« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/31

「砂漠の悪魔」

近藤史恵氏の最新刊book。う~ん、なんかビミョーdespair。この物語の語り手で主人公の橋場広太、なーんか気に食わないのよねぇdown


大学生の広太が、ウザい友人を陰で陥れ、あげく自殺に追いやることになってしまったのがコトの始まりで、(なぜか)その裏事情を嗅ぎ付けたヤクザに付け込まれ、そこから罪の意識と自己保身から、中国大陸を流浪してtrainbusるうちにタクラマカン砂漠で中国の核実験bombに巻き込まれて被爆し、日本に帰国するairplaneっつーあらすじ。


冒頭は、友人を陥れた経緯とその後の広太の心情を実に巧みに描いていてかなりナイスgood。気に食わないヤツにちょっとイジワルしてやりたい気持ちは誰にだってある(ま、程度の差はあるし、実際にやるかどうかは別問題だけどね)し、それが想定を上回る重大な結果を引き起こしてしまった事を知った時のなんとも言えないイヤーな気持ちsad(後悔、自己正当化、他人への責任転嫁など)なんかを冷徹にサラッと描くpenあたりは、サスガbell


でも、自殺した友人の父がマルボーの刑事だからってヤクザが登場してくるあたりからなんとなく現実味が薄れてくるのよねぇ~。しかもイリーガルな取引の手先として行かされた中国で、ヤクザの手から逃れようと広大な中国大陸を移動するんだけど、常に連れがいるし、時々実家に電話してtelephoneお母さんとしゃべってるし、いざとなったら送金yenをしてもらう気でいるし、どこまで行ってもこの広太、アマちゃんribbonなんだなぁ~。


中国大陸を流浪してもそれは自分の強い意思からではないし、連れの日本人留学生のようにウイグル人の独立支援活動(これが隠れテーマでしょう)に身を捧げるでもなし、結局彼は根本的には何も変わらなかったのではないかって気がするのよね。かつて、モノを知らなかった故の傲慢さcrownを認識し反省はするものの、ラスト、ヤクザ事務所に、被爆の影響で出てきた症状を見せつけに行き、上から目線eyeの妙な優越感を漂わすところが、なんか違うんぢゃないかい~?ってカンジがするdown


死の時限爆弾impactを抱える広太が、これからどう生きていくのか全然わかんないどころか、明確な目的も何も感じられないところが現代日本の若者の心情を描いたってことなのかなぁthink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/26

立花千春 フルートリサイタル ~特別な午後に~

12月23日xmas、門仲天井ホールにて行われた、わたくしの東京時代の先生のフルートリサイタルnote。毎年恒例で実施されているソロ・リサイタルを来年はされないとのことで、入場無料(太っ腹ッfujisign01)のシークレット・リサイタル、来年がないならば、こりゃ行かねばなるめぇ、と久しぶりに東京へ行って来ましたairplane


立花先生は、そのカレンな容姿cuteをガッツリ裏切るダイナミックthunderでオトコらしいpunch演奏と、正確なテクニックshine、熱いハートheart02を持ったアーティストで、わたくし、先生に出会えたことをとっても幸せに思っているのです~sun


今回のプログラムは、今、先生が「やりたいッsign01」と思ったものを並べたそうで、前半のものすごい超絶技巧を駆使した華々しい曲(タファネル「フランチェスカ・ダ・リミニによるファンタジー」、アンデルセン「バラードとシルフのダンス」、ボルヌ「カルメン・ファンタジー」)は、もー、とにかくスゴすぎてthunder、アタマの中は超太ゴシの「スゲーッsign03」がぐるぐる~typhoon。前半もう2曲(ポンセ/山田「エストレリータ」、アルベニス/クライスラー「タンゴ」)は、ロマンティックなメロディものnotes。立花先生のソロではあまり聴けないタイプの曲でめずらしかったですが、山田武彦さんのピアノbellとからまってチョードキドキものheart04


アンコールの「この道」や「星に願いを」などのポピュラーな曲(これまたソロ・リサイタルでは全く聴けない種類の曲たち)では、余計な装飾を排したストレートな率直さで、立花先生の“心もちheart01”がそのまま表れていたような気がしましたconfident


本当に、リサイタルで拝聴するたびにズンズン高みに昇られているupようで、最初から雲の上cloudだった先生が、遥か彼方、もう豆粒のようになってしまってます。モー、ミエナイ~coldsweats02


それにしても山田さんの伴奏はいつ聴いてもスバラシいですね~diamond。たいていのピアノ伴奏は、「やかますぃーannoy」と思う瞬間があるものですが、山田さんの押し引きはまさに絶品ッsign01今回も山田さん編曲の「エストレリータ」や「星に願いを」みたいなニュアンスのある曲でのタッチは悶絶ものでしたcatface。ハァ~、ステキ~lovely


ほんと、遥々聴きに行ってよかったデス~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/21

「私に萌える女たち」

甲南女子大学専任講師、米澤泉氏の著作book。誕生してから40年のファッション誌の歴史をたどりながら、日本の女性の生き方を考察した本。


このテのものは、斎藤美奈子さんshineの、本当の女性誌創刊期からのより分析的な評論(「モダンガール論」)を読んでるのでいまさら感は強いけど、2010年のなかばまでフォローされているところがこの本の強みかなscissors。かつてファッションを通して日本の女性の生き方を先導してきたファッション誌も、今や有名人やセレブ、おしゃれな一般人のブログの後塵を拝し、もはやフロクをつけることによってしか売れない。「ブログかフロクか」は、けだし名言ねgood


「私に萌える」とは、「私が主役crown」ってことで、もはや「妻」になろうが「母」になろうが、「私が一番」ってことだと定義。米澤さん自身は、これに賛意を示していて、これからの日本女子が新しい世界newを作っていくのだsign01と高らかに謳いあげてます。


しかし、最後の方で少し書かれてるように、“「私に萌える」ためには家族は二の次、ごはんriceballなんかメンドくさくてマイドマイド作ってらんない。こどもの体づくりより、私の美しさづくり”って著者はここまで指摘penしておきながら、最後に手放しの「私萌え」賛歌。「私萌え」が節操なく拡大していくと、子供たちのネグレクトngに繋がってく可能性がないとは言えないと思うんだけどbearing。なんかこれって、大学の教員としては無責任で単純すぎる放言なんじゃないかなぁdown


わたくしも、女性の生き方において選択肢の幅が広がり、ヘンなタブーもなくなって自由な生き方が出来るようになるのは賛成goodだけど、「何歳になっても好きなお洋服を着られる私でいたい」っていうのが「私萌え」の最終目的flagなんだったら、なんかちょっと空疎emptyな気もする。ま、いいんだけどgawk


あ、ちなみにこの本の装丁は鈴木成一デザイン室。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/17

「武士の家計簿」

本日、「かまど姫のシネマカンタービレ」ウェブ更新されました。

こちらから入れます~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/16

「シューマンの指」

芥川賞作家奥泉光氏の書き下ろし最新刊book。タイトルから推察されるように、音楽ミステリーってことになってるけど、どちらかというとサイコちっくな、BLちっくな、なんともちょっとフシギなテイストのハナシでしたthink


構成としてはめずらしいものではないから、どんでん返しrecycleはあってもそれほどビックリはしない。でも、モチーフをクラシック音楽noteにして、超人的な演奏をするピアニスト(ピアニストってとこがなぜかミソなのよね~。ミョーに繊細なイメージがあるからなのかしら~coldsweats01?)が出てくると、これまたなぜか、なにやら不気味で不穏な空気が流れガチなのよね~typhoon。昔、山之口洋氏の「オルガニスト」を読んだときも、なんかもー吐きそうにキモチ悪くてshock(でもキライじゃなかったりしてcatface)、やっぱクラシック音楽って突き詰めていけば根底には宗教的な狂気が潜んでるもんなんじゃなかろーかbearing、と思ったりもするわけで。


前半は、才能はイマイチだけどdown音楽にのめり込む青年と憧れのタカビー天才ピアニストshineとのカラミを描く繊細な青春小説cloverかと思いきや、突然現実的な殺人事件thunderが起こって別な次元へ転調しつつ、BLな要素kissmarkも登場してまた幻想世界mistへ引きずり込まれ、しかし謎は謎のまま含みを残して終わる…waveって、なんかヘンに不安なバランス感が、実はシューマンの音楽とパラレルしてんのかもね。で、全編シューマンの音楽についての薀蓄が延々と続くんだけど、当然のことながら非常に主観的かつ観念的なわけで、それがまたファナティックtyphoonな感覚を呼び起こしてブキミなのよね~wobbly


でも、さすが芥川賞作家、文章はヒジョーに知的でスリリングdiamond。主人公の青年の手記としての語りが、自虐的であり諧謔的、ナイーブなくせに毒舌。高度に洗練された文体は魅力的だったワgood


それでは早速、シューマンの「幻想曲」、聴きましょうかcd

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/14

「最後の忠臣蔵」(ネタバレ)

いやー、もー、ヤラれたーッsign03途中から泣きまくりweep。最後号泣crying。久しぶりに映画でド感動thunder。仕事関係のYさんからお誘いを受けて、試写会movie行ってきました。


フルートの師匠、H先生から「武士のようspade」と言われているわたくしcoldsweats01、もう思いっきり孫左衛門(役所広司さんね)とシンクロしちゃって、「そうよね、そうよね。そうなるわよね。」って先が読める展開なのに、役所さんの芝居で号泣crying。とにかく、役所さんが尋常じゃなくスゴくてshine、佐藤浩市さんがちょっとカスんじゃったくらい。でも、吉右衛門(佐藤さんね)が孫左衛門の使命を知った後、目を見交わしてお互いに万感を込めて何度もうなずき合うシーンでは「おおおぉぉ…、これぞ武士の世界…heart02。」今思い出してもまた号泣crying。たまらんcrying


大石内蔵助の隠し子、可音ちゃん役の桜庭ななみちゃんがまた、めっちゃめんこいのribbon。孫左衛門に抱く複雑な心情heart02もカワイく可憐に演じてたしcute、あんなに孫左衛門と離れたくないとダダをこねてたのに、全てがわかった時、嫁に行くとスパッと決めちゃうところも武家の娘らしく凜としてヨシbell。が、冷静なYさん曰く「この時期にしか出せないかわいさよね。」 ……おっしゃるとーりデス。


杉田成道監督は、「北の国から」tvの演出をされた方だそうで、そのキメの細かい目配り心配りが格別なわけですよfuji。もう、ほとんどカンペキfull。孫左衛門と可音ちゃんとのやりとり、ラストの孫左衛門の回想シーンもスバラシいッ(特に、キラキラした秋の陽射しを浴びて、薄の原っぱで、まだちいちゃかった可音ちゃんを宝物みたいに抱きしめて幸せそうに笑うシーンshineshine。号泣ッ)sign01京都の風景、カメラワーク、カットの長さ、照明、音楽、全部納得confident。武士映画なのに、こんなにナイーブでヴェルヴェットみたいな肌触りの作品に仕上がるなんて全く信じられないdiamond


1コ不満があるとすれば、女子にせまられてkissmark、孫左衛門が「武士だから」っていう場面が2ヶ所。そんなこと、ゆわんでよろしい。いいオンナrougeなら、わかるってもんだわよ。ま、1ヶ所は相手が可音ちゃんだから仕方ないかbleah


大石内蔵助に、重大な使命をそれぞれ託された二人の男は共にその使命を果たし、孫左衛門は最後の志士としてラスト、切腹するbearing。鑑賞後、号泣してグダグダになってるわたくしの横で、冷静なYさんがボソリ。「で、佐藤浩市(吉右衛門のことね)はこれからどうするんだろう?」 ………確かにcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/11

札幌交響楽団 第534回 定期演奏会

Img078 ひゃーッsign01今月は“やんぐなぱわー”全開ってカンジだったわねーッsign01

客演指揮者は1981年(って、つひこないだじゃんcoldsweats01)ブルガリア生まれの29歳、ロッセン・ゲルゴフくん。しゅう~ッとした後姿を見てると、燕尾服ってやっぱり西洋人のための衣裳だわ~って思わされるのよね~。肩から背中のラインがキマッてるのよ~heart04。ステキ~lovely。そしてもー、バリッバリのアクションdash。それにチカラいっぱい応えるオケメン。お疲れさまでしたッsign01

1曲目は日本初演、中国出身の作曲家タン・ドゥン「弦楽のための交響曲」。面白かったですねぇ~。チョーがつくピアニシモから始まって独特のリズムや、二胡みたいな各パートのソロ。作曲家の血肉となってる民族の文化的色彩が滲んでる作品ですね。中国は日本と同様、独特の文化的持ち味があって、政治的にはノーベル平和賞のボイコットみたいにチマチマ「ケ○のアナ」のちっちゃいことをしてるけどbearing、音楽の世界ではボーダーレスに広がっていって欲しいもんですconfident。で、この曲ではコントラバスが、びょんって弦を指で弾いた後、手のひらで指板をバンッsign01って叩くpaperimpact動作を繰り返すんだけど、この時の主席助川さんの手つきがまたステキなのよね~heart02。ジャズ奏者のような、日本舞踊のような…って、どーゆーこっちゃッcoldsweats02sign02だわね。いや、だから、とにかくステキにエレガントなんだってばッcatface

で、2曲目はアルチュニアン「トランペット協奏曲変イ長調」。ソリストはこれまた1981年ベネズエラ生まれ29歳のフランシスコ・フローレスくん。かわゆいお名前cute。まー、シャツのボタンを開けてるところからして南米オトコッsign03 がっしりしたガタイで大きく足を開いてトランペットを構える姿からはフェロモン出まくり~kissmark。これで演奏中、時々オンナのコribbonのことを考えてるらしい。さすが南米オトコッsign03演奏はすごーく開放的な艶やかさshineがあって、うぬぬ、オヌシ若いくせになかなかヤルな、ってカンジsmile。ロマンティックな表現もラテンの血ならではなスウィートさcake。若い演奏家を応援するようなオケの寄り添いぶりもイイ感じでしたね~good

最後のチャイコフスキー「交響曲第4番ヘ短調」、中盤はなんとなく平板なカンジはしたけど、最終楽章は明日への希望sunががっちり感じられる全力の疾走dash、若さ大爆発ッbombimpactsign01いやー、元気いただきましたーhappy01

人生の重みと深みjapaneseteaを感じさせてくれる巨匠の音楽には全身を浸してじっくり味わう楽しみがあるけど、こういうチョーフレッシュbudで勢いのあるアーティストの演奏で元気と笑顔をもらって帰るってのもアリですねーnote

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/12/10

「この女に賭けろ」

作・周良貨氏、画・夢野一子氏、1997年出版のコミックスpen。時々利用するレンタルDVD・コミックス屋さんで、安値でまとめ売りされてたものを買っちまいましたcoldsweats01。少女マンガについて書かれた評論の傑作、藤本由香里さんの「私の居場所はどこにあるの?」bookで高評価upの作品だった(連載誌はモーニングだから純粋な少女マンガとは言えないかも知れないけど)ので、すっごく気になってたのよね~。


大手都市銀行bankを舞台に、女性総合職7年目の原島浩美を主人公としたビジネスマンガ。銀行の組織ってこうなのねーっcoldsweats02てとっても勉強になる作品。まさに男社会の中で、女性総合職がどう進んでいくのか、浩美を中心にほかのタイプ(いかにもイソーwobblyってカンジの勝気女子とか)も登場して、めちゃ面白い~happy02


「理想の銀行」を常に念頭におきつつ、しなやかな“人間力”で周りの人間たちを動かしていく浩美。わたくし、社会に出る前にこの浩美ちゃんを知ってたら、ムリヤリtyphoonにでもこの路線をマネしたのにぃーpunch。って、わたくしが社会に出る前にはこの作品は生まれてなかったのよね~。デヘヘcoldsweats01。ま、生まれてたとしてもわたくしにはムリかsmile


前半は理念をベースに、銀行の基本である支店での浩美の活躍を描いていて、組織の中での動き方も学んでいく。このあたりは、討ち死に多数の「女性総合職生き残り」への風当たりthunderの強さや嫉妬を、人間性と実力でスルリ~とかわしていく様子がお見事good。得体の知れなさそうな支店長が、実は状況をよく見てその場に適切な判断ができる、まさにたたき上げの人材diamondだってことがエピソードを重ねるにつれわかってくるあたりもなかなか味わい深いのよ~confident。この支店長、ものすごインパクト大bombの容姿で、どんなにドショックimpactを受けても全く変わんない表情がまた味わい深シsmile


中盤からは、支店での実績が認められ、昇進してupwardright本部に戻ってきた後、いろんな人材の上司、同僚と銀行改革に取り組んでいく様子が描かれてます。ここでは、どっちかってーと社内の派閥争いsadが前面に出てきて、ちょぉーっとダイナミクスに欠けたかな~って気はするけど、ま、大きな企業では避けて通れない道だわねdown。男社会での「本音と建前の使い分けの仕方」もすっごく勉強になるしpencil。いや~、ほんとにこのマンガ、もっと早くに出会いたかったweep


現実社会ではお目にかかったことのないタイプshineだから、せめてマンガの中ででも浩美ちゃんが「日本初の女性頭取crown」になる姿が見たかったなぁ~fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/12/04

~フルートに魅せられて~ 工藤重典氏を囲む夜

Img077昨日、旭川市大雪クリスタルホールで行われた公募型市民企画公演。工藤重典さんの旭川での演奏notesを拝聴するのは今年2月に続いて2回目。しあわせ~heart01


工藤先生の1曲(メンデルスゾーンのヴァイオリンソナタを先生自身が編曲したもの)を除いた残り6曲がすべてフルートアンサンブルで、すごく楽しめました~happy01。めったにお目にかかれないバスフルートやアルトフルートも登場して。だけど、長いフルートはエライ重そうだなぁcoldsweats02。しかも肺活量もソートー必要っぽくて、アスリート並の体力rockがないと吹きこなせないカモ。


この企画に応募した南加奈子さんほかお二人ともパリで学んだ仲間ということで、選曲もギオー(「ディヴェルティメント・ジャズ」)やボノー(「ディヴェルティメント」)っていうフレンチなオサレribbonでエスプリちっくbellなものもあって、いろいろ勉強になりましたconfident


全曲工藤先生がファーストで、2月の時とはまた全然違った音色で、今回はとっても清澄な響きnote。昨日の旭川は雨rainで比較的暖かかったけど、昨日の工藤先生の音は、真冬の晴天の旭川の青空みたいに深く澄み切った音shine。素敵でした~lovely。ってことで、アンサンブルとしては若干バランスが…ってカンジは否めませんでしたが、最初固かった雰囲気も曲が進むにつれてこなれてきて、みなさん楽しそうに演奏している姿は見ている方も楽しくなりましたsun


「ダジャレ巨匠sweat01」工藤先生のMCkaraokeも、プログラムが進むにつれて乗ってこられて、弟子たちにばんばんプレッシャーbombはかけるわ、オヤジギャグ炸裂impactだわ、リラックスcloverされてましたねー。それにもかかわらず先生のダジャレ、あんまり観客に伝わってなかったような…coldsweats01。「巨匠がつまらんオヤヂギャクなんかおっしゃるわけがない」とみなさんお思いになってたのでしょう、キョトンとしたカンジcatface。巨匠、ザンネンッsign01わたくしは、もちろん、ウケて差し上げましたわヨ~smile


工藤先生のアンコール1曲目グルックの「精霊の踊り」もよかったですぅ~heart04。途中アクシデント(その直前の音がなんかヘン?と思ったら、どうやらツバがキーにたまったよう)でちょっと中断したにも関わらず、気持ちのこもった演奏ってきちんと伝わるものがありますね。中級者でも演奏できる曲を、アンコールであってもこんな風に演奏できるのが「持ってるプロ演奏家diamond」ってもんなんですね~。はぁぁ~fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »