« 常盤ロータリータワー | トップページ | 「黒い樹海」 »

2009/12/12

札幌交響楽団 第524回 定期演奏会

いや~、今日は広上さんのダンスィング・コンダクターぶりを見るだけでも楽しかった~notes。昔岩城宏之さんの著作bookで、1回の演奏会で何㎏も体重が減るcoldsweats02って読んだことがあったけど、まさにsign01広上さんの場合そのダンスィングは、日舞からワルツ、NHKのラジオ体操を通過してパラパラ(死語かsign02)まで、レンジがワイド過ぎッcoldsweats01sign01でも、今日の楽団員のみなさんの表情を見ていても、まさに「のだめ」ミルヒーの「さぁ、楽しい音楽の時間の始まりデスnote」だったワ~happy01


今日はプログラム1曲目のショスタコービッチ交響詩「十月革命」やストラヴィンスキー「火の鳥」で大編成のオケを聴かせてくれました。さすがにナマの4管編成はめったに聴けないのでスゴかった~happy02。大迫力impactsign03それにしても、指揮者が変わると音が変わるってのはホントだわね。ショスタコの最初の1音目、おおッ?って思った。何かが違う。深み?広がり?重み?う~む、文字ではなかなか表現しずらいデスweep


さて、楽しみにしてたラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番ハ短調」、ソリストのニコライ・ルガンスキーさんにはわたくし、ブッ飛びましたーbomb。まさに“ヴィルトゥオーゾ”ッsign01絡まりそうに長い指でものすごーくカンタンソーに弾いちゃうwobbly。音色もすごく美しくて、特にアルペジオは水琴窟の水滴のようshine。フレージングなんかはめっちゃロマンティックheartなのに、音に透明感があって、札響との相性も良さそうheart04。時々オケの音がデカすぎね?ってカンジもしたけど、広上さん、鳴らしたかったのかなぁwink


今回、わたくしすごーくウレシかったconfidentのは、「火の鳥」演奏後のカーテンコールで、広上さんが管の楽団員を次々と指名してその演奏を称えたんだけど、ファゴット主席の坂口さんに一番大きな拍手&ブラヴォーが起こったことhappy02。なんとなくファゴットってジミメな印象だけどcoldsweats01、いやー、坂口さん、良かったですぅーdiamondshine


で、今月のわたくしのツボchick。ソロの時のニコライさんのお顔を横からじぃぃぃぃーっと見つめてeyeいらっしゃったヴァイオリン主席の大森さん。“魔法の指”よりおカオを見つめてた時間が長かったわヨsmile

|

« 常盤ロータリータワー | トップページ | 「黒い樹海」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

おはようございます!そして、お久しぶりです!私は名古屋で朝を迎えております。札響の演奏、良かったです!熱血指揮者にぐいぐいと引っ張られた感じでしたね。本当は金曜と土曜の両日行く予定だったのですが、土曜から出張が入り、金曜だけとなりました。ショスタコ好きの私としては、オクトーバーという地味な作品が、実はすごいんだとわかり、得した気分です。

投稿: MUUSAN | 2009/12/13 06時16分

MUUSANさま、こんにちは~happy01

今日は名古屋なんですね。きっと暖かいんでしょうね~sun。旭川はまたまた雪snowです。

私も今回は、2日間両方聴いてみたかったプログラムでした。広上さんのMCkaraoke(土曜もありました)でも「昨日ともまた全然違う演奏で」っておっしゃっていて後ろで大平さんも深くうなづいておられました。

2月のショスタコに向けて予習しときますッsign012月は工藤さんのソロもありますので、すっごい楽しみですheart01

投稿: かまど姫 | 2009/12/13 15時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47004546

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第524回 定期演奏会:

» 札響第524回定期演奏会(A日程)を聴いて [読後充実度 84ppm のお話]
 12月11日(金)19:00~。Kitara。 指揮は広上淳一、ピアノ独奏はニ [続きを読む]

受信: 2009/12/13 06時18分

« 常盤ロータリータワー | トップページ | 「黒い樹海」 »