« 「女王蘭」 | トップページ | 「温泉仲居 小泉あつ子の事件帳」(09年9月16日放映) »

2009/11/22

「格差社会のサバイバル術 -生き残りを賭ける人と企業

“格差シリーズ”第3弾sign01三浦展さんが、格差社会をテーマに様々な人と対談した2008年9月のものbook


三浦さんが対談karaokeする相手の中には、最先端の人事制度を設けている企業buildingの方もいて、実際に優秀な人材を確保するためにはどうしたらいいか、という企業側の事例も知ることができるし、『夢を降りた団塊ジュニアは「買い」です』という阿部真大さんの説や、今マスコミを賑わしてる「結婚詐欺女rouge」を予見してる森永卓郎さんの話もオモシロかったflair


だけど、対談相手のほとんどは研究者や学者さんで、背景や現状の分析pcはお得意かも知れないけど、その後「じゃあ、どうする?」になるとどうも机上の空論・理想論クサイgawk。今やデフレスパイラルに陥ってる感のある日本で、しかもほとんどが中小企業だっつーのに、待遇別の人事制度なんかやる余裕のある企業がどれほどあんの?ってカンジ。そんな制度を企業に強制してもバタバタ倒産するだけだと思うけど。かと言って、今のままでイイわけないし…think


それにしても、この中で雨宮処凛さんが出てくる章は、もうなんかあまりにハナシのレベルが違っててボーゼンwobbly。雨宮さんの話を読んでると、“100円マ○ク”とか“250円弁当”とかの裏の背景がよくわかってくる。雨宮さんって、ドエラい衝撃的impactなことをとっても淡々とした語り口でしゃべってる。お名前は知ってたけど、その著作もちょっと読んでみようかしら、って気になりましたgood

|

« 「女王蘭」 | トップページ | 「温泉仲居 小泉あつ子の事件帳」(09年9月16日放映) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/46831627

この記事へのトラックバック一覧です: 「格差社会のサバイバル術 -生き残りを賭ける人と企業:

« 「女王蘭」 | トップページ | 「温泉仲居 小泉あつ子の事件帳」(09年9月16日放映) »