« 「温泉仲居 小泉あつ子の事件帳」(09年9月16日放映) | トップページ | 「ゼロの焦点」 »

2009/11/26

「特ダネ㊙記者! 嘉門公平の殺人取材」(09年9月19日放映)

三流週刊誌記者penに扮する錦織一清さん主演の2ドラtv。サブタイトル「狙われた美人エステティシャン ルポライター謎の転落死!! 時効を超えた愛しの殺人連鎖」。ものすごく意味不明typhoon


いや~、ニッキ(錦織さん)、こんなにダイコンだっけ~coldsweats02?無表情のボー読みで、ほとんど小学生の学芸会状態cat。上司役の斉藤由貴さんがナチュラルでウマいだけに、ふたりの会話シーン、あまりの落差になんか合成映像見てるみたいだったワ~coldsweats01


斉藤さんは、わたくし昔っからすっごくスキな女優さんで(「救命救急センター」シリーズ大スキ~heart04)、子育てがひと段落してまた2ドラに出てきてくれてホントにウレシ~happy02。今回も1本筋の通ったバリッバリの編集長で、悩みながらも部下に仕事を完遂させるために「責任取るsign01」って宣言するとこもシビレる~ッshinesign03「救命救急センター」シリーズもそうなんだけど、中間管理職的な仕事人の役、すんごくウマいのよね~。女性上司ringのひとつの理想型ですね~diamondshine。斉藤さんにはぜひ、主演シリーズをお願いしまっすhappy01sign01


さて、相変わらず芝居がサッパリうまくならないdown大鶴義丹さんに向かってニッキがきる啖呵impact、「三流週刊誌かも知れねぇが、だからこそ権力に屈しない取材が出来るんだsign01」。イイセリフなんだけど、残念ながらボー読み…weep。もったいない…pig

|

« 「温泉仲居 小泉あつ子の事件帳」(09年9月16日放映) | トップページ | 「ゼロの焦点」 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

わたしは錦織さんファンで、けっこうお芝居などはみにいっているのですが、いつもあんなふうではありません。
なぜなのか不明ですが、ドラマだから、カメラのアングルとか、そちらのほうに気がいっていて(またはリハ-サルがあまりちゃんとできていないとか)芝居に集中できない環境だったのかな、なんて思います。
いつもさえている錦織さんなので、なにかあのドラマについては、理由があるんでは、と??と思っています。

投稿: まりこ | 2009/11/27 11時54分

まりこさん、初めましてhappy01

なるほど、そうでしたか~。錦織さんは、私のなかでは“舞台の人”って感じなんですが、舞台出身の人(タカラジェンヌも含め)って、テレビtvの枠には収まりきらない場合が多いですよね。ひょっとしてそういうことも関係してるのかな~、なんて思ったりもしていましたがthink。まりこさんのおっしゃるとおりだとすると、なんだかやっぱりもったいないですねweep

投稿: かまど姫 | 2009/11/27 21時56分

はじめまして。横からすみません。
私は結構楽しく見てたので、そんなに気になりませんでしたが…

錦織さん、久しぶりのドラマ撮影で、多少緊張気味だったんではないでしょうか。それに加え、舞台調の話し方が身についてしまってるのかな…と。
でも、特徴ある話し方は個性にもなるので、もっと自信もって普段のように弾けて演技すれば、随分違うと思うんですけどね。

投稿: かおり | 2009/12/03 03時59分

かおりさん、初めましてhappy01。コメントありがとうございますtulip

かおりさんのおっしゃる「普段のように弾けて演技す」る錦織さんの芝居、見てみたいですね~happy01。コメディセンスもありそうですし、斉藤さんとのやり取りもきっともっと面白くなるんじゃないでしょうか。

これはぜひ続編希望sign01ですね。

投稿: かまど姫 | 2009/12/03 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/46867617

この記事へのトラックバック一覧です: 「特ダネ㊙記者! 嘉門公平の殺人取材」(09年9月19日放映):

» 働くお母さんのための育児支援サポート [働くお母さんのための育児支援サポート]
2児の働くママである管理人が、自治体が行っている育児支援サポートなどを分かりやすく解説しています [続きを読む]

受信: 2009/11/27 02時06分

« 「温泉仲居 小泉あつ子の事件帳」(09年9月16日放映) | トップページ | 「ゼロの焦点」 »