« 札幌交響楽団 第528回 定期演奏会 | トップページ | 「百姓貴族 ①」 »

2010/04/19

「不思議の国のアリス」

角川文庫版平成22年2月25日初版、河合祥一郎氏の新訳book。すっごーくセンスのいい訳goodで、ぐふぐふ笑わせていただきました~happy01


「不思議の国のアリス」の翻訳ものは、大昔コドモ用のものを読んだことがあるきりで、あとはディズニーのアニメでお茶japaneseteaを濁してたけど、今回改めて新訳ものnewを読んでみました。河合さん、「お笑い」のセンスナイスshinesign01原書も読んだことはあるけど、ネイティヴじゃないと味わい切れない文化的背景ってもんがやっぱあるわけで、そこんとこもたぶん巧みに移し変えてるんじゃないかなconfident


ナンセンスな会話の応酬や地の文もすっとぼけた今風のテイストbell。日本語の単語が持つニュアンスを熟知した訳出で、コドモよりオトナが読むとより味わい深く楽しめるものになってるの。たぶんオリジナルもそうなんでしょうね~。わたくし程度の英語力じゃ、表面の字面を追うだけのコドモ読みだからムリ…crying


今回特にお気に入りheart04になったキャラは「ヤマネ」と「王様crown」。イイ味出してマスcatface

|

« 札幌交響楽団 第528回 定期演奏会 | トップページ | 「百姓貴族 ①」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48131484

この記事へのトラックバック一覧です: 「不思議の国のアリス」:

« 札幌交響楽団 第528回 定期演奏会 | トップページ | 「百姓貴族 ①」 »