« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/30

「借りぐらしのアリエッティ」

本日、「かまど姫のシネマカンタービレ」ウェブ更新されました。

こちらから入れます~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

「エロイカより愛をこめて」36巻

青池保子さんのご長寿マンガ最新刊new。「聖ヨハネの帰還 Part2」ですscissors。ジェイムズ君がますます得体の知れない生き物になってキタ~coldsweats02


今回の伯爵の獲物は「デイシス」コレクションshine。洗礼者ヨハネが聖母マリアとともに人類の救済を願う図像のことらしく。携帯用祭壇なんかがバンバン出てきて、相変わらず美しい描き込みがわたくし好みだわーheart04


例によって伯爵一行に、少佐チームがからまる展開なんだけど、今巻は、ハヤリの各国格安航空会社airplaneのプチ情報が提供されたりして、なかなかお役にたちますhappy01。少佐チームの会話が時々「タカトシ」風だったりするのも、雑誌連載当時のトレンドかcoldsweats01


この36巻では、「プネウマ」なるキリスト教正教徒の秘密結社が登場して、どうやら「デイシス」のうちヨハネが定番とは逆の左側に位置する作品を4つ揃えると何かがどうにかなる、らしいtyphoon、っていう展開が期待感を煽るのねup。タノシミ~catface


今回も、いつにもましてボーナム君大活躍dashで、少佐からも「ボーナム よくやったsign01」。正規の部下よりデキるオトコgood


それにしても、みんなちょっと指ムチムチしすぎだわね…pig

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/24

「宮崎駿の「深み」へ」

同志社女子大学教授(児童文化論)、村瀬学氏による宮崎駿アニメ論book。2004年に出版されたものだけど、すんごくわかりやすくて面白いgood、今まで読んだ「宮崎作品論」のなかでも、一番しっくり納得いくものデシタ~sun


主要な宮崎作品を、「腐海」(「風の谷のナウシカ」)のイメージから『有機体的世界観』を表現するものとして読み解く論旨は超エキサイティングsign03アニメーターとして宮崎駿が生み出す造形から掘り下げていく手法も、どっちかってーと絵面artから魅了されたわたくしにとってはヒジョーに興味深かったしbell


児童文化論の専門家として、宮崎アニメを子供が観ることの意義について語る部分も、ナルホドな~flairってカンジ。子供が世界を感知していくときに必要な「物語」というものの重要性を提示している、と。「物語」とは、人が生きていくために必要な栄養なんだ、と。子供にとっての「物語」の重要性については、「ゲド戦記」の翻訳者としても知られる清水眞砂子さんの「幸福に驚く力」を読んだ時にめちゃくちゃ感銘heart01を受けたことを思い出しますconfident。コレ、お薦め本ですshine



わたくし「もののけ姫」は、頭でハッキリシッカリとはわからないなりにcoldsweats01、映像的にものすごく好きheart04な作品だったんだけど、村瀬氏のこの評論を読んで、思いっきり腑に落ちましたbud。「シシ神」様のあの造形はいったい何だったのか。なんとなくモヤモヤcloudと感じていたことがきっぱりと文章化pencilされているのを読むっていうことはものすごいカタルシスだわねfuji。村瀬さん、ありがとう~happy02。それにしてもやっぱ、宮崎駿、天才造形作家&クリエイターだわ~diamond


もの(地名)の由来や歴史、昔話や神話といった「物語」を忘れ去り、「食べて生きる」ということの深い意味を忘れ去り、それでも「別に~gawk」って生きていける現代人たちはこれからどんな世界を生きて行くことになるんだろう、そんな風に思い始めた今日このごろです…sign04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/21

「悪い奴ほどよく眠る」(10年3月5日放映)

なんすか?これ。あまりの羊頭狗肉ぶりに口アングリ…gawk。黒澤明生誕百年記念ドラマtv、だそうです。


ブッキラボーなセリフとヘンにドスを利かせたセリフ回し、ドラマちっくな音楽…と、重々しいフリして実は全ッ然中身のないドラマemptyで、主演の村上弘明さんやとよた真帆さんがかわいそうなくらいweep


テーマも、てっきり本格社会派ドラマspadeかと思って見てたら、いつのまにやらアマアマなメロドラマcake鑑賞になっててビックリcoldsweats02sign03私怨から、汚職事件の黒幕に復讐しようと画策する男が、女の純愛にホダされたあげく最後のツメを放り出して、女と手に手を取って水上バイク(sign01)に乗ってどこへやら(楽しげに)走り去って行く…dash。トカゲのシッポだけ切って結局黒幕は安泰……って、どこにもオチがないじゃんsign03何をどうしたいのかサッパリtyphoon。村上さんも、自分の役がなんかヘンだって思わなかったのかなぁ~despair


これが“黒澤明生誕百年”って、どーゆーこと~think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

牧草ロール運搬車

20100717114534 この週末、札幌方面へ参りましたcar。移動中、雨竜町から浦臼町までわたくしの前を走っていた“牧草ロール運搬車”のお尻を激写してみましたcamera。この2コのロールが長~い荷台に14組並んでたので、全部で28ロールが乗っかってるってことですねcoldsweats02。浦臼町の「神内ファーム」さんへ運ばれたようですtaurus


これ、赤信号signaler停車中、新十津川あたりのもの。左の道路際にラベンダーが植えられてたりなんかして、「ほっかいどぉだなぁ~spa。」なカンジhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/14

「王妃マリー・アントワネット展」図録

今日はフランスでは“革命記念日”event。今から221年前の今日、バスティーユが陥落downしたわけですね。


どうやら1996年に開催されたらしい、「パリ市立博物館展」の図録book。「らしい」というのも、親友Tちゃんからもらったもので、わたくし自身はこの展覧会を見てないから。フランス革命つながりsign05で、取り出してみましたhappy01


この図録自体は、肖像画や革命期の事件をモチーフにした絵画art、メダルなどの収録が大部分で、いわゆる遺品的なものはそのうちわずか。おそらく贅沢三昧絶頂期ringのものは革命期に失われいったんでしょうってことで、この展覧会に出品されているのも、晩年、囚われの身になってた頃のものばかりで、思ったほど“きらきらーッshine”じゃないのねwobbly。でも、時計watchや裁縫道具なんかは、「いい仕事してますねーdiamond」なカンジ。さすが。あと、監禁されていたタンプル塔内での居室の再現もヒジョーに興味深いものがありますね。意外とキレイtulip


さて、この図録のオモシロいところは、収録されている文章penでしょう。はじめは主催者「ごあいさつ」、つぎに駐日フランス大使の「メッセージ」、そしてこの展覧会の組織委員会会長でもある木村尚三郎先生の寄稿、最後があの池田理代子さんの文章。


主催者「ごあいさつ」では、『華麗にふるまい、そして気丈な態度にて悲劇の終幕をむかえていくそのさまは、必ずや多くの共感と感動をもってご覧いただけることでしょう。とある。あのさ、パプスブルクの王女さまribbonにして大フランス国の王妃crownだったお方に、現代日本のパンピーが“共感”なんかできるワケないじゃん。っとにケーハクなバカまるだしbearingの「ごあいさつ」。


その点、さすが駐日大使は違います。『フランスで王家の特権が廃止されてから200年あまりを経た今、当時の品々を通じて私達の民主主義の歴史的基礎を考えてみることは興味深いことです。まったく、主催者にもこれくらいの思慮をもっていただきたいもんですgawk


で、木村先生と池田さんの文は共通する部分(木村先生的には『平凡な王妃』、池田さん的には『普通の女』)から始まっているのに、全体的に対照的leftrightな印象。


木村先生の寄稿分のタイトルは『パンに魅入られた王妃』。『マリー・アントワネットは、パンとの関係で、その現実無視の呑気(のんき)さというか、無知ぶりが不当に強調される。』なんて、アンタこそノンキだよspa。革命については『つまりはパンに事欠いて、いわば物のはずみでフランス革命は始まったのだった。』だし、プチ・トリアノンでの”農村ごっこ”については『先行き不透明な今日の私たちにも共通する自然への愛、確かなくらしへの感覚を、彼女は分かち持っていた。』などと書かれる。これ、ホンキで書いてんのcoldsweats02?そして最後は『ここではあまりに突然の、「事故」のごとき「早すぎた革命」の犠牲となった、むしろ現代人の共感する、「パンに魅入られた王妃」としておこう。』、アンタは王族crowngawk


これに比べて、格段に的確な論評を寄せているのが池田さんgood。『フランス革命という時代の激動の中で、断頭台の露と消えたこの王妃の”悲劇”は、むしろ彼女が、大きな歴史のうねりにふさわしからぬ器量の人物であったというところに尽きるのではないかという気がしてならない。』『結局彼女は、自分のおかれた立場に対して、自分の生きた時代の社会情勢に対して全く無知であった責任を、断頭台へあがることで償わされることになったのであった。』うーん、至極マトモですねぇconfident。でも池田さんは、最期に自分の人生について深く考えるに至り気高く死んでいったこの王妃を正当に評価してます。物事をこういう風にとらえる人は信頼するに値するんじゃないかと、わたくしは思いますclover


ってなことで、意外なところで楽しめる図録でしたsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

「フランス革命の肖像」

「小説フランス革命」シリーズを執筆中の佐藤賢一さんによるビジュアル新書版book。小説の中で生き生きと動き回るキャラクターが、実際はどんな見た目eyeだったのか、やっぱ、気になるわよね~smile


で、まず最初にチラ見したのが、タレイランさん。小説の中では、チョー美男で自信過剰なオレ様なので期待してたら、意外と神経質で酷薄っぽいカンジcoldsweats02。ま、確かに整ったお顔立ちではあるけどね。ちょっとイメージが違ったワsweat01


それとは反対に、まさにッflairsign01ってのが、われらがデムーランくん。く、暗いsweat02。画面も暗いけど、表情がさらに暗いdown。不安、卑屈、羨望、猜疑、なんかあらゆる負の感情がまぜまぜになったみたいなネガティブ感満載の表情typhoon。いいのか、こんなんで。後のページで、家族の肖像画が掲載されてるんだけど、こちらはさすがに子供を見上げる視線に幸せ感が漂ってますねnotes。でもどこか寂しげnight。だいじょぶか、デムーランくんsign01


そして“恐怖政治の大天使”サン・ジュスト氏。どうみてもオンナ顔kissmark。でもアゴが長いhorse。トロンとした目で、とても大勢の人間を断頭台に送ったとは思えないけど、逆にこういう見てくれの人が極端に走っちゃったりするのかしらん?ロベスピエールくんもカオはカワユイもんね~chick


ほんでもってフェルゼンさん。まー、すごいどんぐりまなこcoldsweats02。あんまりキレる男には見えないけどなーng。マリーちゃんは、この男のどこがよかったのかしら。やっぱ人間中身snail


で、一番カッコイイheart04のは若かりし頃のナポレオンね。イタリア出身のきりりっと引き締まったおカオを拝すれば、せっかくの革命もナポレオンにヤラレちゃったのもわかんなくもないかもcoldsweats01。“眉間のシワ”フェチheart02のわたくしもうならせるステキなシワlovely。あぁ、ずーっとこのままのお姿でいてほしかったわーweep


全体的に質の高い肖像画artが集められていて、その内面をも覗かせる数々のお顔を眺めていると、小説で描かれるキャラクターの雰囲気そのままだったり、あれ、イメージ違うなぁ、だったりと、ますます近しい存在になって小説を2倍scissors楽しめるようになりますね。集英社さん、商売お上手ですな~smilegood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/08

旭川兵村記念館

Cimg00041 旭川は明治時代、北海道の防備と開拓のために入植した屯田兵さんたちのおかげで開かれた街ですconfident。彼らのご苦労の歴史を後世に残そうと、旭川のはじまりの地、東旭川におよそ30年くらい前に建てられたのが、この旭川兵村記念館です。先月、初めて訪問してみましたshoe


明治24年に最初の屯田兵さんたちが入ってきたので、この記念館ではその頃の旭川での生活がよくわかる展示物(屯田兵さんたちのご子孫に伝えられた実物diamond)が見られます。屯田兵さんは、兵役や訓練はもちろんですが、私たち現代人へとつながる農業や暮らしの基礎を築いてくれた人たちですshine。ホントにありがたいことですring

Cimg00111 Cimg00131

↑わ、若妻用…sweat02。…中年妻もしくは老妻は使えないってことなのカイ…sweat01

Cimg00161_2

↑読みが左からの「上屯田会」と、右からの「下屯田会」。なぜcoldsweats02

Cimg00171

↑制服フェチにはタマラナい展示catface

Cimg00311

↑寒い旭川snowでは苗を育ててから植えていては秋の収穫に間に合わないということで、直播方式。でも腰を折りながらの作業はタイヘンな苦痛thunderだったので、この「たこ足」を開発。これが後の「上川百万石」への大きな一歩ですfoot。これをはじめとして、過酷な生活を少しでも改善しようと様々な工夫をこらした昔の人たちの知恵shineにホントーにカンドーしますcrying

Cimg00331_2

↑で、農作業をする間、コドモはこの中へchick。おとなしくしてるんだヨ~aries

Cimg00451 Cimg00461 Cimg00471 Cimg00481

↑屯田兵のひとり広沢徳次郎さんが、齢70歳の時、昔を思い出しながら描いた「屯田物語原画綴」の絵巻art。これ、すっごいカワユイのcute。兵役の訓練や開墾の様子、農具や生活道具をコマゴマと描いてあります。わたくし、かなり気に入りました~heart04。広沢サンは大分県中津の出身で27歳の時に旭川へやってきました。日清、日露戦争に従軍した軍人さんですが、ニガテな農作業をサボって趣味に走ってたそうですcoldsweats02。ま、カワユイ絵だから許すsmile。旭川市指定文化財ですbell

Cimg00571

↑こちらが原画(の複製)。

Cimg00231

↑明治44年に東京のメーカーから購入した「腕用ポンプ」。500円也yen。っていくら?

Cimg00611

↑手前が、復元された屯田兵屋。当然壁は板、屋根は柾ふき。実はこの頃、日本観測史上最低気温の氷点下41℃を記録してるんですよtyphoon。もー、地球は屯田兵さんになんてことするんだッbearingsign01それじゃなくてもキツい生活なのにッangrysign03きっと亡くなられた方もいらっしゃったんじゃないかと推測します…weep

これ以外にも興味深いものflairがたくさんあって、ちょっとお年を召した方なら懐かしく思われるんじゃないでしょうか。コジンマリとした記念館ですが、充実したキレイな展示でshine、保守をされている東旭川の人たちの、先祖・屯田兵さんたちへの深い愛情heart02を感じるイイ記念館だと思いますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/06

「大阪ことば学」

東京大学大学院の日本語学者尾上圭介さんによる大阪ことばに見る大阪文化論book「プリンセス・トヨトミ」読後、大阪弁のシャワーを浴びたくなったけど浴びれないのでweep、とりあえずこれで許したるわsmile


いやー、やっぱ上方文化は奥深くてwave、お子チャマなドサンコにはなかなか歯がたたない部分もあるわよねーwobbly。尾上センセによると大阪弁の特徴はいくつかあるんだけど、いずれもやっぱり”優秀な商人yen”がその根底にいるような気がするcatface。相手の気持ちを損ねずに最終的には自分のやりたいことを実現させるpunchためのツール、っていうカンジ?すごくオトナな文化。うらやましいぃ~cherry


わたくしが大阪で知り合った関西の友達も、まさしく「ふたり寄れば漫才」そのもので、なんてことない会話なのに、後ろから歩いてくるふたりの会話に、わたくし何度ぐふぐふヒソカに笑いながら聞いていたことかsmile。一方、ゴルフ教室golfで知り合った、ひとまわり年上のおねぃさんは、お母様のご実家が南船場で商売をされていたとかで(アコガレのこいさんribbonかーッsign02happy02)、その大阪弁はほんとにやわらかくて品があってshineshine、ステキな響きだったのよね~heart04


でも、ネイティブ・オオサカンから「あなたの大阪弁は割とウマい」とおホメに与ったわたくしscissorsは、現在、後輩をオドスときに主に使用させていただいていますsmile。「おのれ、ちょっとでも間違ったらシバくデpunch。」きゃー、コワいーsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/04

クラフト ブラウンボックス

先日、転勤される先輩への贈りものpresentを選びに、木の小物を中心に地元のクラフト作家さんの作品を扱う「ブラウンボックス」へ行ってきましたcar。「ブラウンボックス」がある旭岡地区は陶芸工房やガラス工房のギャラリーがあったり、初夏にはオープンテラスのカフェでお茶cafeしたりできるなかなかステキなエリアshineで、わたくしも何度も訪問してますwink


さて、「ブラウンボックス」にはやたらカワユイ動物がいっぱい~cute。特にわたくし、エゾモモンガちゃんが大スキなので、「か・わ・い・い~」連発impact。あと、ブ厚い木の葉のお皿。イイカンジ~heart04

Cimg00101_2 Cimg00091_3 Cimg00031_2


Cimg00041_2 Cimg00141_2 こちらは2階。

 

Cimg00121_2 そして、店内をチョーワガモノ顔で歩きまわるネコちゃんcat。こまごま店内にディスプレイされている作品を音もなく巧みによけて動きまくりtyphoon。サスガ~coldsweats02


ほんとーに「木」ってあったかくて、手触りがキモチよくて、癒されます~lovely。旭川のクラフトはデザインもステキでついついイロイロ買っちゃうのよねーmoneybag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/01

4日前の大雪山

昨年の秋に植樹をした東川町へ、こないだの日曜日、下草刈りclubをしに行ってきました~car。8ヶ月ぶりの訪問、結構草が生えてきてましたね~clover。それでも東川町さんが手入れをしてくださっているようです。感謝デスheart01

Dscn07501 旭川市内ではかなり暑い日sunでしたが、さすがは大雪山麓、イイ風が通って涼しかった~penguin。草刈り自体、ものすごい久しぶりで我ながらダイジョブかsign02と不安だったけど、やってるうちに楽しくなっちゃいましたnote。でも、やっぱり森を人工的に育てるって並大抵じゃない。自然は偉大だッdiamondsign03

Dscn07521 ってことで、こちらはわたくしの大スキな大雪山。東川町の町からちょっと北に向かう道路沿いでパチリcamera。わたくし、この稲の緑から山影の青のグラデーションがたまらなくスキhappy02なんですーshineshine。この日の大雪山もカッコよかった~lovely

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »