« 「血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル」(10年1月25日放映) | トップページ | 「田村はまだか」 »

2010/04/30

「山峡の章」(10年1月29日放映)

松本清張ドラマスペシャルtv。松本清張原作bookもののドラマ化って、なんかほとんどおんなじパターンなんだわね~despair。『新婚早々の夫が出張して女と心中するか、行方不明になるかする。妻は自分の知らない夫がいたことにショックを受けるが、真相を求めて疑惑の場所へ敢然と立ち向かうdash。』構図はこないだの「中央流沙」とほとんど同一。


やっぱ主演の菊川怜さん、モッサリした学芸会ちっくなしゃべりで、全体がそのトーンmist。リズム感もスリル感も緊張感も皆無empty。あのボタッとした上唇kissmarkがすべてってカンジ。配役的には、"悪女”星野真里さんが惜しかったthink。星野さんの場合悪女イメージが強いので、今回はわざと視聴者をミスリードする役割も担ってたんじゃないかと思うんだけど、だとすれば今までと全然違うレベルのトーンで芝居しないと、ホントに狙ったflag効果が出てこないと思うのよねー。あれじゃ「明るくて天真爛漫な妹sun」にゃ見えないもん。まだ「いかにもなんかタクラんでる風shadow」に見えちゃってたワbearing。黒幕役の勝村政信さんも、あの役づくりでいいのかしら~wobbly?あんまり官僚としてデキそうに見えなくて、悪事を働くアタマもなさそうgawk


なんか松本清張原作作品のわりに、あんまりセンスが良くないドラマだったなぁng

|

« 「血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル」(10年1月25日放映) | トップページ | 「田村はまだか」 »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48227147

この記事へのトラックバック一覧です: 「山峡の章」(10年1月29日放映):

« 「血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル」(10年1月25日放映) | トップページ | 「田村はまだか」 »