« 「女女格差」 | トップページ | 「格差社会のサバイバル術 -生き残りを賭ける人と企業 »

2009/11/20

「女王蘭」

新藤冬樹さん著「黒い太陽」の続編book。“復讐の物語”はやっぱ読んでてツラい~bearing


続編ヒロインの優姫ちゃんbagと、本編から引き続き登場の立花くんdrama。この続編では、「風俗王」藤堂さんへの強烈な復讐心とライバル心でもって手を結ぶふたりの顛末を描いてマス。優姫ちゃんは、これまた本編からのキャラ、日本一のキャスト・冬海さんを超える売上げを上げるため、立花くんは夜の世界から藤堂さんを退場させるため仁義なき戦いimpactを繰り広げるの。


そのために優姫ちゃんは、自分本来の持ち味を捨て、プライドも捨て、感情も捨てることによって、確かに売上げは上がっていくupんだけど、それまで付いてきてくれた大切なお客様が次々と離れて行くdown。結局は彼女自身が復讐心の餌食になっちゃって、最後には(ある事件が引き金になって)精神も破壊されちゃうのweep


結局、夜の帝王として藤堂さんが1枚も2枚も上手だったってことなんだけど、どんな目的があったとしても、やっぱ“自分らしさ”を失っちゃダメってことなのねーng。立花くんだって、本来はナイーブなところもある優しい青年だったのにconfident、藤堂さんと同じコトをやってるんじゃいつまでたっても彼を追い越すことはできないってことだしね。いい加減気づけよ、立花punchsign01ってカンジ。


さらに続編があるなら、今度は本来の持ち味の立花くんのままでshine、藤堂さんを倒すところを見てみたいわねーwink

|

« 「女女格差」 | トップページ | 「格差社会のサバイバル術 -生き残りを賭ける人と企業 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/46815221

この記事へのトラックバック一覧です: 「女王蘭」:

« 「女女格差」 | トップページ | 「格差社会のサバイバル術 -生き残りを賭ける人と企業 »