覧会」に行ってみましたーdash


午前10時40分くらいに駐車場に着いた時にはcar、アリーナ裏の第1駐車場は満車full。ゲーッdespairと思いつつ間の通路をウロウロ運転してたら、目の前で1台出てったので、速攻入車notes


既に屋外も屋内もヒトでいっぱいッsign01とりあえず今日のわたくしの目玉、山崎理恵さんのピアノを聴くためにステージ前のイスへchair。旭川出身のピアニスト山崎さんは難病の影響で脊髄を損傷し下半身が不自由になったためペダルを踏めなくなってしまい、充分な演奏が出来なくなっていたそうです。でもピアノを弾きたいという山崎さんの想いを汲んだ旭川の“ものづくり企業”「表鉄工所」さんと「ミューロン」さんが呼気を利用したピアノペダルアシスト装置を開発shine、今回、その装置を使ったミニコンサートが行われるっていうことで、ぜひ聴いてみたいと思ったのでしたーnote


Dvc00006_3 とっても穏やかなお話ぶりの山崎さんsunの解説で、「ものづくり博」にふさわしく、ペダルアシスト装置の仕組みが理解できましたconfident。吹き込んだ息の風量をセンサーが感知してコンピュータでアームを動かし、ペダルを動かすっていうものだそう。スゴイッdiamondshinesign01息を吹き込む細いパイプには2つの穴があり、左の穴を舌でふさいで右の穴に息を吹き込むと右のダンパーペダルを、逆に左の穴に息を吹き込むと左のソフトペダルを操作できるの。ほえ~thunder。スバラシーッshinesign03


そして、山崎さんのために作曲された、美しい旋律の曲をご披露してくれましたnote。演奏後、ピアノを観察しに行ったんだけど、見た目、すごく簡素な装置なのにこれまたビックリeyesign03まだまだ改良中だそうです。“ものづくり”って技術的な部分も重要だけど、その底には人間の熱い想いheart01が流れてるんだってことに改めて気づかされマスconfident


Dvc00003 で、その後に登場した山口ともさんが、これまたすんごいオモシロかったーッimpactsign01“ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者”っていうコピーに、全然山口さんを知らなかったわたくし、なんか昔結構サムイ系なカンジのヒトがいたなぁ~、またそんなカンジかしら~gawk?なんて全然期待してなかったのよね~。そしたら、これが、スバラシイんですわーhappy02。実はパーカッショニストとして実力あるヒトじゃん、ってカンジ。スーツを着込んで、ピシッとした見た目と脱力系トークkaraokeがまたイイ味出してんのよね~smile。廃材や日用品を使ってのパフォーマンスは昔「STOMP」の公演を見て驚愕impactしたけど、ともともさんもそんなカンジねーshine。予期せぬ掘り出しもので、すんごく得したキブン~good


その後、旭川工業高校のブースで子供たちがいろんな工作に熱中してるsweat01のを見て「なかなかやるな、旭川工業sign01」などと感心し(このほか実業高校とか道立旭川技専とか学校が頑張ってマシタ)、レーザーで木材やガラスに図柄を描くマシーンを製造販売してる企業のブースで、偶然会場で遭遇したOセンパイと「すごぉーいッ、すごぉーいッcoldsweats02sign01」を連発し、たくさんの大手車メーカーのエンブレムを作ってる企業が旭川にあるのに驚き、とっても実力はあるのにプレゼンのヘタクソdownな東海大学のブースでカワイイ女子学生cute相手にダメ出ししたり(大きなお世話かcoldsweats01)、製品もワシワシ購入moneybagして、大マンゾクの半日デシターfuji


いや~、旭川の「ものづくり」、アナドリがたしwink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/10

「てのひらのメモ」

裁判員裁判をテーマにした夏樹静子さんのハードカバーbook


単行本の帯に「子供を置き去りにした結果、死なせてしまったキャリアウーマン。つぎつぎに明かされる思わぬ新事実」なる文章が踊ってて、思わずおぉーっimpactと手に取りました。もう、この設定からして、ちょっと下世話な興味でのぞきたくなるってもんですわねーcoldsweats01


ま、確かに裁判が進むにつれ新事実は出てくるんだけど、別に「思わぬ」って驚くほどのもんでもなくて、夏樹さんの作品だし「まだ何かあるはずsign01ゼッタイこの奥に何かあるはずーッsign03」って思いながら読んでたんだけど、途中から、これはサスペンスに主眼があるわけじゃなくて、「裁判員裁判」を描くものなんだってことに気づいたのよね~coldsweats01


そういう観方から読み直すと、ここに出てくる控訴事案は、これ以上ありえないってくらい下世話な興味を掻き立てるテーマで、夏樹さん、うまいこと設定してくれるな~って感心するcatfaceのと同時に、実際に裁判員に選ばれたとき、どんな風にモノゴトが進められてくのかっていうマニュアル的な面も持ってるんだってことに気づくのflair


参加する裁判員たちが一般市民であり、彼らがそれぞれ置かれてる環境での生活実感から控訴事案を判断していくっていうバランスの良さがこの作品では描かれてて、裁判員裁判の本来の目指すべき意義を語ってますconfident。それでいて、タイトルにつながるヒューマンな味sunもちゃんと残されてるあたり、全体的に、夏樹さんらしいベテランの手腕が光ってるカンジshine


それにしても、わたくしがもし裁判員にあたっちゃってもbell、ここに登場する裁判員たちみたいに冷静に考え、判断し、発言できるか…、自信ないなぁ~sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/05

「内田康夫サスペンス 福原警部」(09年6月6日放映)

これって、新シリーズですねーnew。イシちゃんこと石原英彦さん主演の2ドラtv


“フグのようなハラ”をした福原警部(イシちゃん)が、警視庁捜査一課の“切れ者”っていう設定だけですでにヤラレたッimpactsign01って感じで、ドラマの始めの方で描かれる捜査会議の席上、ひとり弁当をワシワシ食べrestaurant、適切な指示を飛ばしたあと間髪入れず「それから、お茶japaneseteaください。」ってシレッと言うあたり、キャーsign01めちゃオモシロそーッsign03ってワクワクheart02したんだけど、だんだん話が進むにつれなんだか、この福原警部の面白さが失われてった気がするのよねーdown


捜査線上に浮かんだ怪しい人間が真犯人に殺されちゃったあたりから、ミョーに深刻になっちゃって、ただの太ったマジメな警部になっちゃったgawk。だから、常識的な女性刑事・椿和美(藤谷美紀さん)とのカラミも今イチうまく転がってかなかったのよねーthink。こーゆーコンビは、椿刑事が規格外の福原警部に思いっきり振り回されてナンボでしょー。


いつも食べてばっかとか、すっとぼけた味はイイ感じで出してたイシちゃんなのでnotes、“ありえねぇーだろー”ってなくらいもっとハチャメチャなキャラにしちゃって、でもやるときゃやるpunchsign01なカッコよさも併せ持ったキャラとして成長してってほしいなぁ~clover。今後シリーズ化されるなら、ぜひその方向でお願いしますッsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/02

「運命の人」四

山崎豊子さんの新作最後の巻book第一~二巻第三巻から少し間が空いちゃったのは、第三巻で、なんとなくわたくし的にこれまでの山崎さんの作品みたいに、グッrockと来るものがなかったからthink。でも、最終巻、ヤッてくれましたーッimpactsign01さすがッhappy02sign01


この最終巻では、有罪判決を受けて失意のドンゾコdownに陥った弓成が、ほとんど“生きるシカバネ”状態で沖縄へ渡りship、そこでの沖縄の人々との出会いによって徐々に再生しup、つひに“真のジャーナリストshine”として残り少ない時間を燃焼する覚悟を決めるpunchってゆー、とっても山崎さんらしい、静かな情熱heart02を感じさせるエンディングになってますdiamondshine


ここでは、沖縄の「未だ終わらない戦後」の現状も、弓成の沖縄の人々への聞き取りという形や実際に体験したこととして出てきてて、知識としてなんとなく知ってたことも、弓成に近い登場人物の口から語られることによって、生々しい現実感が伴うのよ~。あぁ~、昔沖縄に遊びに行ったとき、ハシャギ過ぎてたimpact過去の無知なわたくしが恥ずかしぃ…weep


この物語の最後に至って初めて、「運命の人」というタイトルの意味がわかるようになってるのね。東京の霞ヶ関や永田町あたりでブイブイdash言わせてた新聞記者時代の弓成から、沖縄の借家の縁側で月見nightしながらシミジミ三線をつまびくnote弓成の姿の間には隔世の感があるけど、果たして人間としての価値はどっちが重いのかlibra、一概には言えないと思うけど、人生には決定的な“人との出会い、人との関わり”ってのがあって、それによって「運命」が変わっていくんだと思うと、ほんとに面白いもんだわね~sun


日本もこのたび政権交代してrecycle(もう政治家と官僚の欺瞞とはオサラバpaperしたいもんだわgawk)、新政権では「日米地位協定」の見直しに取り組むっていうことなので、ぜひとも沖縄の現状が変わるよう願う今日この頃ですconfident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »