« 「シャーロック・ホームズ」 | トップページ | 安永徹・市野あゆみ&Friends ピアノと弦楽器による室内楽 vol.1 »

2010/03/20

札幌交響楽団 第527回 定期演奏会

Img059 今期のフィナーレを飾る札響の定期演奏会note


1曲目は三善晃「交響三章」。ニガテsweat01な現代音楽だったけど、意外と面白かったかもwink。それぞれの楽器の特性を生かした楽曲作りがスゴいなぁ~coldsweats02ってのがわかったからかナ?全く初めて聴いた曲だったにもかかわらず、ところどころ「なんか聴いたことあるカンジ?」ってのがあったんだけど、休憩の前に入った尾高さんのMCkaraoke(こんなの初めて~。いつも期末にはやってるのかしらん?)で、合点がいきましたflair。現代日本の作曲家に多大な影響を与えた楽曲だそうで。どーりでrecycle


それにしても、現代音楽ってどう聴きゃいいのかさっぱりわかんないワwobbly。演奏する方も相当タイヘンそうで必死感バリバリsweat01sweat01。岩崎さんがあんな鬼の形相で譜めくりしてるの初めて見た~smile。ってくらいオケのみなさん熱演angryなのに、シビれるような最後のピアニシモの中、地鳴りのように響いてきたイビキannoy。ったくどーしたらこんなシチュエーションで寝れるかねぇgawk?隣のヒトもこーゆー場合は「ケリッfootsign01」もアリだと思います。わたくしだったら思いっきりヤってるわねimpact


2曲目はラフマニノフ「交響曲第2番ホ短調」。稀代のメロディーメーカーnotesのチョーロマンティックheart01な楽曲。特に第3楽章のアダージョは有名よね~bell。今日の演奏は、ノーブルな薫り漂う上品なカンジcute。でもそのアダージョはゆったりたっぷり謳い上げてましたねーfuji。木管が美しくてdiamondshine。なんか最近わたくし、オーボエの宮城さんの音がツボonになってるらしく、今日も宮城さんの音(あれはイングリッシュホルンでしょーか。ちょっと長めの)に、泣きそうになっちゃた~weep。別にあの、ハンガーにぶら下がって風になびいてるみたいな演奏姿勢にハマってるわけじゃないのよ~catface


ところで今日ふと気づいたんだけど、札響の弦パートって女性が多くなったわねーribbon。しかも若くて美しいヒト多しhappy01


そんな中、男子が頑張ってる「闘うコントラバス軍団punch」、今日も助川さん、カッコ良かったわーッlovelysign011曲目、隣の斎藤さんがめくった楽譜のページを例によって弓でステキshineに押さえた後、そのページの別の箇所へスッと弓の先を動かすと、隣の斎藤さんが、ウムとうなずきました。要注意フレーズの再確認searchだったのでしょうか。コミュニケーションが緻密だワ、ステキ…heart04、などと妄想を膨らませてたわたくしcatface。…だって曲の方、よくわかんなかったんだもーんbleah


何はともあれ、今期わたくし皆勤賞crown。札響メンバーのみなさんもお疲れ様でした~chick。また来シーズンも楽しみにしてます~scissors

|

« 「シャーロック・ホームズ」 | トップページ | 安永徹・市野あゆみ&Friends ピアノと弦楽器による室内楽 vol.1 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
今回の定期、私は行けなかったんですが、高校生の息子が行って「1曲目は間違ってんだか、そういう曲なのか区別がつきにくかった」と言っておりました。
2曲目は「良かった」という感想でした。

最近指揮者がトークをするというのが、ある種のブームのようになっています。別に目くじらを立てることじゃないのかも知れませんが、コンサートであってトークショーじゃないんだから、これが当たり前のようにならないといいなぁと思っています。あくまでも演奏で勝負してほしい。そう感じてしまいます。

イビキはほんとうにまいります。
先月のフルート・コンチェルトのときに、私もひじょうに不愉快な思いをしました。

投稿: MUUSAN | 2010/03/23 07時00分

MUUSANさま、こんにちは~happy01

ほんとに、現代曲はよくわかりませんcoldsweats02。今回の曲はそれでもまだ緻密なアンサンブルが“面白い”とは感じましたが。なかには聴いていて不愉快にすらなるものもありますよね。「芸術」だからそれでもいいんでしょうが…despair

個人的には、小さなリサイタルなんかで演奏者が曲の解説karaokeをしてくれたりするのは勉強にもなりますしウレシイと思うのですが、やはりオーケストラではちょっと違和感ありますね。演奏で勝負しろ、というのは全くその通りだと思いますthink

先日、許光俊さんの「クラシックを聴け!」という本を読んでいましたら、本当のクラシック音楽とは作曲家が神に代わって世界の真理を記述しようとしたものだ、という定義を読んだ時、ものすごく納得するものがありました(この本自体は、ちょっとハッタリっぽいところがあって気に入りませんでしたがbleah)。そんな場でやっぱイビキは不遜ですよね~pout

投稿: かまど姫 | 2010/03/23 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/47862458

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第527回 定期演奏会:

« 「シャーロック・ホームズ」 | トップページ | 安永徹・市野あゆみ&Friends ピアノと弦楽器による室内楽 vol.1 »