« 「不思議の国のアリス」 | トップページ | 「弁護士 一之瀬凛子 2」(10年1月18日放映) »

2010/04/21

「百姓貴族 ①」

北海道出身のマンガ家pen、荒川弘さんのコミック・エッセイ。農業に関する本音炸裂で小気味イイッ(日本政府と消費者のノータリンさ加減には自分も含めて反省…)happy02sign01



トボけた味わいの荒川牛くんが爆笑ものimpact。爆笑しながら、北海道の大自然とそれが育む命への敬意があふれてて、いろいろ考えさせられるのよねconfident。荒川さんはすごく楽しそうに(酪)農作業をされてるように見えるけど、そんな簡単じゃないわよねーthink。わたくしなんぞカンペキヘタレだから、とてもじゃないけど農業は出来ない。だからせめて消費活動moneybagでだけでも地元の農家さんを支援upwardrightできるようなことがしたいとは思うんだけど、具体的にどんな活動が“本当に”北海道の農家にとっていいことなのか、わかんないのよねweep。荒川牛さんにはこれからそういったあたりをご教示いただければ、なんて思いますデスpenguin


語り口は某「ゴー○ニズム宣言」に似てるんだけど、違うのは荒川牛くんにはオトナ的余裕のユーモアspaがふんだんに漂ってること。たぶん、実際に酪農家として様々なメに遭ってきたヒトだから醸し出せる雰囲気で、これにはわたくしシロートはただただひれ伏すのみsweat01
同じ北海道に住んでいながら知らなかったこともたくさんcoldsweats02。農業高校のカリキュラムがこんなにシンドかったなんてッsign01地元の農校生を見る目が変わるわーeye


それにしても荒川家の父ちゃん、大ケッサクーッhappy02impactsign03ちょっとへりくだった北海道への愛heart01もジンワカ感じられるところが北海道人のひとりとしてこれまたウレシーのよね~up

|

« 「不思議の国のアリス」 | トップページ | 「弁護士 一之瀬凛子 2」(10年1月18日放映) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ〜。sanatomo=mokaです。
この度、超個人的なブログを開始しました.

姫も読みましたか〜!!私も読みました!
もともと「鋼の錬金術師」を愛読していて、
先輩から借りて本書を読んだのですが最高でした。
ぜひ都会の人に読んでほしい北海道の農業の現実が
ところどころ表現されていますよね〜。
農家さんの流通に農薬うんぬんは結構マジですし…。
これからも楽しみな1冊です!

投稿: moka | 2010/04/24 18時07分

mokaさ~ん、ブログ始められたんですね~happy01。早速拝見しましたsign01まったりしたカンジがイイですね~。マッタリ、マッタリspa

「ハガレン」はなんとなーく気になってるんですが、長そうで、とっかかるにはちょっと覚悟がいるかしらと思ってまずはこっちから行ってみました。うん、うん、続きが楽しみですよねgood

投稿: かまど姫 | 2010/04/24 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48147411

この記事へのトラックバック一覧です: 「百姓貴族 ①」:

« 「不思議の国のアリス」 | トップページ | 「弁護士 一之瀬凛子 2」(10年1月18日放映) »