« 木管五重奏団うさぎ | トップページ | 「聖女の救済」 »

2010/02/04

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」

あー、劇場で観といて良かった~happy02。先月旭川ではアンコール上映movieされてました。勧めてくださったみなさま、ありがとうございます~heart02


わたくし、1980年代半ば頃は、夢中になって「ベストヒットU.S.A」やら「MTV」を観てたのtv。なので「BAD」やら「スリラー」やらのプロモビデオはもう100回くらい観てたと思うのよねぇ~coldsweats01。当時はMJがものすごい好きってわけでもなかったし、訃報に接した時もわたくし的にはもう完全に過去のヒトって感じだったのに、このフィルムを観てたらなんか最後、泣けてきちゃったweep


ところどころにツアーのスタッフ(衣装さんとか)、ダンサー、プレイヤーのコメントが挟まれてるんだけど、みんな「MJのためにsign01」っていう気概とLOVEheart01で仕事に向き合ってたのに、MJの死によって彼らの夢も未完に終わってしまったことを想うとまたナミダ…crying。お仕事させてあげたかった。わたくしも彼らの仕事が見たかった…。


50歳になったらしいMJだけど、なんか全然カッコイーじゃーんっsign01確かに身体のキレは全盛期に比べれば確実に落ちてるしdown、ま、リハーサルだから緩めだけどspa、「MJテイスト」は全く変わってなかったconfident。しかもただのシャツにジーンズdenim姿なんかイロケkissmarkすら漂ってたわよーcatface。全く、ちょっと力の抜けた「ビリージーン」にはシビレたわ~lovely。ステージ下にいたダンサーさんたちとわたくしも一緒catface。MJ教信者coldsweats01


ツアー用に用意された「スリラー」のミュージックビデオのリメイク版は、技術の進歩によってメイクrougeも特撮movieも緻密になって(「ホーンテッド・マンション」みたいだったけど)より楽しめるshock仕掛けになってるんだけど、その後につながってくステージの振り付けは当時のオリジナルと全くおんなじだから、もう懐かしくてウレシくてまたもやじ~ん…weep。リハの中でもMJは何度も「オリジナルを大切に」って言っていて、やっぱファンの気持ちをよくわかってるなぁ~ってまたまたウルウル…weep


でもMJにまとわりつくこの哀しさは何だろう…?スターなのに怖いほどの孤独の影shadow。フィルムに登場する周囲の人間みんなから大切にされ愛されていても(その想いはヒシヒシthunderと感じるのよ)、なんだか違う世界にひとりで佇んでるカンジ。彼がもうこの世にいないってことだけじゃなくて、その存在自体がなんだかとても哀しい。フラジャイルなガラスみたいで。ステージで使われる映像に何度もガラスが割れるimpactイメージが出てくるんだけど、まるでMJ自身のよう…。


もち、アマゾン数量限定ブルーレイ・ディスクcd、ゲットしましたぁーっsign01ちょースバラシいshineバックダンサーさんたちも1人ずつチェックしなきゃなんないしーっsign03このフィルムを観てからおもむろに、昔死ぬほど聴いた「スリラー」のCDcdを引っ張り出してネバーエンディングで聴いてる今日この頃のわたくしデシタnote

|

« 木管五重奏団うさぎ | トップページ | 「聖女の救済」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47478850

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」:

« 木管五重奏団うさぎ | トップページ | 「聖女の救済」 »