« 「崖の館」 | トップページ | バスの仕切り板 »

2010/01/16

「フルートの宴~工藤重典氏を招いて~」

Img0562 やっぱ“世界の”工藤先生、スゴすぎーッimpactsign03何度聴いてもコーフンするぅーッsign01ずぅーっと聴いていたいーッsign03…ハァハァdash


昨日、旭川市大雪クリスタルホール音楽堂で行われた、旭川在住の南加奈子先生と、師匠にあたる工藤重典先生とのデュオ・コンサート、こんな世界一流のアーティストshineが旭川に来てくれるなんて、南先生のお陰ですぅー。ありがとうございますぅーhappy02。ポスターの写真を見て「武田○矢に似てるよね。」などとこの上ない不敬発言annoyをしてたOセンパイも、終演時にはすっかり我らが工藤先生に魅了されておりましたtulip。フッフッフshine、そうでしょう、そうでしょうsmile


ほぼ1年ぶりに拝聴した工藤先生の生演奏、なんだかますますこの世の人とは思えないくらいの高みへ行っちゃってましたfuji。技術は今さら言うまでもないですが、音色の深みや渋みも更に深化してた気がする。「カルメン幻想曲」は、これまでも何回かほかの演奏家のものを聴いたことがあるけど、やっぱり抜群にスバラしかったですーdiamond。めまぐるしく変化する音色と、超絶技巧のなかでもコントロールの効いた節回し、そして観客を熱狂させるオーラtyphoon。この、観客のココロをワシヅカミにする力spadeって、きっと天性のものなんだろうなぁと思う。役者なんかもそうだけど、「華があるflair」かどうかって舞台に出た瞬間にわかっちゃうのよね~think


一方南先生は、かなり緊張されているようにお見受けしましたがcoldsweats01、ソロは一音一音を大切にした丁寧な演奏で、曲の感情がよく伝わってくるいい演奏だったと思います(って、エラそーにスイマセンsweat01)。曲もステキだったし~heart04。師弟共演は、お互いの信頼感clubが現れたアイコンタクトで、ぴったし息も合ってましたね。全体的なプログラムも良かったしgood。わたくし、フルート2本で「鳥がグルグルさえずるnotes」みたいなのが、なぜかすっごくスキなんですよねー。ヘンcoldsweats01?昨日はほんとにそれが満喫できた夜デシタnight。ドップラーのデュオっていいなぁ~catface


工藤先生は、その偉大な演奏shineとめちゃめちゃ落差updownのあるあまりに北海道人らしいざっくばらんなMCsmileがまた魅力なんですよねーsun。昨日はもうちょっとおしゃべりして欲しかったなー。2月の札響との定演、わたくし工藤先生のナマ・コンチェルトは初めてなので、ますます楽しみになりましたnote


まぁ、それにしても、こんな世界の一流アーティストがせっかく来旭してるのに観客が少なすぎるよなぁ~bearing。ほんとうにもったいないと思うweep。超一流のものって、門外漢のヒトにもゼッタイ瞬時にそのスゴさimpactがわかると思うのよね、感覚的に。人間にはそういう超一流の感動体験って必要だと思うけどなぁ~think。音楽好きな旭川市民なら、こういう機会は逃すべきじゃないわよねban

|

« 「崖の館」 | トップページ | バスの仕切り板 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。2月の札響定期での協演が楽しみですね!

投稿: MUUSAN | 2010/01/17 09時25分

MUUSANさま、こんにちは~happy01

はいッ。楽しみですーhappy02。ぜひMUUSAN様のご感想を聞かせていただきたいですear

工藤さんはステージに大股でノシノシ登場するdashお姿からスキなんですーlovely。カッコイイーッsign03
もう完全ミーハーですcoldsweats01

投稿: かまど姫 | 2010/01/17 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47310570

この記事へのトラックバック一覧です: 「フルートの宴~工藤重典氏を招いて~」:

« 「崖の館」 | トップページ | バスの仕切り板 »