« 「この女に賭けろ」 | トップページ | 「最後の忠臣蔵」(ネタバレ) »

2010/12/11

札幌交響楽団 第534回 定期演奏会

Img078 ひゃーッsign01今月は“やんぐなぱわー”全開ってカンジだったわねーッsign01

客演指揮者は1981年(って、つひこないだじゃんcoldsweats01)ブルガリア生まれの29歳、ロッセン・ゲルゴフくん。しゅう~ッとした後姿を見てると、燕尾服ってやっぱり西洋人のための衣裳だわ~って思わされるのよね~。肩から背中のラインがキマッてるのよ~heart04。ステキ~lovely。そしてもー、バリッバリのアクションdash。それにチカラいっぱい応えるオケメン。お疲れさまでしたッsign01

1曲目は日本初演、中国出身の作曲家タン・ドゥン「弦楽のための交響曲」。面白かったですねぇ~。チョーがつくピアニシモから始まって独特のリズムや、二胡みたいな各パートのソロ。作曲家の血肉となってる民族の文化的色彩が滲んでる作品ですね。中国は日本と同様、独特の文化的持ち味があって、政治的にはノーベル平和賞のボイコットみたいにチマチマ「ケ○のアナ」のちっちゃいことをしてるけどbearing、音楽の世界ではボーダーレスに広がっていって欲しいもんですconfident。で、この曲ではコントラバスが、びょんって弦を指で弾いた後、手のひらで指板をバンッsign01って叩くpaperimpact動作を繰り返すんだけど、この時の主席助川さんの手つきがまたステキなのよね~heart02。ジャズ奏者のような、日本舞踊のような…って、どーゆーこっちゃッcoldsweats02sign02だわね。いや、だから、とにかくステキにエレガントなんだってばッcatface

で、2曲目はアルチュニアン「トランペット協奏曲変イ長調」。ソリストはこれまた1981年ベネズエラ生まれ29歳のフランシスコ・フローレスくん。かわゆいお名前cute。まー、シャツのボタンを開けてるところからして南米オトコッsign03 がっしりしたガタイで大きく足を開いてトランペットを構える姿からはフェロモン出まくり~kissmark。これで演奏中、時々オンナのコribbonのことを考えてるらしい。さすが南米オトコッsign03演奏はすごーく開放的な艶やかさshineがあって、うぬぬ、オヌシ若いくせになかなかヤルな、ってカンジsmile。ロマンティックな表現もラテンの血ならではなスウィートさcake。若い演奏家を応援するようなオケの寄り添いぶりもイイ感じでしたね~good

最後のチャイコフスキー「交響曲第4番ヘ短調」、中盤はなんとなく平板なカンジはしたけど、最終楽章は明日への希望sunががっちり感じられる全力の疾走dash、若さ大爆発ッbombimpactsign01いやー、元気いただきましたーhappy01

人生の重みと深みjapaneseteaを感じさせてくれる巨匠の音楽には全身を浸してじっくり味わう楽しみがあるけど、こういうチョーフレッシュbudで勢いのあるアーティストの演奏で元気と笑顔をもらって帰るってのもアリですねーnote

|

« 「この女に賭けろ」 | トップページ | 「最後の忠臣蔵」(ネタバレ) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
フローレス君、すごかったですね。でも、テクニックだけに陥らない音楽性の高さに感心いたしました。
その点、同い年のゲルゴフ君はまだまだ青さがある感じ。ああいうノリはけっこう私は好きですけどね。
かまど姫さんは金曜と土曜のどちらに行ったのでしょう?私は金曜でしたが、チャイコフスキーが始まった時、金管群がフローレス君に感化されたわけじゃないでしょうが、張り切りすぎな感じで、冒頭ホルンがいきなりコケた(次いでトランペットも)のが残念に思いました。また、第2楽章の最初のオーボエ、すごく平板でした。
私は1月は出張が入っていて行けなくてすごく残念です。ぜひ、また感想をお聞かせ下さい。

投稿: MUUSAN | 2010/12/11 20時55分

MUUSANさま、こんにちはsun


あらら~、金曜のチャイコはコケまくりだったんですね~coldsweats02。私はいつも土曜なので、そういうところが修正されたバージョンで、昨日も大丈夫でしたよgood

金管のピンのリサイタルを聴くことがほとんどないんですが、トランペットって強烈な大音量で鳴らすだけじゃないんだってことがわかりました。やっぱりそれぞれの楽器って奥深いものがありますね~。

1月も楽しみなプログラムですねsign01MUUSANさんが行かれないのがザンネンです~weep

投稿: かまど姫 | 2010/12/12 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213530/50272797

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌交響楽団 第534回 定期演奏会:

» 札響第534回定期演奏会(A日程)を聴いて [読後充実度 84ppm のお話]
 12月10日19:00~、Kitara。 指揮はブルガリア生まれのロッセン・ゲ [続きを読む]

受信: 2010/12/11 20時57分

« 「この女に賭けろ」 | トップページ | 「最後の忠臣蔵」(ネタバレ) »