« 「法医学教室の事件ファイル」(10年1月9日放映) | トップページ | 「テルマエ・ロマエ Ⅰ」 »

2010/04/06

「炎の警備隊長・五十嵐杜夫 8」(10年1月16日放映)

小林稔侍さんが警備会社の隊長を演じる2ドラtv。サブタイトル「天下り官僚連続殺人!幼子の命を奪った13年前の欺瞞!突かれた個人警備の思わぬ盲点とは!?」これまたビミョーな内容…。


いや~、山下真司さん、よかったワ~shine。主役の小林さんをカンペキ食ってたrestaurant。うまい汁を吸い続けたあげく関連特殊法人に天下った元官僚の役。若い頃は国家公務員として高い理想があったんだけど、腐った役人根性を叩き込まれ、担当する公害問題では企業側を利する、意に沿わぬ調査報告をさせられ、精神の安定を欠く複雑な内面をうまく表現してたワbell。弱さを隠すための高圧的で傲慢な態度とそれが崩れたときの取り乱しようdown。涙を流しながら五十嵐隊長(小林さん)に訴える芝居は、トシを重ねたベテラン役者の深みが感じられましたdiamond。「農家の嫁は弁護士!」シリーズの、山形弁を駆使した農家のダンナさん役もラブリーcherryで、わたくしチョー大好きheart04なんだけど、ドシリアスな今回もすっごく良かったわ~fuji。底力のある役者さんですねgood


だけど、脚本は残念ながらチープなんだなぁ~ng。登場人物があまりにプロトタイプまんまで。公害問題にからむ復讐shadowがメインなんだけど、そのターゲットflagである元官僚や企業の役員が揃いも揃って好色エロじじいkissmarkで、揃いも揃って同じソバ屋のバイトの女のコribbonにウツツを抜かすって、ありえないじゃんgawk。…あるのかcoldsweats02?それと、もひとつうーむ…なのは、島津(山下さん)がもし余命半年じゃなかったら、あるいは公害問題の関係者が連続殺人に遭わなければ、果たしてあそこまでやっただろうか?ってことねthink


このシリーズ、初期はダメダメ警備員だった黒崎(小泉孝太郎くん)をタタキ上げるimpact五十嵐隊長の人間味と黒崎のヘタレ加減が面白かったのに、黒崎もすっかりイイコちゃんchickになっちゃってツマンナくなっちゃったweep


これって、これからはゲストの芸shineに酔いしれるシリーズになるってことなのかしら~wobbly

|

« 「法医学教室の事件ファイル」(10年1月9日放映) | トップページ | 「テルマエ・ロマエ Ⅰ」 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48016313

この記事へのトラックバック一覧です: 「炎の警備隊長・五十嵐杜夫 8」(10年1月16日放映):

« 「法医学教室の事件ファイル」(10年1月9日放映) | トップページ | 「テルマエ・ロマエ Ⅰ」 »