« 「メグル」 | トップページ | 「タイムリミット~再捜査刑事・片岡悠介~」(10年3月13日放映) »

2010/06/07

「鉄道警察官 清村公三郎 6」(10年3月10日放映)

小林稔侍さんが鉄道警察官に扮して事件を解決するシリーズtv。若干「まどべさん」シリーズとキャラが似てなくもないかもsmile。お嬢さんの小林千晴さんとセットなのもデジャヴwink。サブタイトル「SLニセコ号 殺意の汽笛」。ちなみにSLニセコ号はちょっとしか出てきませんsad


さて、日本の予算moneybagを握る財政省の課長の席chairに、若くして就いてる残間役が保坂尚希さん。なんか久しぶりに拝見したような気がするけど、あんまり芝居のウマいヒトじゃなかったんだなぁ~down。すごくイイ声だし、エリートくさいカンジは合ってたかも知れないけど、どーにも自然じゃないってゆーか。髪型もヘンだったし、ってコレはカンケーないかbleah。不幸な生い立ちのせいで、他人をどうしても信用できない人間の悲しさを表現しなきゃならない役柄なんだけど、なんかヘンに大げさで見てる方がサメるsnow。2ドラでも、熱演してくれる役者さんはたくさんいるけど、感動を呼ばない演技って、やっぱひとりよがりなのよねーweep。それとも演出が良くないのか?


その残間の実の父親役が津嘉山正種さん。「ジェットストリ~ムairplane」のステキなお声heart04で、ミョーに説得力があるのよね~。俳優として得なものをお持ちですdiamond


で、残間の愛人役で殺されてしまう細川千尋役のひがし由貴さん、最後になってどういうヒトだったかわかる仕掛けになってるんだけど、その役柄をうまく演じてたように思うわgood。相手を思いやる細やかな神経も持ちながら、中央官僚としてキリッshineとしたところもあって、たとえば語尾が流れない話し方とか、細かく役作りした跡が伺えますpass。そんなあたりを汲み取って、フリーライター・江川崎恵(すほうれいこさん)とのカラミももう少し突っ込んで描いてくれると良かったのになぁclub


相変わらず脳天気な清村の奥さん(丘みつ子さん)には、オカシくて癒されます~spa

|

« 「メグル」 | トップページ | 「タイムリミット~再捜査刑事・片岡悠介~」(10年3月13日放映) »

2時間ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/48569632

この記事へのトラックバック一覧です: 「鉄道警察官 清村公三郎 6」(10年3月10日放映):

« 「メグル」 | トップページ | 「タイムリミット~再捜査刑事・片岡悠介~」(10年3月13日放映) »