« 今日の旭川駅前 | トップページ | 札幌交響楽団 第525回 定期演奏会 »

2010/01/28

「フランスの風 ~プーランクの室内楽を中心に~」

Img051 Kitaraの小ホールに“フランスの風”、びゅーびゅー吹いてましたよーッsign01(あ、イメージ的にはびゅーびゅーぢゃないわね。sweat02)ってか、風どころかプログラム最後のプーランク「ピアノと木管五重奏のための六重奏曲」のラストには、壮大な“宇宙”まで感じちゃいましたよconfident。マジでnight


20100127171812 Kitaraアーティスト・サポートプログラムの一環として昨日開催された、木管五重奏団ウィンドアンサンブル・ポロゴの演奏会notes。わたくし、これまで2回拝聴させていただいてきましたが、今回はピアノも加わってさらに世界観が広がってましたね~fuji。メンバー交代の最後の一区切りとしての公演だったこともあって、それぞれのソロ演奏あり、アンサンブルありの盛りだくさんプログラムで、飽きるどころかとってもオモシロかったです~happy02


今回は、普段ソロであんまり聴く機会がなかったホルンの多彩な音色shineにビックリsign01でもすんごくムズカシそうなのweep。そんな楽器に挑戦する演奏家さんは、それだけでわたくし、尊敬しちゃいますデスbell。オケの中ではハーモニーに厚みを与えるすごく重要かつオイシイ役回りのホルン、プーランクの六重奏曲でも、フルートやオーボエが一生懸命sweat01メロディーを奏でても、ホルンが登場したとたん、その場をガガーッwaveてサラッてくみたいなオイシさdeliciousrestaurant。いいなぁ~catface


そしてアンサンブルも、これまで以上に意欲的なrock取り組み姿勢が伝わってきました。わたくしクラシックは初心者に近いので、曲目もそれほど知らないんだけど、ポロゴちゃんのお陰で「へー、こんなオモシロい曲があるんだーッflair」とか「ステキな曲ぅ~heart02。ウットリ~lovely」とか、クラシックの奥深さを毎回発見eyeさせていただいてるんです。特に木管アンサンブルなんて全然聴いたことがなかったんだけど、ホントーに面白いのgood。それぞれ全然違った特徴を持つ単体の楽器が合わさると、こーも奥深く幅広くなるもんかと耳earからウロコ(なんかちょっとキモチワルいケドcoldsweats01)。ぜひとも、このオモシロさをこれからもドシドシ広めて行っていただきたいですーbud


わたくし、一般的な音楽cd好きなので、若い頃は洋楽ロックにハマり(ブリティッシュ・インベイジョンなんて、ナツカシーcoldsweats02)、学生時代は邦楽で三味線を弾き、ジャズもワールドミュージックも、最近はJ-POPもちょっと聴くんだけど、いい年コイてきた今、ものすごーくクラシックがオモシロくなってきたのhappy02。やっぱダテに1500年以上も生き残ってるわけじゃないってのが、なんとなくわかってきたのね。もう、あまりに奥深すぎtyphoon。そんな時にこのポロゴちゃん。またひとつ、発見ッsign03なわけです。


ところで、フランスの近代音楽って、洒脱さも軽妙さもちょっとナナメってるとことか、「ケツのアオいガキにゃわかんねぇよ、フフンdash」、って言われてる気がして正直近づき難かったんだけど、思いっきりロマンチックheart01な部分もあったり、でもちょっとハズすあたり、「やっぱオトナだ~。フランスのオトナのオンナだ~winekissmark。」と思ってみたり。でも前の方に座ってたちっちゃいお客様が、フランセの四重奏曲の最後、軽快なリズムnoteに合わせて頭を左右にフリフリribbonしてるのを見て、「これが基本だわッsign01」って確信smile


あ、あと、今回の演奏会のコンセプトを伝えるプログラムmemo、限られた紙幅の中でとてもウマく作られてましたね~sun。こういうのもめっちゃナイスですdiamond

|

« 今日の旭川駅前 | トップページ | 札幌交響楽団 第525回 定期演奏会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私もホルンの音が大好きです。
実は私の高校生の息子が部活の吹奏楽でホルンをやってます(私が薦めたのではなく、吹奏楽を始めたのもホルンになったのも偶然です)。けど……一度自宅で吹かれたことがあったのですが、気が狂いそうなくらいうるさかったです。あんなに柔らかな音がでるのに、あれは家で吹ける楽器じゃないですね。

投稿: MUUSAN | 2010/01/30 09時05分

MUUSANさま、こんばんはhappy01
そうですか〜。息子さんホルン奏者なんですね。カッコイイ〜heart02。「気が狂いそうに」なったって…、爆笑しちゃいましたhappy02sign01でも、フルートですら家で練習するのは気が退けますが、金管やってらっしゃる方は練習場所にご苦労されるでしょうねぇ。お察しします〜weep

投稿: かまど姫 | 2010/01/30 23時30分

 こんばんは〜snow
 小学生の時にホルン、吹いてました。
 そりゃもう、とても難しかったですsweat01
 音が出るまで苦労しましたねsweat02
 小学4年生でしたが、あまりの下手さによっこらよっこら
 自宅に持ち帰り練習しましたが、小学生でも遠慮しぃしぃ吹いてましたcoldsweats02

 そしてオケでなくても素晴らしい世界が広がってるとは…!
 これからは小ホールも要チェックですね!

投稿: ぴーこ | 2010/02/01 19時53分

えええええーッsign01
ぴーこさんッ、小学生でホルンですかーッsign01
スゴすぎですッsign03
今はやってらっしゃらないんですか?(って、もうムリですか…coldsweats01?)

はい、ポロゴさんは、私のフルートの先生がメンバーのひとりとして活動していらっしゃった縁で聴きに行くようになりましたhappy01。先生は今回の公演で卒業されたのですが、女性だけのプロの管楽器アンサンブルは北海道では珍しいと思うので、ぜひこの活動が成功して、その面白さを広めて行っていただきたいと思っていますsun。メンバーみなさんのすごく一生懸命な姿に感動しますよtulip。アウトリーチ活動で道内いろんなところに行かれているので、ぴーこさんのお住まいのところでも聴けるかも知れませんねnote

投稿: かまど姫 | 2010/02/01 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47415757

この記事へのトラックバック一覧です: 「フランスの風 ~プーランクの室内楽を中心に~」:

« 今日の旭川駅前 | トップページ | 札幌交響楽団 第525回 定期演奏会 »