« 「ハマの静香は事件がお好き episode6」(09年8月21日放映) | トップページ | 札幌交響楽団 第522回 定期演奏会 »

2009/10/16

「刑事殺し 完結編」(09年8月22日放映)

芝居がウマいのかどうかイマイチよくわかんないtyphoon仲村トオルさん主演の2ドラtv。サブタイトル「警察官失格!相棒が殺された!夫が最後に見た風景と待ち続けた妻の苦悩!?」また「!?」。自信ないのか、オマエsign02


「完結編」ってことは前段のドラマがあって、警察内のセンパイデカ(古谷一行さん)が犯人でした…っていうシリアスな内容だったわね~think。今回もやっぱり暗くて重たかった~think。わたくしの大好きなheart04俳優さん、六平直政さんがあっという間に死んじゃうので、かなしかった~weep。でも回想シーンで、そりゃ~も~い~感じsunで何度も出てくるので、まぁ、許すワwink


実社会では、事実の隠蔽なんかにおいてそのチカラが発揮されたりしてるように、警察組織の強固さがネガティブなイメージdownとして固定してるけど、このドラマではオトコの仕事場の結束、仲間意識の強さが肯定的に描かれてます。いつも押しの強いキャラを演じてる金田明夫さんが組織の上に立つ人間としてめちゃカッコよく描かれてるのlovely。自分のミスから相棒(六平さん)を殺された野津(仲村さん)を皮肉った別の班の刑事に対し、この川瀬(金田さん)がこれ以上ないくらい強圧的に吐くセリフ『捜査についての意見はいいが、野津はオレの部下だ。今後は口に気をつけてくれ。』には、わたくしシビレました~happy02。川瀬は、事件を知った時、野津に対し激怒して『オレはお前を絶対に許さんッ!』と罵倒して捜査からも外すと怒鳴ったけど、最終的には捜査班に入れてやるの。もう、この人たらしが~catface


それにしても、相棒を殺されてしまう遠因って言えなくもないような気もする野津の妻を演じる山本未来さんが、いつもながら何の陰影も感じさせない淡白な芝居でちょっと興ザメだったなぁgawk

|

« 「ハマの静香は事件がお好き episode6」(09年8月21日放映) | トップページ | 札幌交響楽団 第522回 定期演奏会 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/46501950

この記事へのトラックバック一覧です: 「刑事殺し 完結編」(09年8月22日放映):

« 「ハマの静香は事件がお好き episode6」(09年8月21日放映) | トップページ | 札幌交響楽団 第522回 定期演奏会 »