« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/30

「夜行観覧車」

湊かなえさん著book。うーむ。やろうと思えばどこまでも深読みできる作品、ってカンジかしらcoldsweats02


少なくともわたくし、帯で松たか子さんが書いてる「息もつかせぬ展開の連続だった。家族が摩擦を起こしながら、それでも家族であり続ける姿は、胸が痛むほど美しい。家々に灯るあかり、それは希望そのものだ。」って風には(前半はその通りだけど)読めなかったなぁ。そんなにイイ話じゃないと思うのよね~think


高級住宅街のエリート一家・高橋家で起こった殺人事件をめぐって、向かいの遠藤家とその隣のオバちゃん(小島さと子)のそれぞれの心の内を描いたものpencil。さすが「告白」の作者、自分本位で愚劣な人物を描かせたらこれ以上のものはないってくらい、ほんとに超イヤァ~な気分にさせてくれるcoldsweats01


父親が被害者で母親が加害者、子どもたちが真相を悟った後、残った家族を必死で守ろうとした結果が「週刊ふたば」の記事と、小島さと子(このオバちゃん、実は一番侮れないヒトなのよねーwave)の最後の章に現されてるんだけど、このラストの受け止め方にちょっと注意が要るかな、って気がするflag


子どもたちが向かいの家族たちと話し合いをして真相を悟ったのが事件から2日後。事件後すぐに母親が殺害を認めて逮捕されてるから、その後公表される警察発表と子どもたちの話とが合わないことがわかったら、余計に彼らが窮地に陥るんじゃないかって思うのよねーtyphoon。小島さと子の息子がネットpcで調べて「こどもたちがうそついてる」って気づいてるように。


さ来年に完成する日本一高い観覧車。夜nightに乗ってみれば、家々の灯りに家庭の幸せを見るかもしれないけど、それは幻想なのさ~、あるいは、山の手も平地もたいした違いはないのさ~って気づくかもflair。さと子が言うように「長年暮らしてきたところでも、一周まわって降りたときには、同じ景色が少し変わって見えるんじゃないかしら。」ってほんとにそう実感できればいいんだけどねsign04


それにしても高橋家の長男・良幸の彼女(なのか?)明里ちゃん、まるで宇宙人bomb。どうしたらこんな思考回路になれんのか、フシギーgawk。湊さん、ほんとウマいんだからsweat02


あ、もひとつ、その良幸が自分の家の事件をネットで調べてる時発見する、おゲレツなブログについて、「ナルシストが駄文を書き連ねているうちに、評論家にでもなったつもりでいるのではないか。ハイ、反省します。スイマセンsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/29

札幌交響楽団 第535回 定期演奏会

むむむ~、ピアニスト河村尚子ちゃん、初めてナマを聴いたけど、“持ってる”カンジするわ~shineshine

1曲目は、ブラームス「ピアノ協奏曲第1番二短調op.15」。ものすごーくロマンティックな曲heart02。黒のシンプルなドレスで登場した尚子ちゃんの音は、とっても瑞々しいキラキラしたしずくみたいshineで、わたくし、めずらしくやさしーい気持ちになったワ~happy01。かと思えば激しいパッセージimpactでは、キュートなおカオが「うしッsign01いくゾッsign01かかって来いッsign03」ってなカンジに引き締まって、なにやらストイックなアスリートsportsみたいになる。硬軟自在の表情付けの感性はやっぱり天性のものなんでしょうね~bell。ピアノが休みの時は演奏してる管や弦の方へ視線を送ってeye、演奏中はオケの音になじませるように、あるいはまた引っぱるように、オケとの押し引きもフレキシブルでイイカンジgood。わたくし、アンコールの曲目をチェックpencilし忘れたけど、次はドビュッシーとかラヴェルなんかを聴いてみたいなぁcatface

2曲目は、プロコフィエフ「交響曲第5番変ロ長調op.100」。やっぱりプロコフィエフってオモシロいですねぇcrown。日本のオケを指揮するのが、これが初めてというエイドリアン・リーバー氏、なんか映画俳優みたいなカコイイお名前だけど、ヒジョーに端正な音作りを高い統率力をもってするコンダクターとお見受けいたしましたconfident。体型はかなりメタボだけど、ってカンケーないかsmile。スコアなしだったから、きっとヤリまっくてる(あら?お下品?)曲なのねhappy02

それにしてもやっぱり指揮者が変わると同じオケなのに、全然違う音になってるってのが不思議だわね~note。尾高さんの時のピアニシモと今日のピアニシモは全然違う。札響はスナオだと言われてるので、特にはっきりわかるのかもねflair

今日は管も美しい音で大活躍notes。ユーフォニアムがあんなに鳴らされてるの見るの、初めてカモsmile。みなさん最後ヘトヘトでしたなーsweat01。あと、パーカッション部隊もお疲れさまでした。あの、銅鑼を叩いてたトラさん(ですよね?)の、堂々とした打撃っぷりthunderにわたくしホレましたわlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/28

「ソーシャル・ネットワーク」

本日、「かまど姫のシネマカンタービレ」ウェブ更新されました。

こちらから入れます~happy01

今回もちょっと補足をばpencil


実際のマークがどういうヒトなのかは知らないけど、映画で描かれてるマークという人は、ちょっと病気っぽいのよ。自意識過剰なくせに、他人の感情はほとんど忖度しない。だから、フェイスブックは、「友達を作れるサイト」だけど、だからといって“マーク自身が友達をつくりたい”のだ、と解釈するのは不遜な気がするのよねーdespair


映画のラストで、弁護士が「あなたは悪い人ではない。でも一生懸命悪い人になろうとしている。」っていうシーンがあるんだけど、わたくしは、これもなんだかシックリ来なかったdown。そんなに他人の気持ちを理解できるもんなの?特にこんな天才的ガキのbearing


続く、元カノへ友達申請した後、返事を待つ更新ボタンをボンヤリと打ち続けるシーンも、“彼が元カノへの想いを断ち切れないのだ”っていうセンチメンタルな観方には、ホントにそーなのかぁ~?って思っちゃうしtyphoon


わたくしって、スナオじゃないのかしら~smile


それにしても、アイゼンバーグ君、いいですねぇhappy01。自分の裁判の途中、全く興味ないときに見せるのあの、アゴがはずれるかと思うほどの大あくびsleepy。広告スポンサーへのプレゼン中、タイクツだからって「のどの奥を何度も鳴ら」しまくって、スポンサーを激怒annoyさせたり。天才だけどコドモcute。オモシロいなぁ~happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/27

「バーレスク」

いやー、もー、クリスティーナ・アギレラ、スゴすぎーッthundersign01こんなに歌がウマいヒトだとは全ッ然認識してなかったッsign03わたくし、馬並みに鼻息荒かったと思うわdash


スターになることを夢見て田舎からロスに出てきた女の子が、夢も恋もゲットrockするサクセスストーリーnote。30歳とは思えないキュートなクリスティーナのカワイさcuteと歌のウマさshine(このソウルフルな歌声、なんで今までわたくし知らなかったの?)に圧倒されまくって、ストーリーなんか、もーどーでもいーカンジsmile。実際、サイドストーリーはオザナリっちゃオザナリでcoldsweats01、チープな展開だけど、もー全部許すッsign03


でもラブストーリーheart01としては、脚本もコジャレててよかったしgood、相手役は“なんちゃってブラピ”でカワイイしhappy01。アリ(クリスティーナ)ちゃんを引き抜こうとするヤラしいdown不動産王は“なんちゃってレオ様”。でもわたくし、一番気に入ったのは、バー「バーレスク」の舞台監督ショーンさん。ゲイのオジサンkissmark。いいなぁ~heart04。マイノリティーゆえの、ヒトの心の痛みがわかる優しさsun、物事の本質を理解できる思慮深さnight。アコガレます~lovely


あえて一個、注文をつけるとするなら、冒頭、田舎のレストランで閉店後、ひとりクリスティーナが歌うシーンは不要だワng。ここで観客はアリがものすごく歌がウマい、ってことを知ってしまう。このあと、「バーレスク」の舞台でハプニングが起こったとき、アリが奇跡のパフォーマンスを見せて、みんな仰天するcoldsweats02場面があるんだけど、観客はビックリしないんだなーweep。ここで映画の人物と一緒に仰天したいッthundersign01でもそうは言っても、やっぱしクリスティーナの歌声にトリハダ立っちゃうんだけどねーhappy02


ってなことで、はやくDVDcd出ないかな~catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

「トロイメライ」

池上永一さんの新刊book。日本に蹂躙される前の琉球の、何とも言えない情緒を、琉歌を織り込みつつ描く連作短編notes


このブログ1発目の「テンペスト」ワールド“庶民編”ってなカンジで、なんと「テンペスト」の登場人物たちもカメオ出演ッsign01「テンペスト」にハマったわたくしとしてはめちゃウレシーッhappy02sign03


1冊6話のそれぞれが、琉球の社会問題(貧困、女性の生き方、人生の終末なんか)をテーマとしつつ、琉球人の、独特な風土に根ざした心のあり方(人情heart01)をイイ~カンジsunで描いてあるの。なかでも死者への尊崇の心、祖先への敬いの心heart02をあったかく描いた最終話で、ホロッweepとさせられるのが何ともまた心ニクイのよねーgood


主人公・武太(むた)は、新米筑佐事(ちくさじ・岡っ引き)で、帯には「捕物帖」ってあったんだけど、ザンネンながらまともに「捕物」ってるところはないのよねsmile。で、なんつってもこの武太クンがサイコーにイイキャラなのよーhappy02。おっちょこちょいで直情なんだけど、純粋野郎で、ほっんとにメンコイ(あ、琉球人を北海道弁でホメちゃった)cute。事実上の育ての親である涅槃院の住職・大貫(だいかん)長老(このジジィがまた味のある奥深いキャラなのよね~catface)とのムチャクチャなやりとりがめっちゃユカイッhappy02impactsign01


だけど、このムタクン、実は王国一の唄い手shineと言われてて、三線の超ウルトラ名手up。ったく、なんつーわたくし泣かせのキャラなのッsign02そんな彼がいろんな出来事に出会うたび、その純粋なスポンジみたいなココロbudで、大切なことを吸収してオトナになってくclover


単行本のカバー絵artも物語の世界を細かく描いてpenあってナイス~note。ナゾの義賊“黒マンサージ”shadowの正体も気になるし、続きが楽しみデス~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

“ふわふわ”の雪

Dvc00004 毎朝、出勤のためクルマcarの雪下ろしをするんですが、今朝の雪はチョー“ふわふわ”happy02。クルマのおしりのあたりを撮影してみましたcamera


イマイチうまく撮れませんでしたがweep、フッと吹くとdashふわ~ッと飛んでく雪ですcute。綿飴みたいnote。結晶もみえマスeye

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

「イニシエーション・ラブ」

乾くるみさんの2004年刊の作品book。気になってたのをサクッと読んでみました。本文最後から2行目を読んだ瞬間、「んんんsign02」グルグルtyphoon記憶を手繰り寄せた結果、わたくし、またしてもヤラレてしまったわーッimpact(いっつもなんも考えないで読んでるからcoldsweats01sign01


乾さんのメフィスト賞(イロモノ好きなわたくし、結構注目してる賞なんですが)受賞作「Jの神話」のあまりのグロさsadに、この作品もなんとなーく避けてたんだけど、こりゃまた全然違った傾向だわねcoldsweats02


確かに途中ところどころ「なんかヘン…カナ…?」ってチラッと思う瞬間はあるんだけど、高いリーダビリティに、「ま、細かいことは気にしない、気にしない、次行こう、次ッsign03」ってガガッdashと読み進めちゃうのが著者の思うツボ、ズッポリハマってる敗因なわけで、たぶん普段から注意深ーくsearch文書を読んでる人は途中でちゃーんと気づくflairのかも知れないわね~wink


それにしても、読後「ワタシマケマシタワ」とガックリdownくるのと同時に、「やっぱオンナrougeって、恋愛においては100万枚ウワテupwardrightだわね」ってシミジミ思ったことです…think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/13

「謎解きはディナーのあとで」

キャラの設定勝ちッcatfacesign03東川篤哉氏著のコミカル・ミステリーbook。金曜深夜枠のドラマtvか、ゲームgameにしたらピッタリだわ~scissors


主人公は警視庁国立署の刑事、宝生麗子ribbon。一大複合企業の社長令嬢にしてデカ(刑事)。迷宮入りtyphoonしそうな(?)事件を、宝生家の若き執事、影山がアームチェア・ディテクティブchairよろしく見事に解決するflair。執事曰く「失礼ながらお嬢様―この程度の真相がお判りにならないとは、お嬢様はアホでいらっしゃいますか」また、曰く「ひょっとしてお嬢様の目は節穴でございますかbomb


この慇懃無礼を絵artに描いたような執事と、勝ち気なお嬢様thunderとの会話がものすごくオカシいのhappy02。で、麗子の上司も会社社長の御曹司、風祭警部。このキャラもこれまた超トンチンカンで、捜査現場のやりとりも爆笑ものimpactなのね。ちょっと型にハマってるところはあるケド。


推理ものとしては、主にトリックの解明に力が注がれてて、執事の推理と令嬢デカのボケで笑いつつ、なるほど、なるほど。で、あまりにもそちらに気を取られるあまり、後になって気づく「で、動機は何だっけ?」パラパラページをめくって確認してみたら、たいしたことなかった。


ま、笑えるからいっかcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

「お初の繭」

2011年はホラァァァ~shockが続いてマスsmile。日本ホラー小説大賞<大賞>受賞作book。北海道出身、一路晃司氏著。う~、またもやハズレweep、だけど、ある面ちょっとオモシロいかもflair


著者の年齢(50歳過ぎ)からみてこの作品、100歩foot譲って好意的に解釈したとすると“おやぢのお遊び”ってカンジがするのよねthink。「真剣に読むなよbleah」ってカンジの。登場人物なんかのネーミングだけでもフザケてるとしか思えないもんねーdanger


語り文も昔話風だし、(ホラーのはずなのに)時々笑えるし、先の展開は読めちゃうし、どう考えてもマジメなシロモノじゃない。だけどちょっとナナメから読んでみると、「いたいけな少女たちribbonを薄汚いオトナたちdownが寄ってたかって食い物にしていながら、それを見て見ぬふりする社会」を寓話にして描いてて、実はそういう社会は今も続いてるのさ~、って見ることもできるのよね~bearing。こっちの方がほんとは100倍コワいんだけどねthunder


なので、一般的なホラーだと思って読むとそれほどコワくはないのよng。キモチは悪いけどsweat02。同じ「蚕もの」なら篠田節子さんの「絹の変容」の方が数段キョーフだった。内容はほとんど覚えてないけど、読んでる間、背中、壁から離せなかったもんsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/05

「おそろし 三島屋変調百物語事始」

2発目もコワいハナシィィィィ~shock。しっかし、やっぱし宮部みゆきさん、お見事ですねぇgood。宮部流「百物語」、「聞き手は商家の若い娘、彼女の前に様々な語り手が現れて、一度に一話ずつ語ってゆく」って趣向ですbook


わたくしもしかすると、宮部さんの時代ものは初めてかも。こなれた口跡の、すっきりした語りは粋なカンジも漂っててステキheart02。一話一節の読み切りみたいなものかと思ってたら、五話一巻で一応落とし前みたいなものがつく形になってるようなのもまた手が込んでるのよね~。


そのうちの一話は、物語の聞き手であるおちかちゃんribbonのお話。おちかちゃんは、もともとは川崎宿の旅籠屋のお嬢さんだったのが、結婚話にからんで殺人事件impactがおき、それが元で江戸で袋物pouchを商うおじさん夫婦のもとに預けられる。このおちかちゃんの心の屈折が全体の物語の駆動力になってて、宮部さんの作品に特徴的な“特別な人”になってるわけです(わたくし、宮部作品のこの“特別な人”、好きなのよね~heart04)。


お話それぞれは、時代物の怪異譚らしい妖しさ、優しさ、哀しさ、情け深さが漂ってて、ほんとに“宮部流百物語”なのshine。だけど、そこは宮部流、単なる怪異譚じゃないのよね。人間の心の底の底を覗き込むような暗くて鋭い視線があるわけですcoldsweats02。第五話のクライマックスシーンで(お話の中に出てくる怪異の)屋敷の家守がおちかちゃんに言う「あんた、良助さんのことはどうでもいいんですか。」という言葉は、わたくしの胸にもぶすーーーーッsign03と突き刺さったワthunder。ああ、なんて人間ってテメー勝手な生きものなのかしら。わたくし、しばらく落ち込んじまったわよ…down


んで、この家守とおちかちゃんとの闘いはまだ終わってないようで、続きのお話があるようなのねsoon。次はどんな風にわたくしを落ち込ませてくれるのか、楽しみぃ~happy01、ってか、ちょっとコワいカモ…shock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/03

「蜜姫村」

新年1発目はホラァァァ~shock。乾ルカさんの新刊book。いわゆる伝奇ものっぽいホラーなんだけど、イマイチだったワ…down


日本海側の小さな町からさらに山奥に入った“陸の孤島”と呼ばれる「密姫村」に住む村人だけに伝わる不思議な秘密secret。そこにヨソ者がやってきて…、っていうシチュエーション、わたくし大好きなのよねーcatface。たぶん、めちゃくちゃ風通しのよい北海道ではあまり味わえないものなので、なんとなーく引きつけられちゃうんだと思うの。


で、こういう系統では、坂東眞砂子さんの一連の伝奇もの(「死国」とか「狗神」あたりgood)が記憶に残ってるもんだから、やっぱり期待するところが大きかったのよねぇ。


「メグル」の中でもすっごく不思議なホラーテイストのものがあってshine、こういう作品が生まれるのも不思議じゃないんだけど、やっぱりラストはあったかいヒューマンな味sunが残るわけです。


とすると、グログロのゲロゲロtyphoonを期待していたわたくし的には、ちょっと肩すかし、っていうか、もの足らんってカンジなのよねdespair。後半、ちょっとエロっぽくも繊細な恋物語風heart01になるところが、たぶんこの村の始まりの因縁に呼応してるんだろうけど、それもきちんと細かい部分まで練られてるようには思えなくて(特にお優ちゃんが“下界”へ降りた後の生活の細々した描写が何かの伏線になってるのかってーとなってる風もない。もしかしてお優ちゃんのその後の生活が滞りなくできましたってことの説明なのかwobbly?)、クライマックスシーンもスウィートすぎてcakeどうにも意外性も納得度も低いんだわng


文体的には、ホラーちっくなシーンではかなりイイ雰囲気が出てるんだけどbell、そのちょっとタメのあるスローな語り口は逆に戦いシーンthunderには向いてないのよね。緊迫感が薄い。


う~ん、乾さん、わたくし文章の質は嫌いではないので、その個性により合致した作品を生み出してくれることを願うばかりですconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »