« 「ガラスの仮面 第24巻」(文庫版) | トップページ | 「NINE」 »

2010/04/12

吉田兄弟

いやー、津軽三味線、カッコいいーッimpact、おもしろーいっsign01


昨日、旭川市民文化会館で行われた「吉田兄弟 10周年記念公演 三味線だけの世界」。どことなく老人ホームhouseの慰問的な雰囲気が漂う会場smile、ほとんど満員のお客さんが見守るなか、2挺の津軽三味線だけのライブnote。シンプルなステージだったけど、すんごく楽しめましたーhappy02


わたくしも、種類は違う(地唄)けど三味線弾きなので、彼らのスゴさはよくわかります。ま、プロだからあたりまえなんだけどsmile、左手の指の動きや右手のバチさばきから、どんなにリズムが速くなってもゼッタイにはずさない音程、しかもあんな激しく弾いたら弦だって伸びるだろうに、2挺の音が少しの狂いもなく合ってるのよねー。スゲーcoldsweats02


面白いのは、兄弟だけど音色がはっきり違うことnotes。それととにかく技術が確かdiamond。特ににいちゃんgood。「本物」だわshine。MCで、民謡を勉強したと言ってたけど、その成果がはっきり出てる。にいちゃんの音は懐の深いオトナの音。正統派dramaね。「津軽じょんがら節」のソロパートでは、津軽のキビしい冬の情景snowがハッキリ目に浮かぶくらい津軽三味線の本質をがっちり掴んでrockます。わたくし、感動いたしましたlovely。一方おとーとくんはやんちゃで威勢のいい音wave。ジャズを指向してるカンジかな?もともと津軽三味線は即興的な部分が大きいので、ジャズとは相性がいいのねheart01。だからおとーとくんのソロの曲は、セッション用のものだと思うので、本来の魅力が全開してないようで、ちょっと残念weep


2人のこの違いは現在のソロ活動のやり方にも現れてるようです。にいちゃんは小学校schoolへ教えに。おとーとくんは、ジャンルクロスオーバーで新しい津軽三味線の世界を切り拓こうとしてる。最近は地元北海道のための活動も開始したらしい。ふたりともまだ若人なのになんと志の高いことかfuji。またまたカンドーッcryingsign01



ただステージングについては、ちょいと苦言をばdown。背景に障子を模したスクリーンが5枚たらしてあり、そこに映像movieが映るんだけど、曲によっては目障りなのよね~thunder。演奏に集中したいのに、邪魔なのangry。それと、やっぱり電子的に増幅された三味線の音は違和感がある。ホールツアーじゃ仕方ないけどweep。邦楽の楽器はやっぱナマで聴きたい~ear。最後にマイクなしで1曲やってくれたけど、やっぱ1,500人キャパの会場ではムリだったわねng。ほんとは、以前行った青森の民謡酒場bottleみたいなとこで聴くのがいいと思うんだけど。吉田兄弟も、おじぃちゃんになって大容量キャパに飽きたら、そういうとこでやってほしいなぁ~catface


ちょーカッコいい津軽三味線の魅力と可能性を感じさせてくれた吉田兄弟のステージ。にいちゃんの、にかーッhappy01sunsign01って笑顔もサイコーよかったーッheart04sign03

|

« 「ガラスの仮面 第24巻」(文庫版) | トップページ | 「NINE」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48068989

この記事へのトラックバック一覧です: 吉田兄弟:

« 「ガラスの仮面 第24巻」(文庫版) | トップページ | 「NINE」 »