« 三浦綾子記念文学館特別展 | トップページ | 地元作家さんの作品③ »

2010/09/29

「死ねばいいのに」

京極夏彦さんの新刊book。わたくし、京極さんの本はスキだけど(京極堂シリーズは特にダイスキッheart02sign01)、これはイマイチ好きになれなかったなぁ~、ってか、はっきり言って不愉快、カモgawk


殺人事件の被害者、アサミという女性がどういう人間だったのか、周囲の関係者たちに聞いて回る青年、ケンヤshoe。相手の話を聞いてるうちに、あぶりだされてくる人間くさいゲロゲロ、ドロドロの感情がトグロ巻いてるtyphoonのをバッサリぶった切ってthunderケンヤが吐くキメぜりふがこのタイトル、なわけ。


で、このケンヤくんってのがすげークセモノで、自分のことを頭が悪いの、常識がないのとバカを装って予防線を張りつつ相手を安心させといてpenguin、実はどの登場人物より賢い。ってか、人間の皮をかぶったロジカル悪魔danger、ってとこだわねthink。こーゆー悪魔が現代日本社会に降りてきたらこうなった、みたいな。わたくしも、このケンヤのロジカルに近い傾向があるので、彼の言ってることはすっごくよくわかる。だけど、この高校生御用達のお言葉遣いdespairで、圧倒的な圧力waveと畳みかけるような、逃げ道を全部ふさぐdoorpaperようなロジックの繰り出しpunchdashには、ものすごくストレスを感じるのよね~bomb。レジャーで読書してんのに、なんでこんな余計なストレスを感じねばならんの?


ラストまで辿り着くと、アサミちゃんに関しては「髪結いの亭主」movieちっくな話だったようで(あ、ネタばらししちゃったcatface)、最後に何かどーんっとドンデンガエシrecycleがあるに違いないと思ってたら、何もなかったcoldsweats02


ま、自分の今の状況は、なんだかんだ言って自分で甘んじて受けてきたことの結果なんだから、ぐじゃぐじゃ文句pout言ってんじゃねぇよimpactpunch、ってことですかね。これも自己責任論?

|

« 三浦綾子記念文学館特別展 | トップページ | 地元作家さんの作品③ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

しばらくモノを発信する気力がなく、ご無沙汰してしまいました。少し復活しましたのでお邪魔します。

「死ねばいいのに」は読んでいないので、そちらについては語れないのですが、かまど姫様の『レジャーで読書してんのに、なんでこんな余計なストレスを感じねばならんの?』にはとても共感いたしますsign03

大事な時間を不愉快な思いをするために使ってられるかーっpunchということで、以前はせっかく買ったからには意地でも最後まで読まねば、と結構頑張っていたのですが、最近は読むのをやめちゃうこともあります。

期待してた本が不愉快なのって、わざわざ行ったレストランの食事がまずかったときの怒りangryと似てるかも。

どちらも幸せになるために必要なもので、しかも読める本の数やできる食事の回数は有限ですから、大切にしたいものです。

投稿: kusabue | 2010/09/30 22時22分

kusabueさまsun

少し復活されたとのこと、安心しましたtulip。何かわたしでできることがあったら、何でも言ってくださいねheart02

ほんとに、こないだ、家にある未読の本の山fujiを見ていたら「これ、死ぬまでにわたし、全部読めんだろうか…?」。購入する本は厳選してるはずなんですけどね~。ドンドン増殖してくcoldsweats02

本だけじゃなくて、映画とか昔は舞台とかでも大枚はたいてチケット買ったmoneybagのに、どうしても我慢できなくてpout途中で帰ったこともありました。お金より時間の方が大事だという思いが最近は特に強いです。死期が近いんだろうかsmile


投稿: かまど姫 | 2010/09/30 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/49600185

この記事へのトラックバック一覧です: 「死ねばいいのに」:

« 三浦綾子記念文学館特別展 | トップページ | 地元作家さんの作品③ »