« 「日本の国宝、最初はこんな色だった」 | トップページ | 「崖の館」 »

2010/01/10

「弁護士 高見沢響子 10」(09年10月19日放映)

市原悦子さんが、硬派の弁護士役を演じる2ドラtv。弁護活動のための調査searchをしていく段階で思わぬ人間関係があぶり出されて、人生の機微をも描いてく重厚なシリーズで、わたくし、北大路欣也さん主演の「事件」シリーズと並んで(こっちはもっと社会派だけど)、“硬派弁護士シリーズ”として激賞goodするものでございます。


んが、今作はハナシの早い段階でなんとなく先が読めちゃったのでちょいと点数低しdown。ゲストが多岐川裕美さんで、もともとあまりウマい役者さんじゃないうえにweep、今回はちょっとアバズレた役だったもんだから全く“ニン”じゃなかったのよね~ng。黒い着物姿で迫力のある銀座の小料理屋の女将時代なら、黙ってりゃあのメヂカラeyeでイイカンジなんだけど、しゃべっちゃうともう×bearing。なんか、いいとこの奥様がムリしてワルぶってる風になっちゃってすごくウソくさいgawk。ミスキャストだったわね~sweat02


市原さんは、さすが名女優さん、例の「家政婦は見た」シリーズとはまた全然違った役作りで、こっちの市原さんもわたくし好きheart04。シリーズを重ねるごとに、助手役のあめくみちこさんとのコンビネーションも熟練の域sign01今回も笑わせていただきましたhappy01。あめくみちこさんの“ひさまつ”、サイコーhappy02sign01早く司法試験に合格されることをお祈りしてますーsmile

|

« 「日本の国宝、最初はこんな色だった」 | トップページ | 「崖の館」 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47258260

この記事へのトラックバック一覧です: 「弁護士 高見沢響子 10」(09年10月19日放映):

« 「日本の国宝、最初はこんな色だった」 | トップページ | 「崖の館」 »