« 「坂東玉三郎 歌舞伎座立女形への道」 | トップページ | 地元作家さんの作品① »

2010/08/30

「なぜ人を殺してはいけないのか?」

タイムリーなことに(?)、先日、法務省が東京拘置所の死刑場を初めて公開しました。ここへ行く前に考えるための本book、…のハズ。


「日本を代表する二人の哲学者」(わたくし知りませんでした・・・スンマセンweep)永井均氏と小泉義之氏の対談。ハッキリ言って、全ッ然会話がかみ合ってなくて、これでいいのか?coldsweats02ってカンジ。


「なぜ人を殺してはいけないのか?」→「もし自分、または自分が愛する人を殺されたらイヤだろう?」→「べつにぃ~。」ってなことになっちゃったら、もうどうしようもない、ってキッパリthunder。え?そんなもんなの?


結局のところ、哲学ではこの疑問に答えることはできない。むしろ理由など与えてはいけないッngimpactsign01…らしい…デスwobbly。こんな質問をさせない、こんな疑問を持たせないために、ヒトは哲学を学ぶべきであるpencil、ってことらしいです…school。う~む。ワザワザ哲学を学ばなくたって、コドモのときから良質な本shineをたくさん読んどけば良さそうな気がするけどup


なんか、読む前よりもっとモヤモヤmistする結果になったような…typhoon

|

« 「坂東玉三郎 歌舞伎座立女形への道」 | トップページ | 地元作家さんの作品① »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

難しい命題ですね…。私が同じ質問で前見て心に残っているのが、「ヒトゴロシをするということは自分も殺すということだ。」
これも結局、「自分は死んでもいいもん。」のようなテロになってしまうと、答えではないんですけどね〜。
一番は「人を殺す」ということを考えないで生活できるというのが大切ではないかと(o^-^o)

〈私信〉
今週はバタバタ本当に申し訳ございませんでした。
会社の環境がちょっとかわりまして(物理的ではないのですが…)ちょっと気が滅入ってしまったようです。
慣れでしょうけど、今度オフレコでぐちらせてください〜。

投稿: 真霄もか | 2010/09/01 03時10分

私はこの本読んでませんが、清水義範の「今どきの教育を考えるヒント」という本を思い出しました。

彼は、殺人も覚醒剤も援助交際も法律に違反するからだめなのだ、と言い切ってます。社会を崩壊させる行動は、まわりまわってみんなの大迷惑になるので、いけないということに決めたのだと。

でも日本の大人、特に文化人ほどそういう風に答えたがらないんですって。知識人は法に懐疑的じゃないと格好がつかないと思ってるみたいだと。

でも、子供が「なぜだめか」と問うたら迷わず「法律で決まってるから」と答えるべきだと。もちろん現行のシステムに不合理があるから改良すべきだといった議論は大いにあるべきだとも言ってます。

私はこの説支持だな。つい最近まで、日本でも西洋でも「決闘」という手続きをふめば、殺人がほぼ正当化されていたことを考えてもそうだな、と。

読んでいない本≒殺人を哲学で考えるという行為自体を否定するつもりはないので、内容とタイトルがあってないのでは?くらいの意見にしておきます。

投稿: kusabue | 2010/09/01 22時03分

>もかさん

そうなんですよねthink

そもそも自分のことも大事に思っていない(ってか、キライらしいear)ので、ましてや他人のことなんかどうでもいいってことになりますよね。若い人に最近よくある(らしいear)「自分超大好きheart01」も社会的にどうかとは思いますが…。

“らしいear”だらけになっちゃいましたが、私には全く理解できない世界なので、断言が出来ないんですよねng

会社の環境が変わったって、どうしたんですかsign02最近編集会議も開かれないですし、お会いする機会がないですよねweep。ぜひお昼、ご連絡くださいtelephone。待ってます~。

投稿: かまど姫 | 2010/09/01 22時21分

>kusabueさま

はい、コレ、読まなくていい本ですdown

対談するふたりの哲学者のスタンスが、最初ッから全く違っていて、それは普通議論によってお互いの主張を明確にして、うまく絡まればより深化した内容diamondになるんでしょうが、この2人の対談に限っては、結局最後まで「相手の言ってることがわからんangry」って平行線なので、対談の“意義”が無emptyになってるんですよ。書籍としては企画倒れってか、失敗ですねng

確かにひとりは、kusabueさんのおっしゃるように、人間は社会人なんだから、社会的契約としての法律を守らなければならない、と言っています。

で、もう片方が、「自分は趣味として殺さない」というしゃらくせぇことを言っていて、これが結構ハラ立つんですよannoy。ま、所詮哲学者なんて、こんなもんです。形而上cloudすぎて自分の立ち位置を見失ってるんですね~smile。“自分の趣味”に基づいた発言で世の誤解を招くと、「誤読だ」とズルい責任回避run。「大人の社会人」を説得してみろーッてカンジですpunch

投稿: かまど姫 | 2010/09/01 22時50分

kesabueです。

とても大切なテーマなのに「趣味」か…。

そんな哲学者の意見より、よその宗教家が言ってることの方が理解できるかも、ですね。
同調するかどうかは別として。

投稿: kesabue | 2010/09/01 23時17分

全く、ですangry
世の中、ナメ切った発言。

純粋学問もいいですが、そこから生活人の世界に敷衍する説得力ある言葉を繰り出して初めて、優秀な学者shineと言えるのではないでしょうかね。

投稿: かまど姫 | 2010/09/02 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/49300279

この記事へのトラックバック一覧です: 「なぜ人を殺してはいけないのか?」:

« 「坂東玉三郎 歌舞伎座立女形への道」 | トップページ | 地元作家さんの作品① »