« 「無責任の構造 モラル・ハザードへの知的戦略」 | トップページ | 常盤ロータリータワー »

2009/12/06

「物は言いよう」

評論家・斎藤美奈子さんの著作book。「FC」(フェミコード)的に世の中を観察してみた評論。「FC」とは、“言動がセクハラや性差別にならないかどうかを検討するための基準”ということだそうです。


政治家から言論人、作家などが公の場で発言した内容をこのFC的観点から、斎藤さんならではの切り口でバッサバッサthunderやってます。これを読んでると、一応普段気をつけてるつもりだったわたくしも、まだまだだなぁ~と反省sweat02。難易度の高い事例なんかでは、どこがどうモンダイなのか、全然気づかなかったし…wobbly


FCは、あくまで「公式の場でのマナーribbondrama」としての基準であって、ハラん中では「このクソババァ」って毒づいてても、ま、ヨシなわけですcoldsweats01。が、やっぱ、普段ハラん中であっためてるものspaは、油断したとたん外に出ちゃうわけで、やっぱ意識の問題ですわねdiamond


斎藤さんは、いわゆる“フェミニズム”に対しては一歩引いた立ち位置footにいながら、あくまで“女性の人権を尊重するshine”っていう基本をゼッタイに外さないあたり、信用できるかなーってわたくしは思ってますconfident

|

« 「無責任の構造 モラル・ハザードへの知的戦略」 | トップページ | 常盤ロータリータワー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/46951735

この記事へのトラックバック一覧です: 「物は言いよう」:

« 「無責任の構造 モラル・ハザードへの知的戦略」 | トップページ | 常盤ロータリータワー »