« 「ゼロの焦点」 | トップページ | 「のだめカンタービレ 23巻」 »

2009/11/30

「シャドウ」

道尾秀介氏の、本格ミステリ大賞受賞作book


わたくし未読なんだけど、「向日葵の咲かない夏」という作品の評判が、著者的にはあまり満足の行くものではなかったらしくpout、この作品はそれへのお応え、だそうです。「向日葵~」を読んだOセンパイ曰く「読み終わった瞬間、床に叩きつけたくなったannoy。」そうなので、わたくしも後日読んでみませうcoldsweats01


で、この「シャドウ」。確かに後味はそれほど悪くはない。でも、それでいいのか~gawk?なカンジ。作品全体としては、複数の人間の目線eyeでの語りや特に少年の語り口がカワイくて、スバラしく読ませるgood。かなりのテダレだわね。伏線もキメ細かくきっちり張って、後半はドンデン返しの連続ワザflairでおぉ~、オヌシなかなかヤルなdiamond、ってなカンジup。で、エピローグの前までは面白く読めたんだけどね~cherry


でも、やっぱ、ヒトを殺しといて、こんなにサワヤカに終わっていいのかsign02って、ちょっと引っかかるのよねー。まぁ、小説としてはアリなんだけど、こんなエンディングで“少年が成長した”って言っちゃダメだろー、なわけthink。ロウバ心ながら、この少年が真っ当に育っていってくれることを祈りますbleah

|

« 「ゼロの焦点」 | トップページ | 「のだめカンタービレ 23巻」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/46902909

この記事へのトラックバック一覧です: 「シャドウ」:

« 「ゼロの焦点」 | トップページ | 「のだめカンタービレ 23巻」 »