« 「バスティーユの陥落」 | トップページ | 「弥勒」 »

2010/05/15

札幌交響楽団 第529回 定期演奏会

Img061 今日はなんだかとっても幸せな気持ちになっちゃった~heart02。これもひとえに庄司紗矢香さんのオカゲですぅ~shine


モーツァルト『ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調「トルコ風」』。初めてナマのお姿を拝見した庄司さんの第一印象は、”コガラなのね~cute”だったの。でもその演奏は、見た目と共通するところがあって、大音量じゃないけどプラチナshineみたいに芯のしっかりした引き締まった精神性diamondを感じさせるものでした。穏やかに深く思索した結果の音楽って感じがするのconfident。曲が始まったとたんすぐに音楽に没入する様子は天性のものも感じさせるしflair、演奏姿もカッコいいしgood、楽章の間にはうれしそうな笑顔happy01も見えて「楽しそうだなぁ~」heart04って。モーツァルトって、ヘタするととてつもなくツマンないdown演奏に陥りがちだと思うんだけど、今日は、ほんとにゆるんだところの1コもない、聴くほうも心地よい緊張感で「幸せ感満杯heart01」になるアマデウスだったワ~bell。札響オケメンバーの、庄司さんをやさしーく包み込むみたいなカンジもすっごくハートウォーミングheart01で。アンコールのバッハもよかったしぃ~notes


後半はシューマン『交響曲第3番変ホ長調「ライン」』。先日の安永さんを聴いてから、にわかに気になるclip作曲家になったシューマン。それまでは「シューマン」と聞けば「シューマイの皮で作ったマンジュウ」なるモノtyphoonが真っ先にアタマに浮かんでいたわたくし、進歩したものですscissors。演奏会が始まる前のミニトークkaraokeで高関さんご自身がお話してたけど、難しいシューマンのシンフォニー、ウマくいったんじゃないかなhappy01?特に第1楽章と第5楽章の「いきいきと」は、まさにそんなカンジnoteで、メリハリの効いたフレージングに合わせてメンバーの身体が稲穂のように一斉に左右にナビイてたのは微笑ましかったわchick。まさに熱演sweat01sign01高関さんもいつにもましてダンサブルだったしsmile


1曲目の柴田南雄「シンフォニア」、いやー、もー、全ッ然わかんなかったけどおもしろかったcatface。聴いてる間中、わたくしのアタマん中には、ずーっと白黒の「恐怖映画」movieの映像がグルグル回ってたshock。「ホラー映画」じゃなくて、「恐怖映画」sweat02。フランケンシュタインみたいなフルーい映像。ま、こんな聴きかたear、ゼッタイ間違ってると思うケドcoldsweats01


さて、オーケストラの演奏会においてトークkaraokeなるものは不要だとわたくしは思いますが、指揮者自らのお話ってのも、意外と興味深かったカモwink。大好きな高関さんのナマゴエも聞けたしlovely。想像通り、深みのあるステキなお声デシタ~。フッフッフcatface

|

« 「バスティーユの陥落」 | トップページ | 「弥勒」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
庄司さんの演奏、ほんと、すばらしかったですね。
おっしゃるとおりモーツァルトの曲は演奏によっては退屈極まりないものになりますが、このときの演奏は密度が高くてあっという間の30分でした(私の後方でいびきをかいて寝ていたおデブな兄さんがいましたが、あんたに私の鑑賞を妨げる権利はない、と言いたかったです)。

私もプレトークは不要だと思います。
指揮者が話すのは、評論家よりはやや興味深いですが、ステージで話すことはないと思います。過剰なサービスだと思います。本番に向けて集中したいでしょうし。

投稿: MUUSAN | 2010/05/16 09時38分

あんなスバラしい演奏shineで寝るなんて、まったく信じられないですねッangrysign01いつも思うんですが、あーゆーヒトたちって何しに来てるんでしょう。金払ったからいい、とかいう話ぢゃないですよね。ほんっとにアタマ来ますannoypunchsign03
MUUSANさん、お気の毒でした…weep

それで思い出しましたが、土曜のシューマンの時、第1楽章が終わったとたん、2階の右側の席から退場された女性がいたんですが、それを高関さんが発見eyeしてドアdoorを出るまで、第2楽章に入るのをずーっと待ってたんですよね~。いや~、あんなに指揮者に気にされるなんて、私なら耐えられない~sweat01。退場のタイミングも難しいですね~coldsweats01

投稿: かまど姫 | 2010/05/16 19時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48366923

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第529回 定期演奏会:

» 札響第529回定期演奏会(A日程)を聴いて [読後充実度 84ppm のお話]
 5月14日19:00〜。札幌コンサートホールKitara。 指揮は高関健。   [続きを読む]

受信: 2010/05/16 09時48分

« 「バスティーユの陥落」 | トップページ | 「弥勒」 »