« 新旧旭川駅俯瞰の図 | トップページ | 「辛夷開花」 »

2010/11/20

「インシテミル」

米澤穂信氏著のミステリーbook。米澤氏は初読。映画はコワそうshockなので見られないけどおもしろそうなので、原作にトライしてみましたrock


はっきし言って期待してたほどおもしろくなかったdown。原因はやっぱり作品自体の「ゲーム感覚game」かな~。物語の舞台設定自体が「実験」ってことになってて、登場人物の背景なども(たぶんわざと)語られていない。彼らが死んでも、ゲームみたいにリセットすると数分後に生き帰りそうrecycleな雰囲気があって、リーダビリティはあるけどgood、恐怖の切迫感ってものが皆無なのよねdespair


クローズドサークルの舞台、「暗鬼館」には様々な過去の傑作ミステリーshineを連想させるガジェットが組み込まれてるんだけど(10人のインディアン人形とかね)、それらの作品にオマージュを捧げるっていうのには、ちょっと僭越すぎる出来ではないでしょうか?残念だけど。あ、そんな気もないのかgawk


ここは頑張って(?)映画movieを見てみるべきかなー。あれ、でももうロードショー終わったかしら?

|

« 新旧旭川駅俯瞰の図 | トップページ | 「辛夷開花」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/50084692

この記事へのトラックバック一覧です: 「インシテミル」:

« 新旧旭川駅俯瞰の図 | トップページ | 「辛夷開花」 »