« 「嵐が丘」 | トップページ | 「善人長屋」 »

2010/08/11

「The☆スター」(10年8月7日放映)

嗚呼、なんという生き方…。欲望にまみれたこの世界で、こんな人間の在り方があるなんて…weep。歌舞伎俳優・板東玉三郎shinediamondshine


「踊ることは生きること」。書いてしまうとなんだかものすごくありがちなものになっちゃうけど、彼にとっては本当に切実なことだったのねthink。わたくしは、歌舞伎鑑賞者としてはキャリア20年そこそこの若輩者なのでchick、あまりエラそうには語れないけど、表現者としての玉三郎さんは、まさにこの世レベルじゃないことはすぐにわかるflair。その至高のさらに上upwardrightcloudに行っちゃてる芸を生み出す源が何なのか、今回よくわかりましたspade


大学時代school、履修していた講座の先生eyeglassがよく言われてた『作品は作家の人生とは切り離して評価されるべきである』という言葉が印象的で、わたくしも常にそういう態度で文学作品や映画、舞台などを観てきましたeye。(これって芸術ばかりじゃなく、普通の人の仕事の場面にも言えると思う)なので、玉三郎さんについても、その作品(演技そのもの)を彼の人生から観ることは敢えてしなかった。でも、この番組をみて、私の中で“すとん”と落ちるものがありましたconfident


玉三郎さんが梨園の生まれhorseじゃないことはもちろん知ってたけど、今まで特に興味もなかった玉三郎さんの子供時代、生きるということについての壮絶な葛藤typhoonを抱え始めた少年時代のエピソードや、「なぜ踊るのか」について語る彼自身の言葉に、わたくし、本当に打ちのめされましたpunchthunderwobbly


で、もひとつわたくしビックリbombしたのは、そんな玉三郎さんが会いたいとゲストに希望したのが、玉置浩二氏。いやー、ビックリしたーッsign01玉三郎さんは、玉置氏に同じヒホヒ(匂い)を感じてたそうなcoldsweats02。話を聞いてみれば、なるほど、と思わないこともない。歌や芝居、特に独特の魅力的な声はまさに“ギフトpresent”だと思ってはいたケド…。でもこの2人が同類なんて、感情的にゼッタイ認めたくなーいッbearingsign03


は、置いといてsweat02


板東玉三郎。これほど「ピュア」な在り方があろうか。わたくしはそこに、いろんな感情を乗り越えた上の「哀しみ」を見たわweep。これほどまでに芸の道(生きる道)を突き詰めて来た玉三郎さんは“特別の人”だけれど、今でいう「生きづらい系」の人でもあったという事実は、わたくしたち“一般人”にも共通の「生きるということ」について、深く考えさせる“媒体者”でもあったのだと思うfuji


それにしても、玉置浩二氏とデュエットkaraokenoteしたあとの玉さまの笑顔は、コドモみたいでカワイかったナ~heart02happy02shine

|

« 「嵐が丘」 | トップページ | 「善人長屋」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/49124479

この記事へのトラックバック一覧です: 「The☆スター」(10年8月7日放映):

« 「嵐が丘」 | トップページ | 「善人長屋」 »