« 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 | トップページ | 旭川冬まつり2010 »

2010/02/06

「聖女の救済」

東野圭吾氏のガリレオシリーズ長編book。ハッキシ言って期待ハズレdown


「理論的には考えられても、現実的にはありえない」トリック。なんだか、このトリックが湯川センセによって説明されてく途中で、わたくしどーしても、あのトンデモミステリー「六枚のとんかつ」(蘇部健一著)が脳裏を浮遊して仕方なかったのよね~coldsweats01。ま、トーゼンあれよりはもっと雰囲気があって知的で高級感は漂ってるケド(わたくし、「六とん」も結構スキですがsmile)。


タイトルロール“聖女”真柴綾音が、相当にアタマのいい女性だっつー設定だから、クライマックスで湯川センセと一対一のものすごい心理戦impactでも繰り広げられるのかと思ってたら、それもナシ。ま、よく考えたらもともと湯川センセは人間とはあんまり接触しないヒトだもんねwobbly。だとすれば、驚天動地のトリックを完遂する犯人の人間性をもっと描き込んでpencilほしかったなぁ。それがこの作品の最大の見せ場だと思ったんだけど、“聖女”の意味合いがすごくあいまいなうちに終わっちゃったのよねぇgawk


でも、ドラマから逆輸入された内海薫刑事はイイわ~good。冷静なアタマの切れ具合といい、勘の良さといい、小気味イイナイスキャラですhappy02

|

« 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 | トップページ | 旭川冬まつり2010 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47493854

この記事へのトラックバック一覧です: 「聖女の救済」:

« 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」 | トップページ | 旭川冬まつり2010 »