« 「タクシードライバーの推理日誌」(10年1月23日放映) | トップページ | 「山峡の章」(10年1月29日放映) »

2010/04/29

「血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル」(10年1月25日放映)

竹下景子さんが警科研の研究員に扮して事件を解決する2ドラtv


原作ものなんだけど、ストーリーは結構単純で新味はナシtyphoon。真犯人もキャストを見た瞬間察知しちゃったし。でも、このドラマの一番のみどころはやっぱ、フツーのオバサンっぽい竹下さんの落ち着いた、めちゃくちゃ説得力ある演技でしょうshine。こんな職場の先輩がいたら、安心してついて行けるってもんですconfident


今回は、警科研が中心となって進めてる「DNA型データベース」がテーマ。個人が一発で特定される究極の個人情報であるDNA型のサンプルをデータベース化して、犯罪解決に結びつけようっていうプロジェクトなんだそうで。で、そのデータベースから特定された人物が、実は無実でした、ってところから事件が始まります。


その無実の罪で獄死しちゃった人物の妻役が国生さゆりさん。今回は”ほんとはイイヒト”の役だったから、ツマンなかった~down。ダメよng。国生さんはまッ黒けnewmoonな役じゃなきゃ、本当の味が出てこないんだからsmile


ヒサビサ田中健さんも、わりとマシな役だったので良かったわ~bleah。娘が誘拐されちゃった時はエゴ丸だしで、「がー、またかーgawk。」ってカンジだったけど、竹下さんの説得力あるオバサンパワーで改心してましたね。ヨシヨシhappy01


キャストのせいか、全体的にまったり落ち着いた作品でございましたclub。たまにはこーゆーのもイイかもねwink

|

« 「タクシードライバーの推理日誌」(10年1月23日放映) | トップページ | 「山峡の章」(10年1月29日放映) »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48219041

この記事へのトラックバック一覧です: 「血痕3 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル」(10年1月25日放映):

« 「タクシードライバーの推理日誌」(10年1月23日放映) | トップページ | 「山峡の章」(10年1月29日放映) »