« 「田村はまだか」 | トップページ | 「ゴミは殺しを知っている 8」(10年2月1日放映) »

2010/05/05

「earth」

BBC制作のドキュメンタリー映画movie。とにかくスゴーいッsign01「すげーッimpactsign01」を何回言ったかわかんないくらいcoldsweats01。実家のテレビが大型化したので、早速レンタル~cd


なんか使い古された言葉だけど、まず「驚異の映像」にビックリなのよ~coldsweats02。ハイスピードカメラによる撮影で、その再生がなめらかなスローなもんだから、たとえばよくある草食動物が肉食動物に捕まるシーンも、よけいにドラマ性が増して、命の継続の過酷さが身にしみるってカンジなのthink


地球温暖化の影響の象徴として、全編の最初と最後に北極グマが登場するんだけど、氷がどんどん溶けちゃうせいで冬眠後の狩ができず体力がなくなり、最後の狩にも失敗して傷を負い動けなくなる。あとは死を待つだけ。札幌円山動物園の「白くまツインズ」を「カワイーッheart04sign01」なんてただ愛でてりゃいいなんてワケなかった…ng


この宇宙視線eyeの映像を見てると、理屈抜きで地球の造形のスゴさshine、生存競争の過酷さbomb、生命の根源である水の奇跡waveが感覚的にわかるの。そんな地球を人類だけがブッ壊してていいのかよー、だわよね。人類は、この「奇跡の星」からいつかものすごい報復を受ける気がするdanger。ほんと、人類ってツクヅク器がちっせぇよナーdown


ラスト、北極のコナゴナになった氷が浮かぶ蒼く美しい海を、すい~って泳いでく白くまの姿にわたくし、なんだかウルっときちゃったweep。現在、人類世界では、上海万博eventが開かれてますtyphoon

|

« 「田村はまだか」 | トップページ | 「ゴミは殺しを知っている 8」(10年2月1日放映) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この作品気になっていたのですが、まだ見てませんでした。
たしかにこんなにきれいな星で人間って小さいですよね〜。
なのに争い続けている…。うーん。
昨日ニュースである地域の桜の話をやっていて、昨年は鳥に芽を食べられてしまって花の数が少なかったので、今年は鳥を近づけないようにいろいろ工夫して成功したそうなんです。
でも鳥にしてみたら食料で人間は見るだけなのを考えると、どうなんだろ?みたいな印象を覚えてしまいました。(すごい熱の入り方だったんで…)観光資源なのはわかるんですけどね。
でも私も人間なのでエゴのかたまりなのです。きっと。

投稿: 真霄もか | 2010/05/06 12時23分

そうですよねー。
私もくるまcar、ガンガンimpact乗ってますしcoldsweats01
でもそういうのが最初っからない世界だったら、それはそれでなんとか生活してるんじゃないかとも思うんですけどね。
cherryblossomだって、鳥に食べられるもんだと。

こんだけ環境破壊って叫ばれてても、やっぱり上海万博だし、CO2排出権っておかしな利権dollarまみれだし。結局、宇宙時間で見れば、どっかで人類は地球から排除されちゃうんじゃないかなぁ、なんて遠い目をして思ってみたりしてますbearing

投稿: かまど姫 | 2010/05/06 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48278379

この記事へのトラックバック一覧です: 「earth」:

« 「田村はまだか」 | トップページ | 「ゴミは殺しを知っている 8」(10年2月1日放映) »