« 「排出権商人」 | トップページ | 「弁護側の証人」 »

2010/02/27

札幌交響楽団 第526回 定期演奏会

Img058 いやいや~、我らが札響正指揮者高関さん、スゴいですぅ~impact。ショスタコの8番、高関さんが振るとなんでこんなにカッコよくlovelyなっちゃうんでしょーhappy02


ショスタコーヴィチ「交響曲第8番ハ短調」、今回も「おわーッsign01ゴジラが出てきたーッsign01モスラも出てきたーッsign01キングギドラも出てきたーッsign03」ってカンジで(ホントはもっと深刻なんだけど。ま、第2次世界大戦中に作曲されたものだから、あながち完全な間違いでもない、カナ?)、もう楽しくなってきちゃうhappy02(←ってゆーのもホントは違うと思うケド)。ショスタコ特有の、反復するリズムと旋律、打楽器の強打&全楽器の強奏thunderを破綻することなく、そして澄んだ弦の弱奏も緊張感を途切れさせることなくガッシリ把握rockしてオケを鳴らすってことは、高関さんの曲の解釈が揺るぎないものだってことですよね。高関さんのカッコよさって、この揺るぎない解釈をベースにして自信にあふれたキッパリした音作りnoteをしてるからなんだろうなぁって思うconfident。で、管のソロ、オーボエ副主席の宮城さん(長ぁーい独奏が終わった時、大ぉーきな息を吐いてました~。ふぅ~dash、お疲れサマですぅ~happy01。)、フルート副主席の高橋さんのピッコロ、弦のソロ、チェロ主席の石川さん、コンマス伊藤さん、も~みなさん、チョー美音shineでココロが洗濯されました~。ザブザブ~wave


そして1曲目のモーツァルト「フルート協奏曲第1番ト長調」。ソリストは札幌が生んだ世界のフルーティスト、工藤重典さんshine。もう安心して聴いていられます。まるでDNAの螺旋構造のようにピットリ絡む札響との軽やかな演奏で、音色の変化や旋律の歌わせ方などは、本当に勉強になりましたthink。って、わたくしにゃ出来ないけどサsweat01。実は、この第1楽章だけ一度さらったことがありまして、今日はひたすら、はぁ~っとタメイキばかりなりwobbly。特に第2楽章のアダージョは、普段CDなんかを聴いてても、ましてや自分で吹いてみたりしてもなんだかノッペリgawkしたカンジがして我ながらガッカリdownしたりなんかしてたけど、工藤さんの、このやさし~ぃcuteベルベットみたいな肌触りheart02には、じゎゎ~んweepと来ちゃいました。いいなぁ~sun。シミジミ~confident


さて、「闘う札響コントラバス軍団」、今日は休憩時間になんと全員登場ッcoldsweats02sign01まだ本番じゃないケドsign02ショスタコで長いソロを吹くオーボエの宮城さんも本番直前までおさらい。オリンピック選手じゃないけど、最後までベストを尽くそうとする姿勢shineにはほんと、頭が下がりますfuji

|

« 「排出権商人」 | トップページ | 「弁護側の証人」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
安心して聴けるモーツァルトでしたね。工藤さんのFlはのびやかで、愛らしかったです。第一人者というのがうなずけます。
ショスタコは見事でした!細かなことは別として、この作品がもつ本当の意味が表現されていたと思います。感動しました。

投稿: MUUSAN | 2010/02/28 12時38分

MUUSANさま、こんにちは~sun

そうですよね~sign01工藤さん、リッパなオジサンなのに“愛らしいcute”ですよね~。特に私、2階席なので頭頂部がますますサビしくなってるのを発見してeyethunderガクゼンとしつつ、「あぁ~、アマデウスぅ~heart04。」とため息ついてました。

ショスタコ、こんな曲がナマで聴けるのはまさに定期演奏会ならでは、だと思いますconfident。高関さんにはぜひぜひこの路線でガンガンimpact行っていただきたいですよね。

投稿: かまど姫 | 2010/02/28 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47680861

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第526回 定期演奏会:

» 札響第526回定期演奏会(A日程)を聴いて [読後充実度 84ppm のお話]
 昨日、2月26日、19:00~。 札幌コンサートホールKitara。 指揮は札 [続きを読む]

受信: 2010/02/28 06時24分

« 「排出権商人」 | トップページ | 「弁護側の証人」 »